マッサ・カンタービレ 

有坂まさよし 音楽家 テノール歌手です。
アリサカスクール(ありさかピアノ教室)を主宰しています。

ミニ音楽史26!!

2017-06-15 17:39:15 | 音楽
今日はロマン主義音楽の大作曲家ロッシーニ(1792-1868)ついてお話します。
ロッシーニは1892年に歌劇「ウィリアム・テル」を作曲したのち、37歳という若さで歌劇作曲活動をやめました。残りの40年近くの人生は、ミサ曲のような宗教曲やピアノ小曲や歌曲などを作曲して過ごしました。
ロッシーニは若くして、その名声を得て、ヨーロッパのどこに行っても、称賛の声を浴びせられる人気者でした。その彼がなぜ若くして歌劇作曲家を引退したのかは明確にはわかっていません。ただ、いくつか理由は考えられます。
それは、また次回、ciao ciao!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンポイント・イタリア語レ... | トップ | タイムトラベラー!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。