たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

見ました♪井上芳雄コンサート

2006-09-30 01:17:31 | 音楽
充実の90分! いや~、ライブの感動が甦りました 

曲の合間にインタビューが流れたり、あと、歌詞が画面に出るのも嬉しかったですね~。MCもいっぱいで、「ここはたぶん使われないと思うんですよ」と言っていたところがシッカリ使われてて可笑しかったです(笑)
島健さんとの「近くてトーク(遠く)」のコーナーもあってラッキー

曲は17曲ほど。「Maybe」や「風のささやき」がなかったのはちょっと残念。
「夜空のムコウ」や「Hero」なんかもオンエアされてなかったですね。

やっぱり「Mother」はいい曲だなぁ~
個人的に“アレンジ大賞”をあげたい曲は「 My Favorite Things 」!
この曲の島健さんのアレンジ、めちゃくちゃカッコよくないですか?
聞き慣れた加古隆さんのバージョンとはまた違って、とても新鮮に感じました。

それからライブの時はよくわかっていなかったのだけど、エルトン・ジョンやギルバート・オサリバンの曲に島田歌穂さんがつけられた詞が素敵でした。
歌詞が画面に出るのはTV放送のいいところですよねv
目で歌詞を追うと、より深く歌を感じ取ることができます。

アンコールの「メモリー」のピアノの弾き語りは、井上さん自身満足のいく出来栄えだったようで、弾き語りのあとかなりテンション高かったですよね(笑)
弾き語り、なかなか素敵だったと思います。
日に日に上手くなっているとおっしゃっていましたが、確かにこの収録より後の大阪公演ではさらにパワーアップされていたように思います。

私は「メモリー」はサビに入る直前のシラバブとグリザベラのかけあいのところが好きで、バブとグリザの声のトーンに落差があればあるほど2匹の猫が対照的に浮かびあがり、グリザの哀しさがクローズアップされて個人的に次のサビで泣ける度合いが高くなるんです。
井上さんはちゃんとこのあたりバブとグリザを心の中で歌い分けていらっしゃるような気がします。なので井上さんの「メモリー」ではグリザのパートの ♪花~のように朝が開く 思い出~は~去~る~♪ の部分が特に好きだったりします

キャッツのことを考えると、やっぱり“井上スキンブルを観てみたい!”と思ってしまいます。 いつか実現しないかな~

来年のコンサートはまたどんな感じになるのか、楽しみですね♪
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

本日BS2で 井上芳雄コンサート♪

2006-09-29 01:55:08 | 音楽
本日 9月29日(金)午後10:00~午後11:30、BS2にて井上芳雄さんのコンサートの様子が放送されます。

私は先日のハイビジョン放送を見ていないので、とても楽しみ♪
実際のライブは約3時間(休憩含む)あったので、90分の放送ということは、かなり縮小されてる感じなのでしょうか?

曲名はこちら→ BSオンラインより

全14曲とかいてあるけど、↑こちらには全曲名が載っているわけではないようですね。いちばん聴きたい曲の名前がないのでその曲が登場することを楽しみにしてマスv

「メリー・ポピンズ・メドレー」や「さくら」も登場するようで嬉しいです。
アレンジばりばりな「並の男じゃない」ももう一度聴きたかったしv
「Supercalifragilisticexpialidocious」を歌うために放送直前に早口言葉を練習しておこう♪
ライブイマージュな「My Favorite Things」も嬉しい。

オンタイムで見たいけど、見れるかなぁ。
月末だけど頑張って仕事切り上げて帰ってこよ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

素敵なフラスタイル

2006-09-28 06:38:33 | ハワイアン
先日、映画『フラガール』を観に行った時に映画館で売られていた『素敵なフラスタイル』というフラの雑誌。

何気なく買い、綴じ込み付録のDVDを見てみると・・・・

私が映っていた(爆)

7月のハワイでの「フラ・ホオラウナ・アロハ2006」のコンペティションの映像と、翌日のワークショップで“レイメイキング”をしている映像の両方に私が登場~!

もう一時停止して大笑い
でも、アップで映すのは勘弁してください・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サラNEO最終回

2006-09-27 00:14:18 | TV ・配信
終わっちゃったよ~、サラリーマンNEO。

最終回は30分の特別編で、4つの長編コントのオムニバス。
なんだかちょっと「世にも奇妙な物語」や「トワイライトゾーン」の世界♪

そして、どの物語も 主演:生瀬勝久!
それは黒澤明監督の映画「夢」の寺尾聰に匹敵する登場の仕方
4話とも最後はもの悲し~い結末になっちゃう生瀬さん。
そこがまたなんともツボでございました

この最終回で生瀬さんと共に大活躍だったのが、我らが山西惇さん
4話中2話登場して、しかも最後のコントはアップの連続~
くーっ、いい役者さんですよ、山西さんは!

八十田さんのハードロッカーも最高だったし、充実の最終回だったなぁ。
終わってしまうのは寂しいけど、出演者の皆さんとはまた舞台でお会いできますものね。
とりあえず、次回の劇団ダンダンブエノの舞台は絶対観るぞ、と。
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「遠い風」

2006-09-26 06:28:35 | 日常

知人が書いた小説の原稿を読ませてもらいました。

短編なのと、文章が私好みなので一気読み。
恋愛小説のような、ある女性の人生を描いたような、ちょっと素敵な物語。
次どうなっちゃうの? と小説でドキドキしたのも久しぶり

半分はフィクションで、半分はホントのこと なんて言ってたけど
ほとんどホントのことじゃないのぉ~?(笑)
この小説は世に出回らないらしく、なんとも残念です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタルマクベスDVDやっとこさ予約!

2006-09-25 06:53:58 | 雑談(舞台)

やっと、やっと予約しました、メタマクDVD。
皆さんはどのバージョンにしましたか?
私は3枚組の「スペシャルエディション」にしました☆
だって、150分の特典ディスクが魅力的すぎるから

特典ディスクの内容は、メタルマクベスライブ、シークレットライブ、製作発表、稽古風景、バンド音響リハーサル、プロモーションビデオ撮影舞台裏、罰ゲーム、DVD宣伝用コメント。
もうこの内容聞いただけで鼻血が出そうでしょ?

ライブ行けなかったので、とっても嬉しい♪
そして「プロモーションビデオ撮影舞台裏」っちゅうのを早く見たい(笑)
絶対面白いはず。くっくっくー!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

フラガール

2006-09-24 00:39:49 | ハワイアン

ちょうど公開の日がレッスン日だったので、帰りに6人ほどで観てきました
泣ける映画でしたよ~。
観ている間、常に眼球が潤っているような状態でした。

炭坑の町の少女たちがいろいろワケあってフラダンサーになる物語。
その道のりにはいろいろと辛いことや悲しいこともあるんですよ。
それらの出来事にウルウル、それを乗り越える姿にウルウル。

蒼井優ちゃんがとても可愛くて、ダンスも本当に素敵でした
そして松雪泰子さんと富司純子さんが熱くて良かった~!
トヨエツには笑わせていただく方が多かったかなv
南海キャンディーズのしずちゃん、ダンスお上手ですね
しずちゃんの演技にもしっかり泣かせていただきました。

映画に出てくる曲「♪トゥー・ユー・スィートハート・アロハ」は少し前に習った曲。とっても素敵な曲で、その振り付けがこの映画のキーワードにもなっていました。振り付けがキーワードっていうのは、フラの振りには言葉の意味があるんですね、手話のように。その場面も泣けました

ダンスはフラだけでなく、タヒチアンもあって楽しかったです。
物語の舞台となった『常磐ハワイアンセンター』(現:スパリゾートハワイアンズ)に一度行ってみたくなりました。

 パンフはハードカバーで可愛い表紙

本日(24日)、下記の番組に出演者の方々が登場されるそうですよ♪
■「いいとも増刊号」(フジ系)
ジェイクさんライブ&しずちゃん・ガールズのダンス披露
■「新堂本兄弟」
松雪さんゲスト(特別ゲストにジェイクさんも!そのセッションは必見!)
 ※ジェイクさん=音楽担当のジェイク・シマブクロさんです
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

担当サマバトン

2006-09-23 09:08:57 | 日常
ひーちゃまから回ってきたバトン。
なんと、私に回ってきたお題は“ひでき”こと大須賀ひできさん!
ひできを語るには10年早いとは思いますが、書いてみたいと思いますv


【担当サマバトン :大須賀ひできさん】

(1) いつからあなたは、この方が好きですか?
ハッキリ“落ちた”と自覚したのは2006年6月16日。
『ミー&マイガール』を観て。

(2) この方の魅力について語ってください。
紳士的、カッコイイ、笑顔が優しい、歌が素敵、気取らない、演技が魅力的、面白い、顔芸のメリハリ感、どんなヅラもつけこなせる、などなど挙げていけばきりがありません

(3) この方の属性を一言で?
ひーちゃまとかぶるけど、「男の中の男」
なぜなら素の自分でいつも勝負し続ける人だから。(司教、レーグル、ボブなど。詳細を述べなくてもおわかりですねv)

(4) この方の周りの人に一日だけなれます。誰になって何をする?
妻!そしてひできの作ったぬか漬けを食べてみたい(笑)
もしくはジャン・バルジャンになって、ひでき司教の説教を受ける。

(5) この方のイメージソングは?
「悲しみはヅラで飛ばせ」 ←映画『ヅラ刑事』主題歌。
注)ひできが歌っているわけではありません

(6) この方のイメージカラーは?
黒。 
ひできに対しては“優しそう~”より、“カッコイイ~!”の気持ちの方が勝っているんです。 ジキハイのパンフ写真の黒い服のひできがとてもカッコイイので黒って書きましたけど、基本的にどんな色でも似合う方ですよね(イタタ・・)

(7) この方の似合う季節は?
冬。 
“あたたかい人”っていうイメージがあるので寒い季節にみんなのカイロになってくれそうな感じ。
注)モト冬樹さんに似てるから“冬”という理由ではありません。

(8) この方のイメージフラワーは?
コスモス畑とか似あいそうと勝手に思っている。

(9) 最後に一言。
「スウィーニー・トッド」楽しみです☆
 
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

和田裕美さん講演会

2006-09-22 23:58:17 | 日常
今、いろんな企業からひっぱりだこの「人気講師」和田裕美さんが、うちの会社にも来てくださいました。

和田裕美さんのプロフィール → http://www.perie-net.co.jp/0200/

プロフィールをご覧いただいてもおわかりになるように、とにかくスゴイ女性でいらっしゃいます。この営業力!!
私は次の転勤先が営業で、4年ぶりの営業復帰にかなり不安もあったので何か参考になれば・・と足を運んだのですが、行って良かった。お話の内容は興味深く、収穫ありました☆

営業のプロは、まずは上司をやる気にさせる!
自ら悪い空気を発しない。
苦手な人の前では心の中で“好き好き好き”と唱える。

あ~、上司をやる気にさせるなんぞ、考えたことなかったわー。
凹むと私の周りの空気はどよーんとして、周りの人に心配かけてたわー。
苦手な人にはできるだけ関わりたくないと思ってたわー。
自分の日常を思い浮かべて反省の嵐。

面白かったのが『陽転思考』という考え方。
二者選択なんですって。
事実はひとつでそれをどう考えるか。
ボールを不幸のレーンに転がすか、それとも幸せのレーンに転がすか。

例えば財布を落としたとき。
極端に言えば「あ~、落ちたのが財布で良かったよ。落ちたのが飛行機だったら死んじゃってたよ。」ってな感じに考えるというワザ。

講演会の翌日(=昨日)、単純な私はちょっと頑張ってみたんですよ。
朝から笑顔キープして、苦手な人にも自分からさりげなく声をかけて積極的にコミュニケーションとって、マイナスの言葉は発しないよう注意、そして思うようにならないことに対して『陽転思考』を実践してみたんです。つまり、“その状況になって逆に良かった事”をむりやり見つけてみた・・・!

すると昨日は不思議なことに朝のエネルギーの状態をずっとキープできてる感じでした ♪ (前日寝たのは3時すぎだったにもかかわらず)
きっと周りの人からいいエネルギーをもらったのかな?
そしてなによりも自分が1日かなり気持ちよく過ごせましたね。

さぁ、いつまでこの考え方を続けられるでしょうか?(笑)
ちょっと面白いのでしばらく実践を心がけてみようと思っていますv

講演会の後の懇親会で直接ご本人とお話もできてちょっと感激でした
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

週刊プラチケ!

2006-09-21 02:09:36 | TV ・配信
こんな番組があったのですね。
陣内智則さん、ケンドーコバヤシさん他、計6名が司会のイベント情報番組 『週刊プラチケ!』。(関西テレビ毎週水曜日 深夜 1:05~1:35 放送)

職場の先輩から『プライベート・ライヴズ』の様子が放送されるという情報をメールいただき、観てみました♪

お稽古風景の映像や、葛山信吾さん&ともさと衣さんペア、久世星佳さん&西川浩幸さんペアのインタビューなどあって楽しかったですv
ともさと衣さん、可愛いですね~v
そしてお稽古場に潜入したレポーターさんのお話では、西川さんの役どころがなかなか面白いそうで。

地元公演に先駆けて、一足お先にかしまし娘さんの東京公演レポを拝見しましたが、かなりハチャメチャぶりが笑えそうな予感。

東京公演だけかと思っていたら大阪公演もちゃんと円形ホールなのですね!(友人にチケ取りまかせっきりで劇場がOBP円形ホールだということを番組を見るまで認識していなかった・・・)
円形ホールって面白そう~♪
早く観たいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジーザス・クライスト=スーパースター

2006-09-20 14:50:29 | 舞台(TV・DVD)
奇跡が起こって観れることになったDVD。
2000年のBWでのリバイバル上演をベースに映像化された作品のようです。見慣れた四季の舞台とは見た目全然違って、こちらもかなり面白かったです☆


■ユダに関するひとつの衝撃
見始めてすぐにある衝撃が!
ユダはもじゃもじゃじゃなくてもいいんだ!
 ←全然もじゃもじゃじゃないユダ

■いちゃいちゃするジーザスとマリア
白いランニングシャツにバギー・パンツのラフなスタイルのジーザス登場
マリアに癒され、恍惚状態のジーザス。その表情は
そして2人はキスをするのかしないのかはっきりしてください。観ている方はドキドキします。もうそこまで顔近づけてうっとり見つめ合っているんだったら、私はしたほうがいいと思います。

■ユダとマリアの壮絶バトル
ユダ、マリアを突き飛ばした~!マリア、明らかに怒りの表情!おっと今度は!?ユダがマリアから香油を取り上げた!マリアも負けてはいません、ムッとした顔でユダから必死に香油を奪い返す!・・・けっこう2人のバトルが面白かったです。

■カヤパ一味
カヤパとアンナスはスキンヘッドコンビ
こえ~!!コワイよ、アンナスのビジュアルがっ!
アンナスの歌を聴いて長アンナスを思い出す・・。あなたは今どこに。

■一緒に歌える幸せ
ホサナの歌詞は「ホーサナヘイサナサナサナホー♪」と、唯一ここは一緒に歌えます♪誉め歌バンザイ!DVDのジャケット写真はこのホサナの場面ですね。

■色気むんむんピラト
ピラトが・・・ピラトが・・ハダカでベッドに横たわり、歌っているよ~!
立ち上がる時は腰のあたりにたぐり寄せた白いシーツをあてがって・・ということは何もはいていないのか!? だったらこの場面はその大量の胸毛とともに

■見てください・・・
床の下からゾンビのように出てくる病人や貧しい人たち。
この作品の面白いところは群衆の衣装が場面によって変わるなど、視覚的な心理効果を楽しめること。この場面の衣装は少し不気味な感じでした。「押~さないで~~~~!」のところはその緊迫感に泣きそうになってしまいました。

■ユダが裏切る理由
「私はイエスがわからない」を歌った後、ついにマリアはジーザスの唇にキスをしてしまいます。その様子を目撃してしまったユダ・・ ジーザスが心許す自分の地位をマリアに奪い取られたユダは、このキスがきっかけでジーザスを裏切る決心を固めるのです。このあとユダは、ジーザスの前でマリアにキスをしてジーザスにささやかな抵抗を示すような行動をとっていました。

■ユダ役者に惚れる
もうこのあたりまで来た頃にはすっかりユダ役のジェローム・プラドンさんの演技に引き込まれ、ユダの立場でしか物事を考えられなくなっていた私。
ジェロユダは冒頭でジーザスに忠告するのも一生懸命だし、どの場面も心理状態が手に取るようにわかるんです。レミゼのパリ公演ではマリウスをされていたこともあるらしいv
最後の晩餐も、そのあとのジーザスとユダの喧嘩もめちゃくちゃ迫力あって良かったです~。

■な~るほど
「ペテロ、ヨハネ、ヤコブ」 は 「ピーター、ジョン、ジェームス」なんですね。

■裏切りの接吻のあと
ユダがジーザスにキスをしたあとの2人のやり取りがなんともせつなかった。ジーザスは泣きながらユダを抱きしめ、兵士に引き離されるまで強く抱き合い続ける2人。たまりませんでした・・!ここ、何度も繰り返し観てしまいました。

■こんなヘロデってあ~るの~♪
出た~!ついにヘロデ登場!えっ、でもヘロデったら白いタキシードに赤い蝶ネクタイ!?そう、ヘロデがいる場所は『HROD』の看板のかかった電飾ステージ。そこはまるで「シカゴ」のショーの場面ですよ。そもそもヘロデの存在自体がショーみたい☆ 映画「パッション」のヘロデもかな~りインパクトあったけど、こちらのヘロデも斬新で良かったですv 

■美しさと残酷さと
「やり直すことはできないのですか~♪」の時に登場した大きなスクリーン。そこに映し出される映像は、スローモーションでジーザスがボコボコにされているショッキングな映像。スローモーションに弱い私・・!美しい曲と残酷な映像の対比がかなり衝撃的でした。

■ユダの自殺
もうすぐ自殺という場面で、ユダの足もとにマンホール(四角いヤツですが)があったんですよ。私の中では「あ~、絶対コレに吸い込まれるよ!」と思っていたのですが、ユダが選んだのは首吊り。
ジェロユダの演技は最後まで素晴らしかった

■鞭打ちその1 ~こうきたか!~
鞭打ちの場面の演出が実に面白かった。誰も鞭など打ってないのですよ。青山さんや赤瀬さんのような鞭打ち担当の人物がいるわけではなく、群衆がひとりひとり次々にペシッ!っとジーザスの体に血糊をつけていくんですよ! そのアイデアの面白さに脱帽。その群衆の血だらけの手は、あとで手を見せてみんなで笑いあざけるシーンでも有効に使われていました。

■鞭打ちその2 ~39回の謎~
人は40回鞭打たれると死んでしまうんですって。
だからピラトには39回が限界だったようです。

■イバラの冠
冠をかぶせる場面は「パッション」でもあったし、この作品でもありました。なぜ四季の舞台ではないのでしょうね。個人的にはかなり重要な場面だと思ってるんですけどね。

■スーパースター
こら、ユダ! ジーザスが運んでいる十字架の上に乗って歌うんじゃありません!降りなさい、早く! 調子に乗りすぎだってば(笑)

■磔
息絶えたあとのジーザスを信者たちが丁寧に十字架から降ろす場面に泣けました。シモンを振り切り号泣しながらジーザスのもとへ駆け寄るマリア。ええわ~、この終わり方。感動しました。

気づけばすごく長くなってましたね
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

僕たちの戦争

2006-09-19 00:11:12 | TV ・配信
17日に放送された森山未來くん主演のスペシャルドラマ。

1944年の特攻隊員と2005年のフリーターがタイムスリップで入れ替わっちゃうというストーリーで、未來くんは時代の違う2役を演じていました。

・・・ケラリーノ・サンドロヴィッチの世界!?(笑)

未來くんの演技に2時間釘づけ!
コメディー色満載で、それでいてしっかり熱くて、ぐいぐい引き込まれました。

戦争を見つめ、現代を見つめ、そしていつの時代も変わらぬ人間を見つめ、いろいろと考えさせられましたよ。

メタルマクベスでちょっと気になる存在となってしまった未來くん、不思議な魅力のある役者さんですね。
10/17からスタートするドラマ『役者魂!』にも出演されるようで、とても楽しみです。(ちょっと『志村魂』みたいですが・笑)
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

敬老の日

2006-09-18 08:16:45 | 日常
昨日から祖母のお見舞いのため高松に来ています。
昨日は台風だったので病院までタクシーを使ったら、座席の前に写真↑の紙が・・

『本日は景気の悪い中、ご乗車まことにありがとう』

この絵はドライバーさんが描かれたそうで、他にもこの絵のシリーズで『うどん王国へようこそ』とかいろんなバージョンのメッセージが車内の至る所に貼ってあって笑えました。
たまにはタクシーにも乗ってみるものですね(^_-)


そりゃそうと久しぶりに父に会ったのですが、父は最近、自宅近くの老人ホームの喫茶コーナーで週1回ボランティアをしているらしい!

お父さん、あなた自身が老人ですから・・!!

夜は母と暴風波浪警報の中、露天風呂に入りました。
台風の中の露天もなかなかオツなものでした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ハミングライフ

2006-09-17 19:55:53 | 映画
井上芳雄さんが、映画 『ハミングライフ』 に出演されます。

映画のHPはコチラ → ハミングライフ

HPはアップされたばかりなので、まだ全てのコンテンツを見ることはできませんが、ストーリーはちょっと紹介されていますね。
井上さんは深夜の託児所で働く青年のようです。

映画のHPって壁紙とかダウンロードできますよね?
このHPにも素敵なのが載るといいなぁ

原作は中村航さん、共演者は西山茉希さん、佐伯日菜子さんなど。
井上さんは映画初出演です。
どんな映画になるのか楽しみですね~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伝説のたけこ

2006-09-16 23:18:14 | 日常
1周年を迎えられたヌヌさんのブログにはいつも楽しい話題が満載♪
9/5の記事に、「伝説のあなた」というのがあったので私もやってみました

名前を入れて“伝説の扉を開ける”と、自分の伝説が読めるんですよ。
私はけっこう波瀾万丈な人生でした(笑)↓


・たけこは、RX-78-2ガンダムの右手の小指の部品として、製造された。

・9歳のときお笑いコンビ「たけこず」を結成、「たけこダンス」が大流行する。

・たけこは27歳のとき、横浜そごうに吸収合併された。

・34歳、「月刊たけこ」を出版するも、創刊準備号にて休刊。

・そういえばあんなこともあったがその事については伏せておくことにする。

・15年前に行われたオリンピックの体操競技で優勝し、「たけこ」というオリジナル技もあるのに、コメディアンになった今では、誰も信じてくれない。

・たけこは56歳で横綱になった。

・64歳のとき、名門・林家一門に弟子入り。与えられた芸名は「林家たけこ平」だったので、ちょっと手抜きではないかと不満を持った。

・鍋奉行として活躍。

・たけこは熱い魂の持ち主として「漢」の称号をもらう。

・74歳のとき、タケコプターで世界一周に成功した。

・死んだ、と思ったら生きていた。どうやら三人目らしい。

・ワシントン条約加盟のため、たけこは廃棄処分となり、その数奇な生涯に幕を閉じた。

        あはは・・最後は廃棄処分かよ~ 
コメント (6)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加