ますたあの遊び部屋

パソコンのソフト・ハード関連、写真、イラスト他のブログです。

Excelの、セルの表示形式を複数使い分ける

2016年11月05日 | パソコンソフト

以前に作った和牛のデータベース、ちょっとバグ(欠陥)があることが判明してしまった。(-_-;)


以下の画像は出力用の帳票(シート)です。

表示されているデータは、全て入力用の一覧表シートから抽出して表示しています。


D列の「繁殖」のデータの表示形式で

同一セル内で、結果によって表示形式を変える関数式が組み込まれています。

通常、セルの書式設定では一つの表示形式しか使えないため、関数式で表示形式を作っています。


表示形式は、抽出先にデータが無い場合は「空欄」表示。

日付AI(実際には表示形式でAI(人工授精)をプラスしているので日付のみ)の時には「日付 AI」と表示。

妊娠鑑定ができたときの+(プラス)の記号が入力された場合には

出産予定日が計算された入力用シートのG列のセルからデータを抽出して、

「日付+分娩予定」と表示、H29.6.13分娩予定のように。

 

のつもりで作った関数式が以下のよう。

=IF(一覧表!D3="","",IF(一覧表!F3="(+)",TEXT(一覧表!G3,"ge.m.d")&"分娩予定",TEXT(一覧表!D3,"m/d")&" AI"))

 

これでOKだろうと考えていたが、、、

D13セルに表示されているような

入力用シートに「10/23発情」と入力された場合を考えていなかった。

その為、上画像のように「10/23発情 AI」の表示になってしまった。

 

表示形式をもう一パターン追加して4パターン表示できるように関数式を作り変えた。

IF関数を入れ子して分岐しただけだけどね。

 

その関数式が以下のよう。

=IF(一覧表!D3="","",IF(一覧表!F3="(+)",TEXT(一覧表!G3,"ge.m.d")&"分娩予定",IF(RIGHT(一覧表!D3,2)="発情",TEXT(一覧表!D3,"m/d"),TEXT(一覧表!D3,"m/d")&" AI")))

 

これでOKでしょう。(^^)v

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコン教室の説明会に行っ... | トップ | Excel、関数の引数のパレット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿