テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

プロ意識

2017-08-13 04:59:09 | ブログ
おはようございます。



お久しぶりでございます。



夏はやっぱり色々忙しいでおじゃる(*´ω`*)



飲み会とか、飲み会とか、飲み会とかですね。



で、先日は保育園で働く先生と飲んできましたよ。



元々ニュースで色々やってるので、たくさん聞きたいことがあったので、聞いちゃいました。



そしたら、けっこうすげーことがわかってきたんです。



何がすげーって、今時保育園はですね、ちょこっと血が出るような傷があったらすぐに連絡するんだそうです。



すごいねー(;´∀`)



自分でかいたひっかき傷でも、連絡するんだって(´・ω・`)



いかに親が敏感なのかが理解できますなー(;´∀`)



で、聞いてみたのはクレームですね。



元々ニュースでよくやっているのは幼稚園、保育園のクレームは半端ないってあったので、本当に現実としてあるのか聞いてみたんですね。



そうしましたら、思っていたより深刻でした(;´∀`)



どんなことがあったかっていうと、とある保育園での話なんですが、園庭で遊ばせてたら、子供が転んで擦り傷を作ったんですって、なので、処置をして「転びました」って報告したら、「おめーらの仕事は管理することだろ」って激怒して、色々説明してもダメで、結果訴訟問題にまで発展したみたいなんです。



なので、この結果を受けて、他の幼稚園でも「子供を転ばせない」ってなったみたいなんですね。



親が子供の能力を奪ういい例ですなー(´▽`*)



転倒するかしないかってのはメカノレセプターってのが関係していまして、子供の頃に転んでそういった感覚器官が発達するわけですね。



神経系の発達理論と組み合わせても、転ぶ経験から転ばないようになるわけです。



保育園も企業が営利でやっている以上、訴訟問題を抱えるとイメージが悪いし、経済的にも顧客のニーズに応えるってのは理解できますし、先生に経営者が「転ばせないように」って指導をするのも理解できるんです。



だけど、なんのための保育園?って感じ(~_~;)



こういうクレームを入れる親の主張は「お前らはプロだろ」ってことみたいなんですけど、「プロ意識ってそこ?」って思っちゃいます。



まあ、そこにあるとしてですね、こうやって必死に先生が転ばせないようにしますと、大人になって、ちょっとしたことで転倒する人間になるんですけど、それが目的なんでしょうか?って問いに答えてほしいよね(´・ω・`)



もちろん、法もその問いに答えられなければ正しい判決はできないんじゃないの?って思いますよ。



小学生がロコモティブ症候群になっているのは、こういったクレームを保育園関係者が情報を共有して、多くの保育園で実際に「転ばせないようにしている」ことがこういう現実をつくているんじゃないの?って思っちゃいます。



まあ、目指しているのが「将来的になんでもすぐに転んで、大人になると体重も増えるわけで、けがの度合いも深刻になりやすくなるわけで、実際に社会人なのに毎月転んでけがをして、病院に毎月通う人生」って事を目標としてこういった強いクレームを入れているのであればそれはそれで構わないと思いますけど、だいたいは知らないで、快、不快を根拠として、親自身の不快を解消するために入れているんじゃないかと予測しちゃいます。



だから、快、不快という感覚質に頼るのではなく、科学を根拠とする理性の部分が重要になるし、そもそも保育園の先生になるにはそういったことを学んだプロがやっているわけで、親の快、不快で指導内容が決まるのであれば先生になる資格はいらなくね?って思いますねー。



昨日の番組で池上さんが「ゆとり教育を批判していた人の学力が心配です」と発言していましたが、そういう話よね。



学力って、テストのためにやってきたのか、自分の人生をよくするためにやってきたのかで大きく変わると思いますよ。



だから詰め込み教育はダメなんじゃないの?(*´ω`)



今後の教育は複数の答えがあって、自分の意見を言えるようにするってのがあるみたいですけど、塾で正解だけを求めてオペラント化された世代では受け入れられないのかもしれないね。



1つの答えのみを出すことと、正解じゃないと判断したときにヒステリックに反応する社会はこういった受験勉強をしてきた人間が多いのではないかというのは1つの理由になりえるかと思いますよ。



学ぶってのはやっぱり、大事だね(´▽`*)



知らない人が知っている人を批判する社会ってのはなかなか面白い社会だわ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛は | トップ | ゲイシャ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL