マッサ・カンタービレ 

有坂まさよし 音楽家 テノール歌手です。
アリサカスクール(ありさかピアノ教室)を主宰しています。

イタリアと音楽。

2015-06-30 22:45:15 | 音楽
おそらく音楽の教科書で英語と思われる横文字を見たことがある人はたくさんいると思いますが、あれはイタリア語なのです。

なぜイタリア語なのだろかと思われる人もいると思います。それは、イタリアが今の西洋音楽の基礎を築いた国といっても過言ではないからです。

イタリアというと歌の国と言われ、声楽の分野だけが注目されがちなのですが、確かにルチアーノ・パヴァロッティという偉大なテノール歌手が代表するように、イタリアは数多くの偉大な歌手たちを生んできました。

ただ歌以外でも現在のヴァイオリンの形を発明したのはイタリア人です。これはあまりにも有名ですね。クレモナという都市は、ヴァイオリン職人の町です。

と話はつきませんが、また次回…。

それではBuona notte


オペラの殿堂 Teatro alla Scala(ミラノ・スカラ座)
数々の伝説の歌手を生み続けた劇場。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアン・ピザ(?_?)

2015-06-27 10:32:16 | イタリア
ときどき、日本のデリバリーピザのパンフレットを見て、驚くことがあります。

それは、ピザにのっている具の多さです

ミラノでピザを注文する際に、どうしても自分の考えた具のピザを食べたくて、具のてんこ盛りのピザを注文するとピザを焼いているおじさんから、そんなに具をのせたらまずくなるから具は多くても2種類にしなさいと注意を受け、結局2種類の具のピザになってしまいます

まあ、プロ意識が高いと言えば、そうなのですが…

僕としては、イタリアの具てんこ盛りのピザもおいしいと思うのですがね

最近は日本でもイタリア式のピザが増えてきているのですが、僕は日本のピザの沢山の具のバランスよく調和された味もいいよね、と密かに思っています


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとした関心と感心(^-^)

2015-06-24 11:10:42 | 日記
最近、ミラノのちょっとした活動が気になりましたね

それは、「ミラノの街を綺麗にしよう」という活動です。

これは建物に書かれている落書きなどを綺麗に消そうという活動らしいのです。

確かに、今ミラノの建物には酷い落書きが増えています

せっかくの歴史的建造物にも落書きがされています

イタリアは町全体が歴史的建造物で溢れているのでもったいないなといつも感じています。

まあ、イタリア人は基本的に自分の家などは物凄く綺麗に大切にするのですが、公共のものを同じような意識で扱うことは少ないですね

この活動は、日本人の公共のものを大切にする意識の高さに感銘を受けているところも大きいらしいですよ

そんなイタリアの記事を読んで、日本ってやはり素晴らしいねと再確認し、嬉しくなりましたね


パルマの公園(のんびりできる空間)

それでは、Buon pomeriggio


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸の孤島…(-。-)y-゜゜゜

2015-06-19 00:17:57 | イタリア
陸の孤島と呼ばれているマテーラという町がイタリアにはあります。

僕は用事があり、何度かこの街に訪れたのですが、とても気に入っています。

ただ、行くのが大変なのです

ミラノからマテーラまで電車で行くと10時間以上はかかりますね。

ミラノからバリという町の中央駅に行き、私鉄に乗り換え、そしてアルタムーラという駅で、また乗り換えて行きます。

この私鉄に乗っている間、周りの景色はずっと砂漠みたいです。

一人で行くと、とても心細くなります。







円形の岩壁の中に家があり、サッシと呼ばれています。

実際に見ると本当に美しく感動します。

ただ昔、下には奴隷が住み、上に貴族が住んでいたそうです。

おそらく、上から貴族が奴隷を見下ろし、見張っていたかもしれませんね。









夜のサッシは、幻想的な雰囲気に包まれ、何とも言えない感覚になります。

イタリアは様々な表情を見せてくれる国だなと感じます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18年ぶり…(^O^)/

2015-06-16 08:28:33 | 日記
先日、18年ぶりに台湾の友人と東京で会ってきました

本当に懐かしく、色々なことを話しました。

また、台湾のクラシックの音楽教育事情なども話しました。

本当に良い時間を過ごしました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加