マッサ・カンタービレ 

有坂まさよし 音楽家 テノール歌手です。
アリサカスクール(ありさかピアノ教室)を主宰しています。

やったー!!嬉しい知らせ

2017-02-28 20:01:40 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日も嬉しい知らせが届きました。
先日、英検準1級と2級の2次試験(会話試験)を受けた生徒さんたちが見事に合格しました。すべての試験を1回で合格しました。素晴らしい自分の指導力に感服しています。
合格の響きはいつ聞いても良いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成長が著しい!!

2017-02-28 18:55:08 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日、AO入試に合格し、今年の春から進学をする生徒さんがピアノのレッスンに来てくれました。


まず、練習の成果を披露します。毎日きちんと練習をしてきて、常に成長をしています。非常によくできています。


次に先生と一緒に細かなところを確認していきます。




先生と一緒に弾いて、正確に音楽的感覚を磨き、音楽を修練していきます。


さあ、磨きあげた音楽的センスを演奏に生かしていきます。


今度は暗譜で演奏します。


Perfetto非常にいいですね。先生も感心です。

素晴らしい成長をしています。これからもピアノの上手な先生を目指して頑張ってほしいです。Forza
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトミック・レッスンとは6!!

2017-02-27 22:27:45 | 音楽
今日は、“視覚的感性から音の感性へのアプローチ”について解説をします。
このアプローチは目に映る色彩・情景を音に変えるというものです。ある絵を見て、その絵に描かれている人物やその人物の表情を音に変えていくというようなことです。
例えば、赤いリンゴの絵を見て、その赤色のイメージを音に変えます。そのイメージがイキイキとしたものであれば、明るい音色とスタッカートなリズムを使って、弾むような音楽を作ります。もしリンゴの甘酸っぱい味をイメージしたら、それを音楽にします。
また、絵ではなく赤色を見せられて、そこから赤いバラをイメージして、バラを見たときの印象を音楽にしたり、バラの良い香を音楽にしたり、その良い香りを嗅いだときの自分の感情を音楽にしたりします。
このアプローチの場合、生徒のイメージするものを音楽にするために、先生の言葉による助言は必要だと思いますが、このときは一緒に音楽を奏でてみるのが効果的だと思います。あくまで生徒のイメージを具体的にするための補助としてです。
このアプローチで音楽と美術が相互に影響を与えていることがわかると思います。例えば、印象派の音楽などです。また音楽と美術の関係が感覚的に理解できるアプローチでもあると考えます。
このアプローチは視覚的感性→芸術性→音感・リズム感の順番で機能します。
それでは、また次回 ciao caio
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトミック・レッスンについて2!!

2017-02-26 21:43:44 | 音楽
前回は、聴音を解説しました。
まずは、新曲視唱を解説していきます。
新曲視唱とは、先生が新しい曲を生徒に渡し、生徒はその場ですぐに歌います。もちろん生徒はその曲を見たことも聞いたこともありません。
この新曲視唱には無伴奏で新しい曲を歌う場合と伴奏付きで新しい曲を歌うものがあります。無伴奏の場合、歌唱者が自分の音感だけで与えられた曲を歌っていきます。それは歌唱者本人の中に完璧な音感(音)があるかを確認します。。伴奏付きの場合は、ピアノ伴奏に合わせて、その音楽を感じながら曲を歌っていきます。歌唱者が伴奏から和声的に自分の歌う音を感じられる能力と伴奏に合わせて歌唱できるアンサンブルの能力があるかを確認します。つまり和声的音感とアンサンブル感覚が認識できるということです。
また、この新曲視唱と似ているもので、初見演奏というものがあります。ピアノの場合がそうです。初めてみる楽譜をその場ですぐに演奏していきます。これも新曲視唱と同じような能力が試されます。ただピアノの場合にはピアノの鍵盤の位置が感覚的に身についているかも確認できるのです。
次に楽典(音楽理論)についてです。ソルフェージュで行われる楽典は実践的なものです。和声的な和音進行をピアノで正確に覚え、そしてピアノでその和音進行を演奏できるようにします。1つの例として、与えられた新しい旋律の和音進行を即座に分析をしながら、ピアノでその旋律に分析した和音進行で伴奏をつけて、演奏していきます。この実践的な楽典を実行するためには、正確な楽典の知識が必要です。
そして、語学修得はソルフェージュを実践していく上でも、音楽を学んでいく上でも大変重要です。ソルフェージュの場合、新曲視唱の際に新しい曲がイタリア語の歌詞付きの時があります。また声楽の新しい曲を即座に歌唱したりします。その時に、イタリア語の正しい発音、フレージング、歌詞の意味などを正確に理解をし実践をしていく必要があります。当然のことながら階名もイタリア語なので階名で歌う場合でも語学の知識は必要不可欠です。音楽を学んでいくのに、国際語の英語を知ることで様々に変化していく音楽の世界を直接肌で感じることでしょう。また、音楽の共通語であるイタリア語を知ることにより、音楽を正確に表現でき、音楽の歴史も深く理解できるでしょう。

今まで解説してきたような大変難しいソルフェージュを子供向けに、子供が楽しんでできるように、“子供ためのソルフェージュ”としてのリトミック・レッスンをアリサカミュージックスクール(ありさかピアノ教室)で行っています。もし興味がある方がおりましたら、下記の連絡先までお気軽にご連絡をください。

電話番号:025-526-1345(有坂)

それでは、ciao ciao
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトミック・レッスンについて!!

2017-02-25 21:48:06 | 音楽
これまでリトミック・レッスンとはどんなアプローチがあるかをいくつか解説してきました。そこで、リトミックを実際どんなものとイメージすればよいかを端的に言うと“子供のためのソルフェージュ”と考えてほしいのです。また、以前も述べたのですが、お遊戯のようなものがリトミックではないということです。
それではソルフェージュの具体的な科目について解説します。ソルフェージュの科目は大きく分けて、聴音、新曲視唱、楽典(音楽理論)、語学修得とこの4つから成り立っています。
聴音とは、先生がピアノでメロディーなどの弾いたものを、生徒がそれを聴いただけで五線譜にそのメロディーなどを書いたり、またはそのメロディーを即時歌唱するというものです。さらに具体的に解説したいと思います。
聴音には旋律聴音、2声聴音、3声聴音、4声聴音があります。
旋律聴音とはある一定の長さのメロディーを聴き、それを五線譜に書き取ります。つまり、単旋律(1つの旋律)を聴き覚え、書き取るということです。これには即時歌唱によるものもあります。つまり、弾かれたメロディーをその場で覚え、すぐに歌うということです。この旋律聴音は上級者になるとかなり複雑なメロディーを聴くことになります。
2声聴音は2つの和声的な関係にある旋律を同時に聴き、その2つの音楽を同時に五線譜で書き取っていきます。2つの音楽が同時に弾かれるのです。また、1つが旋律的で、もう1方は伴奏的なこともあります。
3声聴音は、3つの和声的な関係にあるメロディーを同時に聴き、それらの音楽を同時に五線譜に書き取っていきます。4声聴音も3声聴音と同じで、4つの和声的なメロディーを同時に聴き、4つの音楽を同時に五線譜に書きていきます。この3声聴音と4声聴音には密集型と開離型があります。簡単に解説しますと、密集型は音がくっついているもので、開離方は音同士が離れているものです。
また、2声・3声・4声聴音も旋律聴音と同じで、同時に聴いた複数のメロディーから1つだけを即時歌唱するということをします。あくまでも音楽が同時に弾かれている中で、それぞれを聞き覚え、先生が指定した1つを歌います。
続きはまた次回 ciao ciao
コメント
この記事をはてなブックマークに追加