フィッターの独り言

ゴルフショップ「マスターズゴルフ」のフィッターが徒然なるままにつぶやいてます。

タイトリスト 917D 試打クラブ計測

2016年10月14日 21時12分28秒 | ゴルフクラブ



先週入荷したのに、何もしないままになっていたタイトリストの新製品ドライバー917D2917D3(来週発売)の試打クラブを計測してみました。ドレドレ_(◎◎ヘ)

460cm3と目一杯デカヘッドの917D2は、塗装が前作より薄いグレーになった(両方とも同じ)のも手伝ってかバカでかく見えてしまう。(O_o)WAO!!!

表示ロフト9.5°をネック・ガチャガチャ A-1の状態で計測してみると、ライ角:60.5° FA(フェースアングル):-4° リアルロフト:10°となっており、見た目よりアップライトでFAが開いている。(・υ・)`ホォー

しかし、デカヘッドのなせる技で、重心深度が深く重心アングルも幾分大きいので球は捕まるだろうし、ヒールバックが広いので、ヒール寄りに当たるスライサーも安心して構えられるだろう。(゚ー゚)(。_。)ウンウン





フィッターの本命は、前作もそうであったように440cm3の917D3だが、ライ角:59° とD2よりフラットなだけで、FA:-4° リアルロフト:10°に関しては同じだった。両方共に言える事は-4°とオープンなのを見た目で感じさせない所が前作との大きな違いで構えを迷わせない意味で大きな進歩と言える。\(^o^)/ ワーイ!!

また両方共に、SureFit CGと言う名の新たな調整機構が追加され、これを調整する事によってヘッド重量と重心アングルが調整出来る。これってフェースから離れた場所にあるから効果は絶大だろうと想像出来るが、それ故にあまり触りすぎてスイングを壊されないようにくれぐれもお気を付け頂きたい。(゚゚;)\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ

ちなみに、シャフトはこれまでのタイトリストネック・ガチャガチャと互換性があるので、今タイトリストのドライバーをお使いの方はヘッドだけを付け替えてお試し頂く事も可能ですので、ご来店の際には、どちらがどれだけ優れているかを正確に計測出来る「RED EYES ROBO」でお試し下さいませ。(^人^)、オ・ネ・ガ・イ。

※ 画像は917D2917D3


只今MPアイアン・カスタムオーダーフェア開催中!

今月末迄にMPアイアン(6本以上)をカスタムオーダー頂くお客様には
下記のサービスを承ります。

特典① フィッティング料レッスン料無料サービス!


特典② 通常1本1,000円の下記オプションを無料サービス!
    メッキ変更もしくは刻印色変更

特典③ 非売品のミズノ・アイアンカバーをプレゼント!

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カスタムグラインド・ウェッジ。 | トップ | プロトタイプのプロトタイプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。