SOUTHRIDE (サウスライド)

マウンテンバイクと日常とたまにレースのブログ

サウスライド

阿蘇山ツーリングの話

2010年03月10日 | Weblog

就職して1年目の夏、当時暮らしていた大阪から、九州へ二泊三日で旅をしました。
マシンは当時乗っていた真っ赤なCB400SFです。

以下は、当時書いた文章です。

**********************************************


今は季刊誌になったOutRiderもまだ月刊で、阿蘇山の外輪山を走りたくて一人でで出掛けたんだと記憶している。
今から思えばもっと時間は十分にあっただろうに、山陽自動車道を使って九州に向かった。
はじめて通る山陽道の印象は「長い」だった。岡山までは近いのに、広島が長い。
東京から出発して静岡で飽きる様に、広島で飽きた。
九州に行く、とだけしか決めてなかったし、下調べも全くしてなかったので寄るところが思いつかなかった。
今ならもっとましな計画が立てれると思うけど。






それでも下関を過ぎて関門橋から九州へ上陸したときは多少感慨深いものがあった。
ただもう夕方近くでキャンプ場も決めてなかったから、とりあえず熊本方面へって事しか頭になかった。
思い返してみたら、ここまでどこにも寄らず、何も見ていなかった。
496号線だったか、212号線だったか、とにかく夜になってしまった。
どこかテントを張る場所を探していたがキャンプ場も調べてないから闇雲に進む。
見つけたコンビニで適当に弁当とお菓子を買い、リヤシートのネットに押し込んだ。
僕には珍しくビールが欲しくなって、一番小さい缶を購入したのを覚えている。

コンビニを出て、阿蘇方面へ走りだす。時間は7時だったか8時だったか。
ふと、後ろから煽ってくる四輪に気づいた。急いでいるのかどけろどけろと言わんばかりに車間を詰めてくる。
田舎とは言えまだ街中で、こっちも飛ばせないし、わざと意識しない風に普通に走っていた。

そのうち、後ろの四輪がクラクションを鳴らし始めた。おまけにパッシングまでして煽ってくる。
九州の人には悪いが、気性の荒い土地だと思い込んでいたので、多少腹はたったものの絡まれるのも嫌だなあと思って、
左に寄り、道を開けた。
ところが、後ろを走っていた車が追い越しざま幅寄せをしてきたのである。
驚いて運転席を見ると、軽のワゴンに乗った、金髪のリーゼントがこっちを見て、左腕を突き上げて何かを喚いている。

さらに車幅は詰まり、ガードレールとワゴンに挟まれて行き場を失ってしまった。
これには温厚な僕もキレてしまい、殺す気か!とさすがに頭に血がのぼってしまった。
アクセルを開けて車の前に出て、進路をふさぐ様にスピードを落とす。
クラクションを鳴らす車に向かって、おしりペンペンをする。後ろの車が頭に来ているのが分かる。
すかさずスピードを上げて逃げるふりをしながら、すぐにブレーキテスト。
後ろの車は急に点いたバイクのブレーキランプに驚き、タイヤをを鳴らして急減速。
これを二回繰り返してやった。今から思えば危険で最低のやりとりで、若気の至りとはすまされないが。
そこから本当に加速していき、道が車の少ない国道に変わったから、全速力で逃げた。
10分位アクセルを開け続け、車も5台ほど追い越して、もう振り切ったと判断してスピードを緩めた。





真っ暗な国道を進む。頭にはきていたが、同時に追いついてこられたら怖いなという思いがあったから、
バックミラーはちらちらと見ていた。
それにしても何が気に障ったのだろうか?ブレーキテストは悪かったが、それ以前に絡んできたのはあっちだ。
思い当たるふしがあるとすれば、コンビニから出ていく時、車の前をふさいでしまったのかもしれない。
たぶんそうだ。でもぶつかりそうだったり、割込みしたりって程じゃなかったはずだ。
なんて考えていた時、バックミラーにハイビームが映った。

一瞬でさっきの軽ワゴンだと理解した僕は、反射的にアクセルをひねった。焦っていた。
そもそも公道での400cc以上のバイクはモンスターだと僕は思っている。
40馬力だろうが59馬力だろうが、街ゆく善良な車に対してはありあまるパワーだと思う。
だから車を無理やり抜いて抜いてハイビームが見えなくなるまで走り切った。
再びバックミラーが暗闇になって、でも落ち着かないので、さらに車を間に入れてしまおうと思って
5台くらい抜いて、やっと落ち着いた。もう10キロ以上走っているから大丈夫だろうと思い、ペースを落としてしばらく走った。

その時、再びハイビームがミラーを照らし、後ろの車を無理やり抜いてくる姿を見つけてしまった。
普通もう諦めるだろうと安心していたのもあるけど、ブラインドカーブでも無理やり他の車を抜いて、
自分を執拗に追いかけてくるワゴンを見て、正直怖くなった。
異常者かも知れない。こうなったらガソリンが切れるまで飛ばしに飛ばそう。

国道をできる限りの速度で走る。ワゴンは再び見えなくなる。
もっともっと間隔を開けて、絶対追いつけなくなるところまで、と思った時に、暗闇に観光地の駐車場が見えた。
後ろをふりかえり、追いついてきていない事を確認し、エンジンを切ってテールランプを消し、川沿いの駐車場に滑り込んだ。
ここなら、国道から見えまい。やり過ごせるはずだ。そう思ったときにタイヤを軋ませながらワゴンが駐車場に入ってきた。
そしてバイクの目の前をふさがれてしまった。

やばい、真剣に身の危険を感じた。ワゴンの窓が開き、リーゼントが怒りに燃えた目で言った。
「アンタなんちゅう運転ばしとっと!」と突き出した腕は丸太の様に太い。
ビビりながらも「そっちが最初に煽ってきたんやろ・・・」と言いかけたとき、かぶせるように相手が言った。
「アンタが落としたコレを拾ってやったのに」ってその手に握られているのは・・・僕が買ったコンビニの袋。
まさか?と思い後ろを振り向くと、あるはずのコンビニ袋が無い。
思考が駆け巡る。つまり、コンビニの前で僕が落とした袋を拾って渡そうとしてくれた?

でもあれは煽ってるとしか思えないだろう。てゆうか死にかけましたから僕。
でも目の前のリーゼントはドアを開けて掴みかかってくる勢いだ。バイクのエンジンを掛けて回りを見る。
前は壁、横は車&リーゼント。せっぱつまって無意識のうちにバイクを傾けアクセルオン。
奇跡的にバイクがアクセルターンして出口を向いた。100%偶然。
アクセルをさらに開けウイリーしながら発進する。リーゼントが走って追いかけてきて僕の腕をつかもうと手を伸ばしてくる。
その手が視界の端で空を切るのが見えた。そのまま国道に出て、ひたすらアクセルを開け続けた。

たぶん30分くらい走り続けたと思う。正直ビビっていた。誰もいないことを確認して、脇道に入りこんだ。
林道の奥まで入り、タバコを吸ってじっとしていた。やっと落ち着いてテントを張った。
ありもので適当に夕食を済ませた。ビールは落としたから飲めなかった。





翌朝、テントを畳んでいると軽トラに乗った老夫婦が通りがかった。
テントを移動して車を通したら、やさしい笑顔を返してくれた。

阿蘇の外輪山では何度か観光バスに遮られたが、ゆっくり走った。
駐車場で休憩していると女の子二人に声をかけられた。二人とも可愛かった。
写真を撮ってあげて、少し話をした。それから一緒に写真を撮った。
名前も連絡先も聞かなかった。
阿蘇山へ向かうから、またどこかで会えるかもね、と、手を振って別れた。
少し期待したけど、でも結局、会えなかった。


後でその写真を見た友人が、何故そんなことが起きるのか怒っていた(笑)
いやいや、何も起きてないよ。
ぼくらの間では、バイクに乗っていても女の子には全くもてないというのが定説だった。
それは今でもそう思う。





阿蘇山は噴火の兆候があるということで、火口までは行けなかった。
良くも悪くも草千里は想像通りだった。
大分自動車道から、中国自動車道を走って帰ることにした。

夏とは言え夜は寒く、広島の山の中で寒さと疲労が頂点に達した為、岡山のばあちゃんちに寄ることにした。
当時は空家になっていたが、畳の上でも寝床が確保できれは御の字だと思って、なんとか頑張ってたどり着いた。
勝手口でカギがないことに気づいた。
そうだ、もともと鍵は実家に預けているんだから、入れるはずがない。
何時間もその事に気付かず走ってきたことが、なんだか可笑しかった。
結局、庭にテントを張って一夜を明かした。





翌朝、近所の人が回覧板を持ってきた。空家なのに。「おはよう。野営か。」とだけ言って帰って行った。
僕は「どうも」と言って回覧板を受け取ったが、テントの人間に回覧板を渡すなんて考えてみればおかしな話だ。
それから実家に寄って大阪に帰ったが、今考えてみると、ばあちゃん家と実家は小一時間の距離である。
どうして鍵がないことに気づいた時、実家に帰ろうと思わなかったのか不思議だ。
体力が限界だったのか、鍵がないことがショックで頭が回らなかったのか。


いずれにしても、危ない運転については、海より深く反省です。

 

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 2型 グリーン(GN) [1~2人用] 1122287
 
モンベル(mont-bell)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加