夢の翼

私と関わる全ての人たちが繋がりあえますように。

剣道部ドリームマッチ2016

2017-03-06 19:44:20 | 剣道
 私にとっても、R先生にとっても、もちろん学校にとっても初めての剣道部が1年間を締めくくるドリームマッチを開催した。本校では全ての部活が職員の方々と6年生の対抗試合を行う伝統がある。音楽部についてはコンサートという形だが、運動部については、校長をはじめたくさんの職員がそれぞれのスポーツで対戦する。子どもたちはこの日を心待ちにしているものだ。
 時間までに会場準備をし、6年生が職員室へ先生方を呼びに行く。素人の先生方に竹刀を持ってもらって振り回されるとやっかいなので、先生たちは受けるだけでお願いして、6年生の打ち込み台になっていただいた。竹刀を持つのも初めてだという先生もいる中、激しく打ち込む6年生。勢いにびっくりする先生方。そうだ。この勢いの良さを稽古で培ってきたのだ。それを知ってもらうだけで良い。
 続いてここからが本番、6年生VS4,5年生。流石は6年生、相手を圧倒するだけのパワーがある。しかし、在校生も負けてはいない。何とか1本勝ちを収めることができるのは副部長と同じく試合経験者の2人のみ。あとは当たり前だが6年生の餌食に・・・。気持ちよさそうに帰ってくる6年。そして最後は一番のお待ちかね。6年生VS・R先生。4人の6年生がR先生から1本を奪うべく、日頃の成果を発揮して襲いかかる。しかし、簡単には1本をくれないR先生。結果はみんな手も足も出ず・・・。しかし、恐れずに立ち向かう立派な試合だった。
 一応ドリームマッチはここまでで、6年生が来場者に挨拶をする。楽しんでもらえましたか?最後は先生2人との地稽古、さらに、6年生が元立ちに立って4,5年生と地稽古。10分間暴れまくって、楽しい稽古が終わった。みんなで記念撮影をして、6年生とお別れ。18日にまだ試合があるけど、6年生は今日を以て「初代剣道部員」として卒業する。栄光の「初期メン」だ。中学生になっても頑張って欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公立高校卒業式 | トップ | 失って知る親のありがたみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL