ぼちぼち歩くか!

急がずあせらずのんびりと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鬼の鼻山と「池田学展」

2017-03-03 18:39:10 | 山歩き


26日(日)は足の調子が少し良くなっているようなので、少し長めの「鬼の鼻山」を歩き
下山後は、佐賀県美術館で行われている「池田学展」へを見学することに

 



駐車場からの天山です。  霞んでますね~ 






 

おっ!  説明板が! 






 

きれいに書き換えられていますね(*^^)v

 

 

 

下の鬼さんは滑り台です 






 

あそこに、上の鬼さんが見えています 






 

上の鬼さんへ登る道は二つ






 

今日は「岩場道」を上ります。







 

冬枯れの森を通り






 

岩場道へ出ますが、ロープも鎖もない、大したことのない道です 






 

上の鬼さんは展望台です 






 

 船山・八幡岳方面







 作礼山から天山方面







見えていませんが、黒髪山方面






 

これまた全く見えていませんが、多良・経ヶ岳方面 







展望も楽しんだし、さあ山頂へ









どっこいしょ!!  急登を上って山頂へ 








山頂から鬼さんを振り返ると、色っぽいうなじが(笑)






 

モニュメントは、色が薄くなってきていますね 






 

花の咲いていない「サザンカロード」






 

この縦走路の最高地点には、「弁財天様が祀られています 






 

参道(わずかですが)






 

弁財天様






 

 しばらくアップダウンを繰り返すと「弁天山」へ着きます







ここには「弁財天様」は祀られていないような 

山頂といっても、縦走路の途中にプレートがあるだけです






 

突き当たると右に曲がります 






 

 しばらく人工林を下ると 







クスの群生林に出て






 

舗装路と交差します 






 

 クスの群生林







 クスの群生林

 

 

道を渡って、コンクリート道を「クヌギ群生林」を見ながら歩きます 






 

「聖岳」山頂到着




展望は全くダメですね~







 

 中国風の祠には







「弁財天様」が祀られています 







 

 奧の祠は小さいです 





 

 横にもありますが、字が読めないので良く分かりません。 下駄をはいた、役行者様はわかります(はい)



 

 



帰りは、中腹林道を歩きます 








 途中から舗装が無くなり 







「鬼の鼻山憩いの森」敷地内に入ると、背備された道となります 






 

さあ、予定通り「池田学展」へ






 

楽しみですね~






 

いやぁ~  すごかった!! 








 とても人間業とは思えない(@_@) 

 

それ程の痛みがなくて歩け、美術館もゆっくりみれました
何とか3時間コースくらいの自信はついたようです(ほっ) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セリバオウレンの「四王寺山」 | トップ | 春を探しに天山へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
健康が一番ですね (風来坊)
2017-03-05 14:18:04
マッスルさん、こんにちは。
3時間程度の山歩き、良かったですね。
私もある程度の年齢になり、身体が昔ほど思うように動かなくなっているのを感じます。
治りも遅くなり、健康が一番と思うようになりました。
しっかりと治されて、山を楽しまれて下さい。
昨日、ポンちゃんからYAMAPの使い方を少しだけ教わりましたが、地図がきれいに表示されるのは便利そう。
ちょっと心が動きました(笑)
ヤマップ (マッスル)
2017-03-05 14:37:57
風来坊さんこんにちは
毎年の検診で引っかかるものが多くなり
だんだんと病院もはしごの数が増え
薬も飲み忘れないように気を使い……

嫌ですね~
年は取りたくないですね~(笑)

私もICTには疎く
たまたま息子が一緒に登るようになったので
YAMAPを教えてもらっただけですよ

体だけでなく、脳も時代についていけなくなっています……
う~ん!!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む