たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

林英世さん ひとり語り「桜の森の満開の下」170422

2017-04-22 21:50:08 | 観劇

林英世さんの『おかげさまで役者生活30周年記念公演』に行かせていただきました。






英世さん、30周年おめでとうございます^^

英世さんとの出会いは、英世さんが所属されていた「劇団M.O.P.」との出会いにさかのぼります。
お友達に連れられて軽い気持ちで観に行ったら大好きになってしまった劇団です。

今は劇団は解散して皆さんそれぞれいろんなところでご活躍されているのですが、
たぶん解散後、英世さんの舞台を拝見するのは今日が初めてかな?
その公演が30周年記念というとてもおめでたい公演ということで、お声をかけてくれたお友達に感謝しています。


作品は、坂口安吾「桜の森の満開の下」。
英世さんのひとり語りです。

私にとって、初めて観る「ひとり語り」。
座席につくと、舞台上には何もないんです。
舞台セットも何もないので、英世さんが座って話されるのか立って話されるのかもわからなくてドキドキ。

そしたら、素敵なお着物で登場された英世さん、立ったままで語りが始まりました。
すごいですよ~ あっというまに英世さんの世界に吸い込まれてしまうんですから。
英世さんのお顔を見ているのに、なぜか物語の中の登場人物のキャラクターが鮮明に目に浮かんで、
まるで映像を見ているかのように、そこにストーリーが流れるんです。
桜の木のたたずまいや、花びらが舞う様子など、その色まで鮮明に。
おどろおどろしい場面もあるのですが、そういうところも鮮明に(笑)

70分あっという間で、幻想的な小説を一気に楽しめました^^
面白かったですねぇ。



最後にご挨拶された英世さんの目には涙が。
フライヤーの裏や、当日会場でいただいたご挨拶の文章からも、
英世さんのこれまでの30年の芯の通った、それでいて謙虚な生き様のようなものが伺えました。
改めてとても素敵な方だなって思いました。
これから、40周年、50周年と益々ご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます^^




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジム再開 | トップ | 漢方に興味津々 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
o(^-^)o (ひー)
2017-04-22 23:31:10
ひとり語りを楽しんで頂けたようで嬉しいです☆
また機会があれば違う作品も体験していただきたいですo(^-^)o
ひーちゃま♪ (たけこ)
2017-04-23 09:06:48
本当にいろいろありがとうね!
また機会作って別のお話もきいてみねば!と思いました♪
楽しかったです、ありがとう~(*^^*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
林英世 ひとり語り ~おかげさまで役者生活30周年記念公演~ (ぶつぶつ地蔵)
2017年4月22日(土)に英世さんのひとり語りを聞きに行った。 役者生活30周年記念公演である。 演目はオイラも大好きな坂口安吾の「桜の森の満開の下」 怖くて、でも切なくて、迫力......