たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスクver.  11/29尼崎

2008-11-30 00:06:22 | 観劇
やっと地元にきてくれました!
新キャスト盛りだくさんでちゃんと楽しめるか少し不安だったのですが、全然OKでしたv

ワイスアンナスの貧祖ぐあいがかなりツボで、オープニングからハマってしまいました。
司祭3の飯田さんもすごくイイ!
このお二人は、どこか2004年の匂いがします。

前半はワイスアンナスにハマっていましたが、後半、青井ピラトに全部持っていかれました
青井ピラト、なんだか可愛い・・・
開演前にお友達とお茶をした時に、「青井ピラトは鞭打ちでカウント30からナベアツになる」と聞いていたのですが、ホントにその通りで。
「さんじゅうー!」のあと、「サンジュイチッツ!サンジュニッ!サンジュサンッ!」と言葉が半角カタカナに(笑)
鞭打ちシーンは赤瀬さんを見ないといけないし、金田ジーザスも見ないといけないし、青井ピラトも見ないといけないし、もう大忙しでした

そうそう、あまりに長いことJCSを観ていないのでよくわからなくなってしまったのですが、オープニングのダンス、一番に出てくる人って前から女性でしたっけ!?
あと、ジャポネスクバージョンの音楽って、昔からあんな感じでしたっけ?
なんだか昔はなかった和楽器の音がところどころ入っていたような気がして。
気のせいかなぁ。気のせいですよねぇ。

星野ヘロデを見ていたら白倉ヘロデを観てみたいと思いました。
ヘロデは白倉さんでも面白いかも。
金森ユダ、ジョンシモン、賀山ペテロは心のよりどころです。相変わらず素晴らしかった。
あと、すみません、最後の晩餐で染矢さんにも椅子をお願いします

金田ジーザスは、熱くないというわけではないのだけど、なんとなく低体温っぽい(笑)
人間くささをあまり見せない神ですね。どこかサイボーグのような感じなのが逆に神秘的。
歌詞が驚くほど聞き取りやすかったし、彼の歌うメロディーからなら素人の私でも楽譜を起こせそうなほど1音1音丁寧に歌っていらっしゃるという印象を受けました。
磔で息を引き取る時、腕→肩→首の順に力が抜けていくその流れがとても美しかったです。
浅利氏が以前、「芝居は本が9割」的なことをおっしゃっていましたが、歌詞が完全に聞き取れたので、その本の部分はおそらく100%こちらに伝わったと思います。それを完璧に伝えられる金田ジーは凄いと思います。
ただ、やなジーのように観ているこちらの内臓をつかまれるようなドラマはそこにはなかったので、「もう一度観たい」と思うには至りませんでした。
金田ジーと組むユダは金森さんじゃなくてもいいのかも・・・と、ふとそんなことを思ったりもしました。


パンフからやなジーが消えてしまいました。写真もすべて。
今日の観劇はそれなりに充分楽しかったですが、やはり寂しいです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

篤姫に三上さん

2008-11-29 08:26:53 | TV ・配信
『篤姫』の先週(11/23)の放送に、三上市朗さんがご出演していた!という目撃情報がありましたので、艦長ファンの方は、本日の再放送を要チェック!
近衛忠房なんだそうです。

■ 再放送
【NHK総合/デジタル総合】毎週土曜日 午後1:05~

そりゃそうと、今、役名調べてたら

鷹司政通/光枝明彦
榎本武揚/鈴木綜馬

って、このお二方もご出演されてたんですね。
やっぱり「篤姫」ちゃんと見てればよかった~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魅惑のパフォーマンス

2008-11-28 12:22:48 | 日常
「御座候」を焼いている様子は、何十分見ていても飽きません。
全く無駄のない一連の作業に感動します。

生地を鉄板に流し入れる→あんをのせる→もう一方の鉄板に片側の生地を流し込む→あんがのった方の生地を今流し込んだばかりの生地の上にひっくり返して重ねる→空いた方の鉄板に油をひき、新たな生地を流し込む

この流れるような作業の間、お兄さんの手は一瞬たりとも止まる事はありません。
次の作業をしている間にちょうどいい具合に焼きあがるという、計算しつくされた素晴らしいしくみになっています。

赤あんと白あんの製造割合は、このお店では赤5:白1の割合になっていました。
白は人気ないんでしょうか。
私は白の方が好きなのに…。

人と待ち合わせするときは「御座候前」がオススメだと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ座の怪人 11/26 ~オペラ座アカデミー~

2008-11-27 07:48:21 | 観劇
今、長々と書いたアカデミーレポが消えてしまい、しばらく呆然としておりました。
まぁ長文になりすぎて多少ウザめだったので読む人にとっては良かったのかも・・(苦笑)

アカデミーはとにかくマニアックで面白かったです。(要約)
特に「悪魔のロベール」のコーラスと、「ラ・シルフィード」のバレエがとっても良かった!
「ソング&ダンス」のバリエーションとして、劇中劇に出てくる曲などを集めたものだけで1作品上演するというのも面白いんじゃないかと思いました。

そしてびっくりしたのが、本編でこの日初見の天野ラウル。
天野さんってなんとなく影が薄い印象があって、ラウルという役が全く想像できなかったのですが、個人的には天野ラウル、アリアリでした!
見た感じは松田龍平をマイルドにして、年齢とレイヨウを加えた感じ。(ミラクルメイク)
正統派で熱い、落ち着いた大人のラウルでカッコよかったですよ。
声とか台詞の言い回しとかかなり好きかもです。

【結論】 ラウルに笑いは いらないんだ。

そのことがよくわかったのでした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デートメーカー

2008-11-26 06:39:10 | 日常
かしまし娘さんのところで紹介されていた デートメーカー

面白かったので早速やってみました!
まずはやっぱりこの人から。



よりによって今夜オペラ座なんですが、私はどうしたらいいんでしょうか(爆)
他にもいろんな人でやってみようと思っていましたが、しょっぱなからかなりのショーゲキを受けたのと、おそらくコレ以上のものは出てこないと思い、やめました。

で、もうひとつ、コンビ名メーカー というのがあったのでついでにやってみましたら、



なんだか「パンストキッチン」(W橋本の漫才コンビ@「噂の男」)みたいで、ちょっと気に入ってます
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

kamapua'a !

2008-11-26 00:10:40 | ハワイアン
観始めたら止まらないメリーモナークのDVD。
今、2007年のアウアナ編を見ていたら楽しいことがー!

カネで2位になった Ka Leo O Laka I Ka Hikina O Ka La の ho'i (退場の時の曲)が 「kamapua'a(カマプア・ア)」だったのです。
ハワイのことを何も知らない頃(今も全然知らないけど)、私はハワイの神話に出てくる神々のあまりの自由さにおったまげ、そのうち愛着が湧き、中でもこの kamapua'a が大のお気に入りに

【カマプア・ア】
火の女神ペレの夫だったこともある。
日頃は美しい人間の男性の姿をしているが、怒ると8個の目を持つ豚に変身する。
妻ペレとの壮絶な夫婦喧嘩で敗色濃厚となったときは、フムフムヌクヌクアプアアという魚に変身して海に逃れた。(アロハ検定テキストより)

そんなkamapua'aの曲があるってことも知らなかったので、どんな曲だろう~と前のめりで観ていたら、最後、豚に変身した~
みんなで豚になって豚の鳴きまねをしたんですよ~
いや、それだけのことなんですけどね(笑) 楽しかった~(優勝しなくて残念)

カネ3位 Ka Pa Hula O Ka Lei Lehua のホクレア号の曲もフラもすごく好きでした。
つい何回も観てしまった・・。ホクレア号にはロマンを感じます!

で、最後にワヒネ優勝の Halau 'O Kamuela のフラにうっとりして観終わった後もしばらくソファから動けず。これはまさに全員がミスアロハフラですね・・・!!

そうそう、2007年は Hula Halau O Lilinoe(Sissy kaioさんとこ)はワヒネのみで、カネがいなくて残念でした。2009年に期待!
うう・・、メリーモナーク行きたいなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

織田信長の言葉

2008-11-25 07:32:27 | TV ・配信
あのー、信長っていっても 『夢をかなえるゾウ』 の 第8話(11/20放送) に出てきた、ガネーシャのお友達の信長(生瀬さん)のことですので(笑)

人生とは、何を捨てるかで決まる。
何かを選ぶためには 何かを捨てねばならぬのじゃよ 
  by 織田“ナマセ”信長

確かにね~。
自分の体験からも、本気で手放すことを決断したときは、必ず望むもの(状況)が手に入ります。
その決断が揺れ動いていたり、どちらも手に入れたいと欲を出したり、どこか運を天に任せるような気持ちで自分の意志がきちんと働いていない時は、なかなか思うとおりにはなりにくいように思います。

ガネーシャいわく、
「あいつ(ナマセ信長)はな、自分の欲しいものをまっすぐ取りに行ってんねん。そのためにいろんなものを捨ててな。」

人生は、決断の連続なのですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

斑鳩へ

2008-11-24 12:26:22 | 日常
ちはやぶる 神代も聞かず たつ田川

     唐紅に 水くくるとは           在原業平


神代(神が治めていたという時代)の昔語りにも聞いたことがない。竜田川の水を美しい紅色に括り染め(※)にするとは。
※「括り染め(くくりぞめ)」とは、布を染める時に所々を糸でくくって、その部分を別の色の模様になるようにする染め方のこと

というわけで、奈良県の斑鳩にある竜田川の紅葉を観て来ました。
すべての葉が色づいていたというわけではありませんでしたが、美しい紅葉でしたよ。
水の流れる音を聞きながら川沿いに往復4kmくらい歩いたのですが、空気が凛としていて気持ちよかったです。

“竜田揚げ”の名前の由来は、ここの紅葉からきているという説があるらしいですよ。
肉や魚にお醤油やみりんで下味をつけてから片栗粉をまぶして揚げると赤く仕上がるため、紅葉の名所である竜田川にちなんで竜田揚げと名付けられたとか。


そして斑鳩といえば、法隆寺。
ホントにすぐ近くにあるので寄って来ましたv
西院伽藍の大講堂にある薬師如来(だよね?)の手相を食い入るように見てみると、例の2本の線は離れていました。 さすがやな、薬師如来(笑)

法隆寺の紅葉もきれいでした。
ゆっくり回っていると、あっという間に日が暮れました。

 夕暮れの五重塔

柿ソフトクリームを食べたかったのだけど、少し寒かったのであきらめました。
機会あればリベンジしたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トロッコ問題

2008-11-23 12:29:41 | TV ・配信
11/22に放送されていた「たけしの日本教育白書2008」で、トロッコ問題がとりあげられていました。
“トロッコ問題”とは、イギリスの哲学者フリッパ・フット(1920~)が40年以上も前に考案し、今また注目されているもので、正解・不正解を追及する問題ではありません。

【トロッコ問題】
ブレーキが壊れたトロッコが猛スピードで走っています。
その先には5人の作業員が・・・。
大変!このままでは5人がはねられてしまいます。
あなたが立っているのは引き込み線のすぐそば。
もしあなたが自らの手でポイントを切り替えれば5人は助かります。
しかし切り替えたその先にも1人の作業員が・・・。
この時、選択肢は2つ。

①何もしないで5人を犠牲にする
②ポイントを切り替えて1人を犠牲にする

こんな問題を子供に尋ねられたらあなたはどう教えますか?


番組の中でよせられたFAXにはいろんな意見がありました。 例えば、

①の「何もしない」を選んだ人の意見
人間は何も出来ずに悩み苦しみ、ただ見ているだけしかできないこともある。
しかしこの悩み苦しんだことで、人を大切にする気持ちを大事にすることを知っていくんだよ、と子供に教える。
②の「ポイントを切り替える」を選んだ人の意見
涙をのんで選択しなければならないことがあること、それが人生であると子供に教える。

どちらの回答も、もっともだなぁと思いました。
それぞれとても重みのある言葉です。

私も自分ならどちらを選択するか、考えてみました。
私は、①の「何もしない」を選びます。
「5人が犠牲になることと1人が犠牲になることは、人数の違いはあるけれど、ひとりひとりの命の重みは同じ。だから1人であるからといってその人の命を決して軽んじてはいけないし、ましてや自らの手で誰かの命を奪うことがあってはならないんだよ。」と子供に伝えたいと思います。

そう考えるのはやはり夫が亡くなったときのいろいろな体験から。
今の日本の交通犯罪をとりまく社会では、1人が亡くなっただけでは不起訴になることが多かったり、警察が遺族に「複数の犠牲者が出たなら話は別だけど1人死んだぐらいでは・・」と平気で言ったり、いろんな裁判も傍聴しましたが実際裁判官もそんな考え方だったり、あまりにも1人の命が軽視されていることを身にしみて感じました。本当に辛かったです。
検事さんや警察、裁判官の方々にこの「トロッコ問題」をもう一度考えていただきたいですね。
正解はありませんが・・・。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

王立劇場vol.6 王立新喜劇~コーポからほり303~ 11/21

2008-11-22 10:56:03 | 観劇
行ってきました、ここへ ↓



はい、我らが大王(後藤ひろひとさん)が新喜劇を書かれましたのでねv

なんばグランド花月に足を踏み入れたのは初めて。
席についてまず目に入ったのが「ほんだし」のどん帳(笑)
ええわ~、なんかほのぼのするわ~。
開演時間になると大王が舞台袖から登場し、挨拶。
大王:「まさか私がほんだしの前で挨拶をする日がこようとは・・・」

ちなみにこの日の大王の挨拶、いつもの気になる前フリはこうでした。
「東京の人に言わせれば、大阪の人には3つの特徴があると言われています。それはさておき・・・」

あと、こんなエピソードも。
・よしもと興業に「新しい喜劇を作りたい」と申し出たらこの仕事を任され、全ては一企業と一個人のすれ違いから始まった。
・親が子供を説教する時に一企業の名前が出されるのは全世界の中でこの会社だけ。(例:そんなアホなことばっかりするんやったら、よしもとに入れるぞ!→ 子供黙る)


舞台は“コーポからほり303号室”で繰り広げられる3話のオムニバス。
内場勝則&未知やすえ夫婦が引っ越してきた303号室に、大家さん夫妻(池乃めだか&末成由美)や近所の整体師(山田花子)、そして芸能人の皆さん(安尾信乃助・石丸謙二郎・石野真子・伊原剛志夫妻)がやってくるドタバタ新喜劇。

よしもと新喜劇なので、例の ♪ほんわかパッパ~ ほんわかパッパ~ の音楽で幕が開き、人が登場するときにはそれぞれの登場人物の音楽が流れるんですよねv
池乃めだかさんの猫芸や子供芸、末成由美さんの「ごめんやしておくれやして・・」や、安尾さんの「~ですか?」など、お約束のギャグが目の前で見られて嬉しかったです。

TVで観る新喜劇は涙を誘うような場面もありますが、大王はそこらへんはわざとかぶらないようにしたのか、今回はどちらかというとPiperのお屋敷シリーズのような感じで、笑いのみのお涙ナシ路線でした。
普通に新喜劇かと思いきや、1話終わるごとに山田花子ちゃんを使ったブラックなオチがあり、これがいかにも大王らしくて良かった!

2話の石丸謙二郎さん、3話の石野真子さんもすごく自然にそこにいて、たくさん笑わせていただきました。 特に真子ちゃん!! あれは石野真子ではありません(笑)
真子ちゃんが歌っていた歌、タイトルは忘れたけど最後まで一緒に歌えましたv
何と言う曲だったんでしょうか・・?

オムニバスといっても登場人物は同じなので、3話終わる頃にはもうすっかりここの住人さんたちに愛着がv 是非シリーズ化してほしいですね。
そうそう、今回は大王はMCだけの出演でお話の中には登場しなかったので、次回は「みんな昔はリーだった」の“ロバート・デ・ニーロ祭り”みたいな感じで登場いただけると嬉しいです。
この新しい喜劇(笑)、どうやら来年もあるらしいですよ

【おまけ】
 ついつい買ってしもた(笑)
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

演劇ライフにじゅんさん

2008-11-21 07:28:37 | 雑談(舞台)
「演劇ライフ」のインタビュー “私のターニングポイント” のvol.37は、橋本じゅんさんです!

インタビュー記事は コチラ

写真が大きくてなんだかこちらが照れます(笑)
嬉しかったのが、上から4つめの写真。
じゅんさんが指差しているあの「一同」の中には、私も入れていただいておりまして、60人ほどの有志で、「私生活」東京公演初日に間に合うよう贈らせていただきました。
お披露目してくださるなんて、じゅんさん優しいなぁ。

そうそう、「私生活」といえば、2幕以降のあのじゅんさんビクターにそっくりな人物を見つけました。
観月ありささんと一緒にCMに出ている、野口英世さんです!
髪型といい、ヒゲといい、ビクターそっくりで笑えますね。

VISAテレビコマーシャル 山手線ゲーム篇
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メネフネ伝説

2008-11-20 07:55:56 | ハワイアン
昨日、某ハラウのインストラクターさんから聞いたお話がめっちゃツボにはまり、今私の頭の中はそのことでいっぱいv

それは、カウアイ島に住んでいたと言われる「メネフネ」という小人族のこと。
アロハ検定の勉強をしたとき、「一夜で水路や養魚池などをつくった人たち」ということで名前だけは覚えたものの、そのときは何の愛着も湧かなかったのですが・・・
そのめっちゃちっちゃいおっちゃんたち、土木工事の技術にものすごくたけているらしい。

「でも働いてるとこを人に見られたらどっか行ってしまいはんねん」

で、作りかけのまま放置された建設物が実際にいくつかあるらしい(笑)
(調べてみると、一夜でできなかったものを放置するという説もあり)
ハワイには、「メネフネがいなくなったけどどこに行ったんだろう?」みたいな絵本もあるらしく、すごく読みたい~!

昨夜はつい遅くまでいろんなサイトでメネフネに関する商品やなんかを探しまくって、思わずいっぱい買ってしまいそうな勢い。
ハワイの虹を作った(虹の材料を探した)のもメネフネなんですって。
メネフネのこと、知れば知るほどどんどんハマっていきそうですv
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

きょうは健康診断

2008-11-19 07:21:02 | 日常
昨夜20時以降何も食べてないのでお腹すいてます。
朝から水も飲んじゃいけなくて、今、朝7:30の時点ですでに軽く衰弱気味(笑)

怖がりなので、毎年胃カメラはセデーション(鎮静)処置でやってもらっています。
麻酔のようなもので、眠っているうちに胃カメラを飲むというものです。
昨日職場の人たちに「麻酔」を使うと説明していたつもりが、どうも「麻薬」と連発していたようで、みんなに本気で心配させてしまいました。

バリウムから胃カメラに切り替えた経緯は話せば長くなるのですが、あれは

         ~中略~

私  「先生・・・もうこれ以上飲めません・・・(泣)」
先生「そんな量だとちゃんと映りませんよ!!(怒)」
私 「でも本当にもうこれ以上は・・・ガクッ」

というワケで、それ以来胃カメラに切り替えました。
バリウムは人間が飲むものではない!と今も思っています。

では、行ってきまーす。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

趣味悠々 ~ウクレレ~

2008-11-18 00:28:09 | ハワイアン
皆さ~ん! 月曜日の『趣味悠々』(NHK教育)見てますか~?
月曜日は“すぐに弾ける!たのしいウクレレ”。
ホントにすぐに弾けて楽しいですよ~。
講師はIWAOさんです。

放送内容は コチラ ♪

1回の放送で1曲弾けちゃいますv
毎週、新しい曲が登場しますよ。

今週の曲は「お嫁においで」(by ユーゾー・カヤマ)でした。
今、ハワイアンソングをたくさん覚えようとしていて脳みそがボン!(ささじまさんと同じ)って感じなので、日本語の歌詞がちょっと癒し
来週の曲は「涙そうそう」です。

全11回の放送でまだ3回終わったところなので、これからもまだまだ続きますv
レッスンに毎回テーマがあって、いろいろとバリエーション豊富なのも嬉しいですね。

あ、生徒の石原良純さんが負けず嫌いで面白いです(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

World Day of Remembrance for Road Traffic Victims

2008-11-17 21:14:37 | 日常
毎年11月の第3日曜日は「世界道路交通犠牲者の日」です。
2005年10月26日の第38回国連総会で決議されました。 

WHOの原文ページは コチラ

2008年は昨日(11/16)がその日でした。
多くの国々で様々なイベントが行われたようですね。

最近、悪質なひき逃げ事故のニュースが相次ぎ、胸が痛みます。
何度も飲酒運転を繰り返す人や、夫の加害者のように何度も死亡事故を起こす人は、もうハンドルを握るのはやめてください。

世界中の人々がこの日を重く受け止めてくれますように。
そして亡くなった人の命をもって、誰かの命を救うことができますように。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加