マッサ・カンタービレ 

有坂まさよし 音楽家 テノール歌手です。
アリサカミュージックスクール(ありさかピアノ教室)を主宰しています。

ミニ音楽史15!!

2016-10-13 23:16:00 | 音楽
さあ、古典派音楽の時代へ行きましょう!!

古典派への移行時期に注目すげき作曲家はオーストリアのグルック(1714-1787)です。彼は歌劇の改革を進めました。そのころ歌劇があまりにも快楽主義的になってしまい、歌手の美しい歌声と技巧を誇示するだけのものとなり、歌劇本来の性格を失いつつありました。つまり音楽家や聴衆たちのやりたいこと・聞きたいことだけが歌劇に盛り込まれ、歌劇本来の演劇性や劇的な表現が崩壊しつつあったのです。
グルックは、台本の言葉を生かし、それに的確な音楽をつけ、また序曲は歌劇全体の劇的な内容と結び付け、レチタティーボとアリアの差をなくすことを行い、歌劇本来の姿にとり戻そうとしたのです。つまり、崩壊しつつあった歌劇の形式美を新しい息吹をいれつつ、取り戻したのです。
グルックの歌劇の中で“オルフェオとエウリディーチェ”がよく知られています。

古典派時代の移行時期にこのような活動があり、モーツァルトなどの作曲家につながっていくのですね。
続きはまた次回、ciao ciao
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニ音楽史14!! | トップ | 新聞に掲載!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。