中小企業診断士・人気プロ研修講師・コンサルタント・人気プロコン塾売れプロ塾長あお先生こと青木公司の元気が出るブログ

企業研修・診断士講座の超人気講師、コンサルの中小企業診断士青木公司が使える経営と診断士試験ノウハウについて熱く語ります。

自分と同期のカテゴリーでわいわいやっているだけでは決して成功できない!

2017-05-06 10:07:03 | 組織人事戦略に役立つ情報
皆さんのポチで笑顔になれます!にほんブログ村ランキング参加中。皆様の1日1回の温かいポチをなにとぞお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村

皆さん、おはようございます。

プロ研修講師・プロコンサルタント・中小企業診断士の青木公司です。

本日も大阪で二次合格スーパー本気道場通年クラス大阪の講義です。
      ↓
http://blog.goo.ne.jp/masterao/e/c6f622379d03cdc0f73564eab4f9c438

さて、本日は「自分と同期のカテゴリーでわいわいやっているだけでは決して成功できない!」についてです。

人間は自分と同水準で、自分と同じ属性の人たちといたほうが安心し、盛り上がるもの。

幼稚園生でも、小学生でも、中学生でも、高校生でも、大学生でも。

自分と同じ年、もしくは近い年、同じ趣味、同じ部活などで近い属性の人で集まって、仲間を形成しがちです。

それは自然なことで、それは社会人になっても同様です。

そして、それは中小企業診断士になっても。

そういうものです。

だから、中小企業診断士合格後、同期の仲間でどこでも集まってわいわいしたい。

合格後数年の人たちの集まるグループに入ってわいわいしたい。

上の人たちといると気をつかうし、いやだ。

自然なことです。

同期はもちろんある程度大切なもの。それはわかります。

ただ、本当にそれでいいのか。

いいわけは決してありません。

理由は

1. 同期は自分と同じレベル、同じ志向の人たちの集まりであり、それでは多様な考えを受け入れられないし、もっと高い次元の考えに触れられない。

2. 同期などの集まりでは、その業界の高い力などはなく、影響力も限定的で、将来的に高次元の影響力を手に入れることができない。

3. 同期ではすでにその業界で強力な販路、ブランディングを持っている人たちがいないので、それを手に入れることができない。


ようは成長できないのです。

この業界に十数年いますが、十数年後、成功している人たちはもちろん同期でも多少わいわいしますが、その中で中心的な存在でありながら、早い段階から、もっと高レベルな集団に身を置き、そのいる集団をレベルアップし、さらに広げ、自分の実力をも高めた人たちです。

自分がどこにかかわっていくか。どれだけハイレベルに上げていくか、どれだけ多くの自分と違う人たちで、かつ自分を成長させてくれる人たちと関わっていくか。

それが人間を成長させると思うのです。


にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へにほんブログ村




ジャンル:
独立開業起業
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売れプロブログからの転載 ... | トップ | 売れプロブログからの転載 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。