マッサ・カンタービレ 

有坂まさよし 音楽家 テノール歌手です。
アリサカスクール(ありさかピアノ教室)を主宰しています。

ミニリチェルカ会!!

2017-01-29 22:27:03 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
アリサカミュージックスクールでは定期的にミニリチェルカ会を開き、数人の生徒さんが一緒に音楽を勉強することをしています。先日は少し大きな生徒さんのミニリチェルカ会を開きました。

さあ、一緒に音符などの音楽理論を勉強しまます。

自習のための音符カードを作ります。


上手に書けたようですね。

ピアノで一緒に演奏を勉強します。

次にアンサンブルです。お互いの音色を聞きあうことの大切さを学びます。


相手の音をお互いに感じながら、演奏をします。


素晴らしいね

今度は音符・音楽用語カルタで真剣勝負です。



たくさんの正解をしていますね。いいですね。

さあ、選手交代です。



しっかりと確認にしながら、正解をしていきます。また正解後も正確なことを覚えていきます。

それでは、音当てクイズです。

音名カードを並べて、準備をします。


先生がピアノで弾く音を聞いて、音名の書いてあるカードを示します。


自信を持って、正解の音を先生に示します。

2声の聴音です。これは2つ同時に弾かれている音を答えていきます。

この難しいクイズに見事正解できるでしょうか。


素晴らしい正解だね。

非常に楽しく意義のあるミニリチェルカ会でした。
2人も、とても優秀ですね。これからも音楽のことを追究していきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトミック・レッスンとは3!!

2017-01-28 21:44:43 | 音楽
今回は“身体表現からの音の感性のアプローチ”について解説します。このアプローチは“音の感性から身体表現へのアプローチ”の反対を行うものだと考えていいかもしれません。ただ、違う点もあり、能力の機能する順番も変わります。
それは、この場合に表現するものを最初に言葉によって指定することが必要であり、得策のように思います。
例えば、先生が「チューチップの花が咲くまでの様子を体で表現しましょう」と生徒に表現するものを指示します。そして、自由な発想で生徒が身体表現をし、それを音による表現に変えていきます。音に変えるときも先生が言葉による助言をすることがいいと思います。しかし、生徒が考えていることを引き出す助言であり、先生のアイディアも参考にできるような助言です。例えば、擬態語や擬音語など使用するなど言葉の的確な選択と表現です。つまり、このアプローチをするときは先生の語彙力と豊富な言葉の表現がより重要です。
このアプローチは芸術性・語学的感覚→音感→リズム感の順番に機能します。
それではまた次回、ciao ciao
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトミック・レッスンとは2!!

2017-01-25 23:26:18 | 音楽
前回、リトミック・レッスンのアプローチについて7通りを列挙しました。
今回は“音の感性から身体表現へのアプローチ”について解説していきたいと思います。おそらくこのアプローチがリトミック・レッスンで皆さん親しまれているように思われます。
例えば、先生がピアノを使って、低音をランダムに弾きます。(ある程度の音とある程度の拍子を決めています。)そして、生徒がその音を聞いて、イメージしてことを身体で表現をします。このときに複数の生徒がいるのであれば、お互いに何を身体で表現しているのか、意見交換をするということもできます。
また、ピアノを弾く前に言葉による助言を与え、ある程度の枠組みの中で表現をするということも考えられます。それは、先生が「アリさんが急いで歩いているよ」と言って、高音で細かな音をランダムに速く弾きます。(音をある程度決め、そして16分音符や32分音符を中心に弾きます。)そして、アリさんの歩く様子をイメージして様々な歩く様子を身体表現してもらいます。これは言葉による枠組みをすることが加わるアプローチでもあります。
これは音感→リズム感→芸術性という順番で機能します。
それではまた次回、ciao ciao
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい知らせ!!

2017-01-21 23:05:16 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日は、保育士試験を受験した生徒さんから保育士試験に“合格した”という嬉しい連絡が届きました。
ピアノも歌もしっかりと練習している生徒さんだったので、本当に良かったです。安堵の気持ちでいっぱいです。
これからもピアノも歌も上手な保育士さんを目指して、頑張ってほしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいい訪問者!!

2017-01-20 22:56:42 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日は、いつもしっかりと練習をしてきて、素晴らしい成果を披露してくれるレジーナがピアノのレッスンに来てくれました。

ピアノの演奏を披露してくれます。


かわいいお客様がレジーナの演奏を気持ちよく聞いています。


レジーナもかわいいお客様のために、美しい音色で難しい「アヴェ・マリア」のピアノを奏でます。


完璧な演奏でお客様も大満足です。

さあ、今度はレジーナの嗜みのイタリア語です。

前回学んだイタリア語から確認していきます。


今日も新しいイタリア語をたくさん覚えました。


よくできたね。やったね。


お菓子を食べて、休憩です。会話が弾んで、楽しいね。


今日のかわいい訪問者です。名前はdue(ドゥエ)ちゃんです。

またレジーナと一緒に来てほしいですね。
今日は難しい曲をしっかりと演奏してくれました。これからも難しい曲に果敢に挑戦してほしいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加