テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

OH 脳

2016-11-08 08:38:25 | 学問
おはようございます



相変わらず風邪が治りません



そして、食欲は衰えません



ってなわけでですね、今日のお話は脳についてですね。



人間の能力を考える上で脳は排除できないファクターですが、これって結構面白い



脳の機能って、それぞれについて機能があって、例えば記憶だと海馬ってとこが重要になるのは有名よね。



でも、記憶は記憶でも、運動の記憶は小脳にあったりもするわけです。



また、記憶を呼び起こすときに海馬のみが反応するかといえば、脳全体が反応して何かを思い出すんですね。



部位によってその役割が色々あるのに、脳全体として相互作用しているって事なんです。



詳しく書いてもいいんですけど、このブログはテニスコーチのテニスライフなわけで、なんか最近面倒なお話しかしてない気がしますけど、「やっぱりあいつは変質者だ」ってレッテルを張られて婚期が遅れるのもよろしくないわけで…



多分お子さんを持っている方が知りたいのは、「じゃあ、どうするの?」って事だと思うので、簡単に言えば、それぞれの機能を作る部位に関して、作るための要素になる食べ物を食べさせ、刺激してあげるって事。



例えば、海馬であれば、大豆ね。



まあ、これだけじゃないのですけど、大豆由来のものは海馬を作る原料になります。



なので、納豆を夜に食べるとかってのは、成長ホルモンとも絡まって、効果が上がりますね。



あと、心を作るという意味で、例えばADHDとか、うつ傾向とかメンタル的な話も色々出る世の中ですから、これらは実は食べ物とも関係があると言われています。



まあ、確率論かもしれないですけど、心が躍る、心が辛い、とかですね、色々感情を持ちますよね。



これは、大脳辺縁系とか、扁桃体が関係しますが、神経分泌物も大きく関係するんです。



なので、例えば、うつ系にならないようにするにはセロトニンを出せるようにしたらいいわけですね。



そうすると、トリプトファンを含んだ食べ物を取った方がいいわけなんです。



ただ、この辺もまだメカニズム的によくわかってないところが多く、例えばSSRIができたのはその前のセロトニンを増やすだけの薬では受容器がキャッチしないという問題があったからですね。



だけど、少なくとも心の安定とは他者との相互作用を円滑に進めますから、非常に重要だと思いますね。



あれ、テニスの話をしようと思ったのに、この調子だと明日になっちまう



本当は色々お話したいけどテニスコーチのブログだからテニスの話にするよ。



テニスは小脳と運動前野、第一次運動野、そして海馬と連携しながら大脳基底核とも関係します。



だから、頭がよくなくてもテニスがうまくなるってのはよくない考え方で、すべてが関係している以上、すべてにおいて開発した方がいいというのが現段階での私の考えです。



結果として、伸びるところと伸びないところは出るかもしれないですが、それが個性になるわけで、チャレンジしないというのは宝くじを買わないのに、宝くじが当たることを望んでいる状態ですね。



難しいのは、IQテストが無くなったのはIQが高くても社会で成功しないってことがわかったからなんですね。



IQが高くたって、社会性が無かったり、態度が悪かったりしたら、成功する分野は人と接することをしないでできるような技術職か、研究者とか、社会の中で作られないような職業になっちゃうでしょうね。



だから、その後EQとかワーキングメモリとかの概念がでてきたわけで、私自身これらの歴史的な研究検証の流れからIQ、つまり一般知能はそこまで必要ないと思ってきたんですけど、反省するとか、試行錯誤するにはIQが関係しますからね。



人の能力を考えるとホント面倒なことが多いですね。



あれもこれも関係してくる。



解決しない社会学をやっている感じ



それでもメカニズムを知っていることは重要で、脳の可塑性についてどうアプローチするかって事よね。



ってなわけで、そろそろ私はお腹の可塑性にアプローチするお時間です



今日のアプローチはラーメン







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・遺伝 | トップ | びっくり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学問」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL