massy-academy

advice for consumer

“腐った行政組織“         ‘16-10-11

2016-10-11 00:06:09 | Massy's Opinion

Massy's Opinion

・豊洲問題

連日マスコミで報道される市場の移転問題。矢張り一番気に掛かるのは、小池知事の言動。

都庁側の役人の都議会での答弁を見ていると、「此の人、子供が居るのかな?」「奥さんはテレビ見ているのかな?」「子供は幾つ位だろう?」「家庭の中で此の役人は、どんな事を言っているんだろうか?」「お前、立場上俺はああ言うしかないんだよ」奥さんは「ご近所さんに顔向け出来ないは...」「外に出られやしない」子供は「学校に行けないよ...」「お前の親父、偉いえらいと言って居たが、無責任の塊だな」「税金泥棒だ...」なんて言われているのではないだろうか?此の2~3年企業の偽装表示問題、リコール等3~4人が机の前に並んで相当練習を繰り返して来た様なそろった態度の頭の下げ方を飽きるほどに見てきた。国会でも政治資金の使い方問題、領収証の取り扱い問題で、全く次元の低い、品の無いやり取りの連続である。小池知事本当に責任者を断定できるのだろうか?是非、して欲しいと思う。僕は、自動車の販売業界に勤めて居たが、販売の現場では綺麗ごとでは済まない金銭の授受があり、此れを取り締まるために、いつも部下には、「良し悪しがわからないのは、一番いけない。悪いと知りつつ遣るのならばしょうがない」と言うことを口癖のように言って居た。今の日本は国会議員から末端行政の区議まで、良し悪しが解からなくなっている。予算審議は、もういいから安部さんに一言「白紙領収書は悪い事だ」と言って欲しい。

・区議会の傍聴経験から

今から12年位前に我が浜田山で、「三井グラウンド」がマンションになると言う話が出てきた。近隣の住民に慣れ親しんだグラウンドで、特に我が慶應義塾の普通部、高校も当時野球グラウンドが無く此のグラウンドは特に塾高野球部は卒業1回生~2回生の時代は練習に借りて使ったものである。確か、準硬式や塾内体育会の硬式野球のリーグ戦も良く借りて居たものである。

此の住民に親しまれたグラウンドは、住民の防災地域でもあり此のマンション開発には地元から大きな反対意見が出て「三井グラウンド環境裁判」と言う地域活動にまで広がった。勿論、区の説明会も開かれたが此の開発には、当然、都市計画法の「用途地区の変更」を伴うし、区議会も開かれて、原告団は傍聴に出掛けた。此の開発に反対する専門的大学教授も数名参加されて区議会は開かれたが、大半の区議は反対であった。相当長時間に亙り議事が続き採決に入れない。中断された時に区のK課長が議長を会議室外に連れ出し、なにやら懇談した後に会議は再開され、何と喧々諤々の中で「賛成多数と認めます」と採決を出したのである。僕も本当に驚いた。「ヘエ議会ってこんな物なのか?それにしても酷いものなのだな...」聞く処によるとこのときの区の担当課長k氏は後に副区長になったと言う事である。

その後、此の裁判は10年に及んだ。その間にマンション建設は進められて来たが、裁判は和解と言うことで結審した。僕は、父親が52歳で早世し部品商は会社組織だったし、従業員も8名位居た。母親を社長にして、実務はワイフが馴れない中 社長業をこなして来た。部品商は厳しくなるし、「女の遣る仕事ではない」店も古くなっているし建て替えて「喫茶店にでもしよう」と思ったが、当時神谷町周辺には「マッカーサー道路」が出来ると言う話が聞こえて来た。「若し道路になるのなら、その時まで建て替えずに待とう」と思い、マッカーサー道路の確認に思い切って都庁の当時、「首都圏整備局」までワイフと飛び込んで、担当者に事情を話して聞いて見た。

幸い、親切な係員で道路計画の図面を見せてくれて、「此れは飽くまで、計画ですよ。何時出来るかは解からない」と言い、「用途地区」の話を詳しく教えてくれた。此れは、後々森ビルの再開発だとか、友人からの相談に答えるのに凄く役に立った。此の三井の問題でも一回目の説明会で「用途地区は如何替えるんですか?」と質問したら区の部長は汗をかいて説明をして、「私は三井不動産には天下りしませんよ」と言ったのを良く覚えている。此の三井の裁判で首都圏の開発に伴う問題が歴史的に良く解かってきたが、今、豊洲の問題のプロセスが僕には良く解かる。現実に「マッカサー道路」は当初の計画とは違った位置に出来ているし、豊洲問題で又行き止まりになっている。三井の問題も地元住民は、緑地や生き物の保護と言う所からアプローチして行ったが、都市計画の点から入って行けば展開は変わったかも知れない。此の裁判を通じて区議の動きも良く解かったが、住民も都市計画に関心を持つべきだと思う。此の10年に亙る裁判で区側の代理人弁護団は一言も発しなかった。石原伸晃大臣(高井戸在住)も山田区長も地元住民の意見を聞くことも無かった。国民、都民、区民は投票して選挙する権利は有るが、法律を作り執行するのは議員や公務員だ。昨今の動きを見て、小池知事には、絶対に頑張って貰いたい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “ Diary 117” ... | トップ | “参議院予算委員会から“  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Massy's Opinion」カテゴリの最新記事