前回準優勝のプエルトリコが延長11回、タイブレークの末、オランダにサヨナラ勝ちし2大会連続の決勝進出を決めた。

3-3でタイブレークへ。11回表を無失点に抑えた。その裏、無死一、二塁からモリーナが送りバントを決め1死二、三塁。バエスは敬遠で満塁。ロサリオが犠飛を放って試合を決めた。

プエルトリコは22日(同23日)に行われる決勝戦で日本-米国戦の勝者と対戦する。

◎ オランダも互角の戦い、惜しい試合だった。