たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

ユノちゃんファンミ 170610

2017-06-13 18:12:44 | TVXQ

今回の1年ぶりの渡韓は、ユノのファンミーティングに参加するためでした。

正式名称は、「2017 The Shilla Duty Free Fan Festival with TVXQ! U-Know」
新羅免税店のファンミになります。


募集があったときはまだユノがチェジュ航空のモデルをすることが発表されていなかったため、飛行機は別のLCCを予約してしまっていました。
とりあえず関空でユノにご挨拶^^









会場は、慶熙(キョンヒ)大学校 平和の殿堂。
以前、イムテギョンさんのコンサートを観たところです。






会場では、ユノへのメッセージ動画を撮影したり、ユノのパネルと写真を撮ったり、待ち時間も楽しく過ごしました^^
トイレの場所もユノが案内してくれてます(笑)


会場には、何が起こっても大丈夫なように救急車が待機してました。
あと、具合悪くなる人のための薬のコーナーがあって、あらゆる種類の薬が大量に用意されてた。
ちょっとw 私たちいったいどうなると思われてるんでしょうかw
確かにユノが除隊してから今回のファンミがいちばん最初にユノに会えるイベントになるわけですけれども!w




受付の様子。




会場の中。





そして、客電が消えたとたんにあふれ出る涙(イタタ・・)。


ユノは兵役中に必要だった大きな体を早くもダンス仕様にしぼっており(10キロ以上痩せたらしい)、
入隊前よりもさらにパワーアップしてキレのあるダンスを見せてくれ、
歌も一段と上手くなっていて、予告通りのモンスターになっていました。
(ユノは入隊前に「モンスターになって帰ってくる!」と宣言していたのです)

かと思えば、ゲームやトークでは可愛いのかたまりだし、
私たちファンにお手紙も読んでくれたり、優しさは変わらぬまま、楽しい時間を過ごしました。

チャンミンからのメッセージ動画もあったんですよー^^
ユノはスクリーンを見るために私たちに背を向けていたのですが、斜め後ろから見えるユノの頬骨がずっと上がってるの。
チャンミンのメッセージ、よほど嬉しかったんですね。

チャンミンがね、ユノのファンミなのに私たちファンに来てくれてありがとうございます、って言うんです。
そしてユノは、自分のファンミなのに、自分のソロ曲は歌わず、東方神起の曲を歌うんです。

この2人、どんだけ東方神起好きなんだって思いますよね。
言葉にしなくても2人の気持ちがひとつなのがひしひし伝わってきました(涙)

最後はユノがお見送りしてくれました。
1500人以上のファンひとりひとりに、至近距離で目を見つめてくれて、手を振ってくれたり、時には言葉を交わすユノ。
ユノのファンへの思いをみんなしっかり受け取った最高にハッピーなファンミでした。





銀テのメッセージ 「To.みなさん~ ただいま まってくれてありがとう~










翌日は早朝にホテルを出て帰国の途へ。

仁川空港のユノさん。




この写真を撮った時は、まさかそのあとに例の事件(笑)が起きるとは予想もしていなかったのでしたw




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第71回トニー賞授賞式 | トップ | 韓国『レベッカ』2017キャスト! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再会 (ミント)
2017-06-13 20:34:51
たけこさん

こんばんは
そっか!そうだったんでしたか。ユノさんに
会ってたのですね。
再会のレポがすいません。会場が万全な体制で
準備されてたのが微笑ましかったです。
皆様がご無事にファンミに参加されて安心しました。
さて涙・涙..涙の再会になりますよ〜想像できましたよ。言葉はただただ良かったですね。

そして事件が待ってるとは…。
今回は思い出深い旅でしたね。
1年ぶりの韓国で2年ぶりの再会でまさかの最後は記憶に残りました。
ミントさん♪ (たけこ)
2017-06-13 22:50:56
こんばんは
そうだったんですよ!ペンミでございました^^
あの薬や救急車はビギの年齢を考えてのことか?とお友達と話してました(笑)
そうなんです、2年ぶりの再会TT
私は軍のイベントも1度も行けなかったのでホントに2年ぶりに会えて嬉しかったです。
最後、空港ではアレでしたけどねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。