メロディック・ハード/メタルが好き~♪

シンフォニックでメロディアスなのHM/HRのCDを中心に感想を書いていきます。サッカーやバレーのことも。

Symphonity の Voice From The Silence

2009-03-22 14:53:44 | メロディック・ハード
チェコのシンフォニック・メタル・バンドの2作目。

ディオニソスやルカ・トゥリッリ(Rhapsody Of Fire)のソロで歌っていたオラフ・ヘイヤーが、今作から参加している。
なお、エンジニアはサシャ・ピート。

おおっ、これは期待が持てると、聴いてみた。
悪くない。
壮大なオーケストレーションを従えて、ストラトヴァリウスやジャーマン・メタルのようなリズムがドコドコ続く。
それでいて、リボール・クリヴァクギターソロはネオクラシカル。
オラフのボーカルも、ソツなくこなしてる。

ただ、だけど。。がついてしまうのだ。

何ていうか、過去にあった曲をシンフォニック調に焼き直した感が、どうも耳についてしまう。
ストラトヴァリウス + Rhapsody
って感じか。Angraもある。
コーラスや、シンフォニックな面で顕著だ。

が、それに慣れてしまえば、曲の展開はドラマティックだし、演奏レベルは高いから、スムーズに聴ける。
緊迫感や切迫感もまずまず。音圧もいい。
やや1本調子なのが弱みか。

オラフ・ヘイヤーは、ディアニソスのように暑苦しくは歌ってはいない。
踏ん張るよりも、声を張り上げて流れるように心掛けているようだ。
この歌い方も悪くない。

リボール・クリヴァクのギターは、ほとんどリフで、リフの間に短いギターソロを弾く。
印象は残るが、単調で感動的ではないのが難点。
曲は、シンフォニックさとメタルバランスがいい2曲目の“Give Me Your Helping Hand”と、6~8曲目の“The Silence”を冠した壮大な組曲が素晴らしい。

なかなか良いのだが、欠点も目に付いてしまうのが惜しい。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lunatica の New Shores | トップ | PINK FLOYD SPRITのライブレ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そのとおりと思います (まいるど)
2009-03-28 22:38:33
非常に消化不良なアルバムだと私も感じました。もう少し曲を練った方が良かったと思うのですよね~
コメントありがとうございます (massh@まー)
2009-04-12 10:02:53
そうなんですよね。
実力がありながら、出し切れてないものどかしさが残ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL