テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

忖度

2017-03-30 07:36:14 | ブログ
おはようございます



最近政治が熱いでございますねー(^o^)丿



民進党は伝家の宝刀を抜いたようですね。



相変わらず、ブーメランが止まりませんねー(^_^.)



そして、野田元首相も夫人についてブーメランで笑いを誘ってたそうですが、問題なのは二重基準でしょうよ。



「疑わしいならちゃんと証明したらいいじゃないですか!!」



って言ったら、すぐ返って来たね(^_^;)



面白いね



ほんで、自民党は自民党でだんまり作戦でしょうかね?



ジャブを打ちながら、観客が冷めるのを待つ感じに見えますが、どうでしょう?



担当者を国会に呼べば、何を持ってそうなったのかが簡単にわかると思うんですけどね。



呼ばなくたってコメントが取れればいいわけですよ。



やはり、呼びたくない何かがあるんでしょうね。



おじさんは思いましたよ。



「やっぱり、子どもに見せたくないTV番組NO1じゃない?」って



相手のミスを叩くのであれば、同等に自分に対しても求められるってのが社会人としての基準になると思うんですけどねー、やっぱ違う世界に住んでいる人達なんでしょうかね?



テニスだって自分のパートナーのミスには「てめー、何やってんだバカ」とかボロクソ言うけど、自分のミスに関しては、「このミスは別にかまわない」「いやー、悪い悪い、気にするな」って言ったら多分社会人の立ち振る舞いとして失格の烙印を押されると思うんだけど、どうなんでしょう?



まあ、論理って矛盾を指摘するのはそんなに難しくないんですけど、人間は何を持って判断するかって言うと、理性よりも感覚だとダマシオだったか、ルドゥーは言ってましたね。



なので、やはり、聞く側の快、不快が重要になるんでしょうかねー



そしたら、理性なんていらないと思うんですけど、どうなんでしょう?



感覚質のみで判断するのであれば、知性はいらないよね?



でも、こういったことも計算している理性が政治家には求められるんでしょうね



IQが高いほど利己的になるって論理は、こうしてできあがるような気がしたりしなかったりします。



知っていることが多い人たちが議論しているんですけど、「真実」とか、「よりよく」という視点ではなく、メカニズム的に知らない人達が選択するシステムである以上、そのシステムの中で効果的な立ち振る舞いはやはり、多くの快を獲得して、多くの不快をさけるということにつながるんだろうね。



どんなに主張したくても政治家でなくなったら主張できないシステムなんだもの



まあ、もっとしゃべるとね、法ってのがなかなか難しい存在であるのは事実なんだなー。



グラデーションをどっかで切らなくちゃいけないのが法なわけですよ。



例えば動物愛護法ね。



守る動物と守らなくていい動物は誰かの恣意性でわけられているよね。



そして、解釈ね。



拡大解釈、縮小解釈、判例法等、実は幅が広いのよ。



なので、人が何かやる行為ってのは必ず批判できるようになっているんだなー



法治国家と言いながらも、法と倫理のクロスオーバーとかですね、非常に問題を抱えているのは事実なんですねー



だから、おじさん的には、法哲学を知る方がいいと思っているんだけど、これはこれで超大変よねー(~o~)



さ、そろそろ朝ごはんの時間ですね。



野菜を取らないといけないお年頃ですから、野菜を取りましょうね。



拡大解釈すると…



とんかつ



だって、とんかつにはキャベツがついてくるでしょ(^0_0^)







ほんで、ブーメランになって脂肪になるー







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学習法論 | トップ | 洗濯が大好きです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL