新婚旅行に行ってきました。その4

2016-10-14 23:25:58 | 家族旅行


これは、ごく普通の夫婦に起きた真実の物語である。

































スクールウォーズ風に言えば(;・∀・)









































ええと…スイマセン。
とりあえずご無沙汰しています(;・∀・)




その昔、新婚旅行に行ったんですよ。
もう半年以上も前になりますけどね…(;・∀・)












ハワイ島3日目です。



目が覚めると真っ青な空が広がっていました。


























3日目もオプショナルツアーを予約しています。
この日のツアーは12時間以上の長丁場。一番楽しみにしていたツアーです。


ということで、まずはしっかり腹ごしらえ。
早朝でまだガラガラのレストランにて、本日も優雅な朝食を頂きます。



2回目のバイキング。
前回に比べだいぶ要領を得たこともあり、お気に入りの食材をこれでもか、と頬張りました。



























さあ、今日はどんな体験が見できるのでしょう。
わくわくしながらホテルを出発です。
※半分は前日のツアーで行った場所ですケロ…(;・∀・)



























































本日のツアーもメンバーは全員日本人です。
ガイドはチアキさん
とにかく元気で明るく前向き(笑)
関西弁でしゃべり倒すおっちゃんです。






























車社会のハワイ島。



日本に比べればそれほどでもないですが、




























ここハワイ島でも朝の渋滞らしきものがあります。




























そしてそんな渋滞を緩和すべく、大規模な拡幅工事も目立ってました。



ただこの工事、もう何年も中止になったり再開したりしているそうです。
ハワイ島は言わずと知れた火山島です。
島のほとんどは溶岩で覆われているわけですから、それを掘削して道を作っていかなくてななりません。
大変な労力とお金がかかる作業です。


今のハワイ島の姿になるまでいったいどれほどの労力とお金が使われてきたのでしょう。
ガイドのチアキさんからハワイにおける移民政策の話をききました。

ハワイにおける移民は、急増するサトウキビ畑や製糖工場で働く労働者を確保するため
1830年頃より始められ、関税が撤廃された1876年以降にその数が増え始めたそうです。

日本からも貧しい農家の次男や三男が、当時、政府の移民政策に夢を抱き、
しかし実際はほとんど人身売買のような形でハワイ島に送られてきたそうです。

溶岩で覆われた厳しいハワイ島の自然の中、彼らは奴隷のような労働条件で
それこそ死にもの狂いでハワイ島の開拓に尽くしてきました。
当初はサトウキビ畑を広げることに尽力してきた日系移民ですが、ハワイの気候がサトウキビの
成育には合わないこともあり、やがてそれまで衰退を余儀なくされていたコーヒー豆の栽培に移行。
後に世界3大コーヒーと称えられるコナコーヒーへとつながっていくわけです。

ハワイと日本の間にそんな歴史があったなんて露ほどもしらなかったことを恥じるとともに、
ホテルで最初の晩に飲んだあのおいしいコナコーヒーをとても誇りに思えました。































いまでは世界有数のリゾート地となったハワイ。



ハワイ島にもこんな超豪華客船の姿を見ることできます。





























そうそう、そういえば。
ハワイ島にハーレーのショップがありましたが、バイクを見かけるのはほんと稀でした。



アメリカとはいえハワイではあんまりメジャーな乗り物ではないのかもしれませんね。































前日にも訪れたコナの街へ。




























有名なコナコーヒーのお土産屋さんを再訪。
























































































前日訪れたときはそうでもなかったんですが、
改めて飲んでみるとやっぱりおいしい気がしました。
チアキさんのお話のせいかもしれませんが(笑)



というわけでちょっと値ははりましたが最高級ランクのコーヒー豆をお買い上げ。
それでも日本で買うとその倍ぐらいする豆です…(;・∀・)



























ものすごいまっすぐな道を走り、次の場所へ移動。
































ここも前日訪れたプルナウ黒砂海岸です。







































あの緑の屋根は、前日のガイドのミセス・ジョーダンが話していた「大変におうさま」の館(笑)

























































強い風の中、
ここに見に来たものとは。
























そう、ウミガメ様です。




















































ハワイでは幸運の象徴とされているウミガメ様



この日もたくさんのウミガメ様を拝むことができましたヽ(^。^)ノ


















































































































プルナウ黒砂海岸の砂。




真っ黒な砂の中にきらきらと光るガラスのようなものも見えます。
この砂は流れ出た溶岩が海水に流れ込んで砂になったものだそうです。
























次に向かったのはここ、キラウエア・ロッジです。



チアキさんおすすめのあるものを食べるためにやってきました。

























標高1200メートル。
瀟洒なボルケーノ・ビレッジの中心にある、ロッジ&レストランで本日のランチ。






























中に入ると歴史を感じさせるとてもムードのあるレストランです。




























席について間もなくやってきたものとは…?




そうハンバーガーですヽ(^。^)ノ























ぎゅっとうまみが詰まったようなハンバーグ。



ケチャップとマスタードをたっぷりつけてヽ(^。^)ノ


























トッピングのレタス、オニオン、トマトと挟んで。




























ガブっと♪




こんなん、旨いに決まってるじゃないですかヽ(^。^)ノ


























大満足のランチを終え、じっくりとレストランを見学。





























































暖炉の上には世界中のライオンズクラブのプレートが飾られてます。































日本のものもありましたよ。


































ここからまたキラウエア火山国立公園内に入ります。
































またまたやってきましたこの巨大なシダの森。






























































因みに本日のツアー参加者は皆さん夫婦です(^^♪





























































ここも前日に訪れたラバチューブ。
溶岩トンネルです。























































































































このように溶岩が流れていた跡がくっきりとのこっています。



ここ、大変なパワースポットとして有名なんですって。
それを知って、今回は日本を代表するパワースポットからあるものを持参しました。



























それはこれ。































そう、知る人ぞ知る秩父の三峰神社の「白い気守り」です(笑)




日本とハワイのパワースポット、夢の競演を果たし、ご利益を祈願してまいりました♪





























次は前日行ったことのない場所へ向かいます。
































この周辺は島の中でも新しい溶岩が堆積した地域なんです。































ここで楽しみにしていた、溶岩ウォークですヽ(^。^)ノ


































黒々とした溶岩は大量のガラス繊維を含んでいるため、
たとえば転んで手をつこうものなら簡単に切ってしまうそうです。



転ばないように慎重に降りていきます。




























溶岩の流れがリアルにわかります。



























そしてその先には、
海に向かって大量の溶岩が流れていった跡が眼前に広がってました。
































何度も霧雨で視界を奪われてきたのですが、
この時だけ一瞬だけ晴れ渡り、この奇跡のような光景を目にすることができましたヽ(^。^)ノ
































そしてその光景はにまた霧雨の中に消えていきました。
































このあと霧雨の中を前日も行ったジャガー博物館へと向かいました。



























前日はこんなにきれいな風景が見れた場所ですが、
























・・・(;・∀・)































こんな景色も、




























・・・(;・∀・)




またしても海外旅行で雨に降られたことが無い妻の視線を感じます…(;・∀・)


























でも、前日にはなかったラッキーな出来事が。




























それはこれ!



そう、ネネとの遭遇ですヽ(^。^)ノ






























ネネとは、
ハワイの州鳥であり、ハワイ島の固有種、そして世界で最も希少な雁(ガン)なんですよ。






























前日のツアーでもガイドさんがこの辺にいるはずと探していたんですが会えずに終わってました。
今回もいないかなーと諦めていた時に、チアキさんが目ざとく見つけてくれたんですヽ(^。^)ノ



じつはこのネネ。
畑を荒らすネズミを駆除するために持ち込まれたマングースの格好の餌食になってしまい、
1940年代には個体数がわずか50羽と絶滅の危機にあったといいます。
厳密には一度絶滅してしまったといいますが、個人が飼っていた30羽が生き残り
現在は大変手厚く保護されています。


























因みに、
もし州鳥ネネをいじめたり、殺害したりした場合には最高一年の入牢刑と罰金5万ドルが課せられます。






























ネネとの素敵な出会いの余韻に浸りながら、
ボルケーノハウスホテルに向かいます。































ハワイ島で最も歴史のあるホテルです。




































































その誕生は1846年にさかのぼります。



























ボルケーノハウスは、 キラウエア火山の噴火口を部屋から眺められることでも有名なホテルです。































正面の部屋は大きな暖炉があるロビー兼ラウンジです。
歴史ある暖炉で雨に濡れて冷えた体を暖めました。
































ここにも火の女神ペレが…(;・∀・)なんか迫力あるおっぱいです。


































ここで自宅用にいくつかお土産を購入しました。




























本日のツアーは昼の部と夜の部があり、昼の部が終わりに近づいてきました。







































ここも前日のツアーで訪れた「Big Island Candies」





























あいかわらずとっても甘いチョコレートやクッキーがたくさん…(;・∀・)





























































これ、何だと思います?






























実はさきいかにチョコレートがくっついているんですよ(笑)



いったいどんだけ甘いものが好きなんだ…(;・∀・)































しかし2日間全く何も買わないのもなんなので、

































チアキさんおすすめのアイスクリームを食べましたヽ(^。^)ノ



マンゴーだったかな…記憶が、あれ?
お、おいしかったですよ、うん(;・∀・)たぶん




























この後、昼の部をガイドしてくれたチアキさんから夜の部のガイドさんにバトンタッチ。
これから標高4205メートルを誇るマウナケアに登りそのあとは星空観察ツアーが待ってます。



なのに相変わらずのこの天気…
またしても海外旅行で雨に降られたことがないという妻の視線が気になりますが…(;・∀・)気にしない





























しかしどんどん標高を上げていくと、やがて太陽が見えてきました。

































どうやら雲の中に入った模様。



そして次の瞬間。
































突き抜けるような青空が現れましたヽ(^。^)ノ






































































素晴らしい雲海が目の前(^^♪







































































山の中腹にあるオニズカビジターセンターで休憩をはさみます。































この施設の名前の由来となったオニズカさん。
1986年のチャレンジャー号爆発事故で亡くなったハワイ出身の日系宇宙飛行士のエリソン・オニヅカを記念して命名されているそうです。































中腹とは言え、この地点ですでに標高2800メートルに達しています。
青空も宇宙を想像させるような深い青。






























出されたお弁当は相当残念でしたが…(;・∀・)



なぜ五目…(;・∀・)?
気を使ったん?ひょっとして日本人だから?
ぺらぺらの蒸しエビがまたなんとも切ない感じ…(;・∀・)?





























しかし景色は最高ですヽ(^。^)ノ





























再出発までまだ時間があるので、ちょっと周囲をお散歩します。





























































































どこを撮ってもフォトジェニックな画が撮れますよ~♪































さあ、いよいよ頂上に向けて出発です。






























舗装道路もこのあたりまでで、この後は未舗装の道路をもうもうと土煙を巻き上げながら標高を上げていきます。





































富士山に登った時のようなすばらしい雲海が広がってます。





























ガイドさんに記念写真を撮ってもらいましたヽ(^。^)ノ



しかしいきなり標高4000メートル以上も登ってきたため、車を降りた瞬間にかるいめまい。
空気の薄さからくるものですが、はじめて煙草の煙を肺に入れたときのようなぐるぐるする感じでちょっとびっくりしちゃいました(;・∀・)





























そしていよいよ頂上付近へ。



マウナケア(Mauna Kea)とはハワイ語で「白い山」という意味だそうです。
そう、なんとこの山、冬になると山頂が雪に覆われるらしいです。





























世界各国の天文台施設が立ち並ぶ国立天文台の姿も壮観でした。

































これが我が国、日本の「すばる望遠鏡」を擁す天文台ですヽ(^。^)ノ































日本ではどちらかというと日の出が喜ばれますが、
ハワイでは海でも山でも夕日に一番の価値を求めるようです。



それでは標高4,000メートル以上の地から美しい日の入りをごいっしょにどうぞ♪




























各国の天文台も見送っているかのようです。

































気温は一桁。



まさかハワイ島でこんなに分厚いダウンジャケットを借りることになるとは思いもしませんでしたが(;・∀・)












































































































































































日の入りです。




































素晴らしい夕日の余韻がこの場にいた人々を包み、一瞬時間が止まったようでした。



































しかしその余韻をかき消すように、ツアー客を乗せた車がもうもうと砂煙を上げて一斉に下山します。



日没と同時に各国の天文台が稼働開始するため、この場にとどまることが許されないのだそうです。



























この後2000メートルほど下ったところでガイドさんによる星座教室が開かれました。


































スバルもこの通りくっきりはっきり。



素晴らしい星空を堪能してこの日のツアーも大満足のうちに終了。







ハワイの歴史に触れ、日本との関わりを知り、標高4000メートル以上を初体験し、
すばらしい夕日と満点の星空。
このツアーを選んでくれた妻に感謝、感謝の一日でした。

明日はいよいよハワイ島とお別れの日。
そして大都会オアフ島が待っています。

それではまた次回でお会いしましょう。
できるだけ年内に(;・∀・)


以上「新婚旅行に行ってきました。その4」でした(≧▽≦)
















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新婚旅行に行ってきました。... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミント)
2016-10-17 08:28:42
ホテルで飲んだのはカウコーヒーじゃなかったっけ??(^_^;)あれ??私も記憶が(*_*;
今思い返せば毎日ひたすら美味しいもの食べて遊んで楽しむってもう夢のような時間だったね(*´-`)また行きたいなぁ…
かなりのお久ですね (しばいぬ)
2016-10-27 11:49:19
たまたま、ツー友ブログを回覧したついでに
観に来たら、更新してましたね。
半年越えの旅行の記事を書ける記憶力、私も持ちたい↓

奥様も記憶障害?(笑)ですか??まぁ、お若いから、それは無いか。

バイクは乗ってますか?
段々、寒くなって来ましたがまだ、ツーの季節です。
奥様と出かけてみては、どうでしょう

ブログ更新、期待してますよ。
早々に、新婚旅行記事、終えての他の記事も
楽しみにしておりやす でわ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL