好きな映画だけ見ていたい

劇場映画やDVDの感傷的シネマ・レビュー

ダークナイト◆際立つジョーカーの重力

2008-08-11 17:46:15 | <タ行>
  

  「ダークナイト」 (2008年・アメリカ)

今年1月22日に急逝したヒース・レジャー(関連記事はこちら)の出演作「ダークナイト」がついに公開された。レジャーが死の直前まで撮影中だったテリー・ギリアム監督の新作「The Imaginarium of Dr. Parnassus」は、代役にジョニー・デップら3人の俳優を立てて撮影が続行されるらしいが(AFPBBニュース参照)、現時点ではこの「ダークナイト」がおそらくレジャーの実質的な遺作となる可能性が高い。俳優はだれしも自分の遺作を選ぶことはできないが、本作でのレジャーの熱演ぶりにはジョーカーという役柄に魂を注ぎ込んた跡がありありと見てとれて、遺作と呼ぶにふさわしい最期を飾ったと思いたい。

クリストファー・ノーラン監督の前作「バットマン・ビギンズ」に続いて、フランク・ミラーの連作コミック「バットマン:ダークナイト・リターンズ」のシリアスな作風を受け継いだ本作には、戯画的なティム・バートン版とは趣の異なる重苦しさを感じる。背景となる舞台設定はよりいっそうリアルに、キャラクターは複雑な選択を迫られ、物語は勧善懲悪のワンパターンすら脱しているように見える。ゴッサムシティで起きているのは、アメリカの現実を映し出すかのようなマフィアによる資金洗浄であり、警察署内にはびこる汚職と腐敗であり、また交渉も説得も通用しない冷酷なテロの脅威だ。こうした混乱の中から宿敵として立ち現れるジョーカーは、さまざまなルール(倫理規範)に縛られながら危うい均衡を保っている市民社会に揺さぶりをかけ、社会秩序の撹乱をもくろむ。いかなる悪人も殺さないという独自のルールにこだわるバットマン(クリスチャン・ベール)に、「いちばん利口な生き方はルールを持たないことさ」とうそぶくジョーカーの非情さはもちろん筋金入りだが、それでも彼の悪意には、裂けた口にまつわる因果の物語を想像させる余地があり、たとえば説明不能の恐怖を振りまいた「ノー・カントリー」の刺客、アントン・シガーの超絶的悪意とはまた別物だ。

レジャーは、このアナーキストとしてのジョーカーに命を吹き込むために、一ヶ月間ロンドンのホテルに閉じこもり、声色や口調、姿勢、笑い声までつぶさに研究し、ソシオパス(反社会的行為者)としての新たなジョーカー像を完成させた(Empire: Movie News 参照)。赤く裂けた唇を舐めながら挑発的言葉を吐くジョーカーが、バットマンの心をかき乱し、混乱の淵に突き落とすさまはすさまじく加虐的で、敵役としての存在感は圧巻。バットマンがゴッサムシティの未来を託そうとした「光の騎士」、地方検事のハーベイ・デント(アーロン・エッカート)をやすやすと悪の側に引きずり込むジョーカーの重力は、その慄然とする名せりふ――「Madness, as you know, is like gravity … all it takes is a little push. 」(狂気は重力みたいなもの。ちょいと押すだけで簡単に落(堕)ちる)――と共に、長く記憶に留まるだろう。

「ならず者の自警市民」として人々にそしられ、悪しき者を際立たせる己の存在を自覚したバットマンの苦悩と、恋人レイチェル(マギー・ギレンホール)を失い、心身ともに悪のフリークに転落するデントの悲哀をからめながら、物語は善悪のきわどい一線さえ踏み越える勢いで進展する。ジョーカーが仕掛けた罠が不発に終わり、正義は勝利するかに見えた終盤、トゥーフェイスとなったデントの出現は、物語の行く末にさらなる混乱の予感をもたらした。ゴッサムシティの夜の街並みを轟音と業火に巻き込みながら、「闇の騎士」として生きる決意を固めるバットマンの頭上に、もはやサーチライトのコウモリが映し出されることはない。徹底したリアルな人物描写に腐心したノーラン兄弟の脚本からは、続編を視野に入れた工夫が見られる。残念ながらヒース・レジャーのジョーカーは今回が見納めだが、シリーズの続行には今後も期待したい。

                
満足度:★★★★★★★★☆☆




<作品情報>
   監督:クリストファー・ノーラン
   製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー/マイケル・E・ウスラン/ケビン・デ・ラ・ノイ/トーマス・タル
   脚本:クリストファー・ノーラン/ジョナサン・ノーラン
   原案:クリストファー・ノーラン/デビッド・S・ゴイヤー
   音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード/ハンス・ジマー
   出演:クリスチャン・べール/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー
       ゲイリー・オールドマン/アーロン・エッカート/マギー・ギレンホール

         

<参考URL>
   ■映画公式サイト 「ダークナイト」
   ■ヒース・レジャー 生前のインタビュー Empire:Movie News-The Joker Speaks
   ■アーロン・エッカート インタビュー Cinemacafenet 




 お読みいただきありがとうございました。
 クリックしていただけるとうれしいです。
 にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ 
 にほんブログ村へ 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイ・クロラ◆終わらない生の... | トップ | DVD寸評◆トンマッコルへようこそ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうもこすもさんこんばんは⌒ー⌒ (黒猫館)
2008-08-12 01:41:24
どうもこすもさんこんばんは⌒ー⌒ノ

バットマンは「バットマン」&「バットマン リターンズ」というティム・バートン監督の最初の二作しか観ていませんので、こすもさんの新作バットマンのレヴューを読んでひさびさにバットマンを観にいきたくなりました。

■戯画的なティム・バートン版とは趣の異なる重苦しさを感じる■

やはり重くるしい世相がヒーロー映画の世界にものしかかってきているのだと思います。(;;)ノ
「単純明快・勧善懲悪」なヒーローは現代では受けない、という主旨の記事を「平成仮面ライダー」のプロデューサーである梶淳氏が朝日新聞に書いていましたが、事情はアメリカでも同じようです。

■物語は勧善懲悪のワンパターンすら脱しているように見える■

特撮ヒーローファンの間で「正義とはなにか?」という問題が真剣に議論されたりしておりますので「勧善懲悪」も現代でも危機に瀕しているのだと思います。この「ダークナイト」のように正義のヒーローが正義ではなくなってしまう時代というものに非常な危機感を抱いております。

それではまた〜♪
くろねこさん、こんばんは〜 (masktopia)
2008-08-13 23:25:31
いつもコメントをありがとうございます(^^)

ノーラン監督の2つの作品は、バートン版とはまた違った魅力がありますね。
アメコミ・ヒーローを主役に据えながら、ぐっとリアルで複雑な話になっています。

>「単純明快・勧善懲悪」なヒーローは現代では受けない

仮面ライダーのプロデューサーが同様の分析をしているのは大変興味深いですね。
ライブドアの堀江氏のように時代のヒーローとして注目を浴びた人が
一転、証取法違反で起訴されるような時代ですから、
もはや世の中は単純に割り切れなくなってきている気がします。

>正義のヒーローが正義ではなくなってしまう時代

世界中で横行するテロについても、掲げる正義(=宗教)が違えば、
ヒーローも悪魔となりうるわけですから、勧善懲悪という大義そのものが
成り立たなくなるようにも思えます。
映画の世界もそうした混乱を反映しているのでしょうね・・・

ほんとうに複雑な時代ですね
こんばんは。 (hash)
2008-08-24 00:50:57
H・レジャーのジョーカーは予想以上に強烈で、ストーリーの方も衝撃的でした。

>アメリカの現実を映し出すかのような
現実社会を反映させた内容は、アメコミという枠を超えた面白さがありました。
hashさん、こんにちは〜 (masktopia)
2008-08-25 11:25:29
コメントをありがとうございます♪

ヒースはほんとうに魂を込めて演じていたように思いました。
ストーリーもバートン版とは打って変わって、リアルにぐっと近づいていましたね。
トゥーフェイス誕生の物語も衝撃的でした。
これでヒースが生きていたら、どれだけよかったことか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダークナイト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物...
ダークナイト/THE DARK KNIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリス...
ダークナイト The Dark Knight (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン。ばっとまん・シリーズなのにタイトルから「バットマン」が抜けた理...
「ダークナイト」感想 (ごみ箱から見る世界)
●ダークナイト/The Dark Knight(原題) ●'08/PG-13/USA/152 min ●監督・脚本:クリストファー・ノーラン ●キャスト:クリスチャン・ベール/ヒ...
[Review] ダークナイト (Diary of Cyber)
得てして、悪党というのは、欲望を目の前にすると、手元が狂う、目的がかすむ。その欲望を満たしたいがために、課された目的を台無しにしてしまう。 真の邪悪というのは、そんな欲望すらもそぎ落とした存在なのだろう。だから迷いが無く手元が狂わない。目的を見落とさな...
「ダークナイト」彼をみよ (再出発日記)
ヒース・レジャーはどんな役者だったのだろうか。あまり彼の出演した映画は観ていないが、最初に登場したのは、「パトリオット」だった。独立戦争の勇士で愛国者メル・ギブソンの息子で、父のようになろうとして、早々に死んでしまう。次に登場したのは「ロック・ユー!」...
The Dark Knight (2008) (犬連れ国際結婚)
『The Dark Knight』を、アメリカ上映の2週目の週末に、ハズと観に行った。ハズは、IMAXで観たいと言ったのだけど、私は、IMAXで映画を観ると、画面全体を観れない事が多々あって、細かい所を見逃してしまう事があるので、それは、多分、画面が大...
THE DARK KNIGHT★★ (銅版画制作の日々)
   ヒース・レジャー、これが本当に最後の作品に・・・・・。 8月11日、MOVX京都にて鑑賞。昨日も映画館は多くの人でした。「ダーク・ナイト」もお客さん多いです。いい席はゲットできず・・・・。端っこの前の方でした。まあいいか主役のバットマンは前作に引き続...
『ダークナイト』  史上最凶にして最高に格好いい悪役、観ないと後悔します (ketchup 36oz. on the table)
はじめて“バットマン”の名前を冠さない題名となった、 バットマンシリーズ、最新作。 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、...
映画感想『ダークナイト』 ヒース・レジャー。。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容ゴッサム・シティを1人守り続けるバットマン。ある日、ゴードン警部補の協力を得て、マフィア壊滅のためマネーロンダリングを行っている銀行を摘発。だが、それでも無くならない犯罪。そんななか、ひとりのヒーローが現れる。新任の検事、ハービー・デントだった。デ...
【映画】 ダークナイト(2008) (映画、こんなん観ましたけど…)
映画「ダークナイト」特集の最終回。 鑑賞1回目は、ただ圧倒されました。2回目は少し落ち着いて観ることができましたが、それでもやっぱり凄...
ダークナイト (悠雅的生活)
 光と闇。正義と悪。最凶の男が仕掛ける、究極の二者択一。
★「ダークナイト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。
ダークナイト (eclipse的な独り言)
 これだけは観たかった!ヒース・レジャー!30歳を前にこんな役ができるとは!本当
『ダークナイト』 (『映画な日々』 cinema-days)
 クリストファー・ノーラン版シリーズ第二作  全米公開18日目で興行収入4億ドル超えの大ヒット    個人評価 ★★★  『 映画雑感 』...
ダークナイト・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観終わった瞬間、鳥肌が立った。 7月18日の全米公開以来、あらゆる興行記録を塗り替えているとか、IMDbのユーザー評価で歴代1位に躍り出たとか...
【ダークナイト】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE DARK KNIGHT】【監督・原案・脚本】 クリストファー・ノーラン   【原案】 デヴィッド・S・ゴイヤー    【脚本】 ジョナサン・ノ...
ダークナイト (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:クリストファー・ノーラン キャラクター創造:ボブ・ケイン 原案:クリストファー・ノーラン デヴィッド・S・ゴイヤー 脚本:ジョナサン・ノーラン クリストファー・ノーラン ゴッサムシティ。バットマンの活躍は、新たな...
『ダークナイト』 2008-No52 (映画館で観ましょ♪)
ヒース・レジャーの遺作・・・こんなことにならなくても 絶対に観に出かけた作品。 だけど、やはり、 ヒース・レジャーの死によって特...
映画「ダークナイト」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆Christopher Nolan監督とChristian Baleが組んだ 新生Batmanシリーズ2作目。Joker (Heath Ledger)も怖いが、後半に突如として登場するあの悪党が一番怖い。原題は「The Dark Knight」。     ◇ 悪のはびこる街Gotham City。Joker (Heath Ledger)...
『ダークナイト』2008・8月お盆休みに観ました (映画と秋葉原と日記)
『ダークナイト』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ゴッサムシティでは、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)が日々の犯罪に立ち向かっていた。 しかし、白塗りの顔に裂口の“ジョーカー(ヒース・レジャー
真相は闇に溶けて (MESCALINE DRIVE)
「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!
「ダークナイト」コレは、凄いわ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 クリストファー・ノーラン監督による、“バットマン・シリーズ第2弾”「ダークナイト」(ワーナー・ブラザース)。『アメリカでの興行成績が、トンでもないことになっている』とか、『ヒース・レジャーの遺作になっちゃった』とか、日本公開前から随分ニュースが飛...
ダークナイト (Movies 1-800)
The Dark Knight (2008年) 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 宿敵ジョーカーとの戦いを軸に、バットマンであり続けるかどうかの選択を迫られるブルース・ウェインの葛藤を描く人気アメコミ・ムービー...
映画:ダークナイト Dark Knight 加速する狂気に圧倒される (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
狭めの小屋とはいえ、劇場は満員! 前作「バットマンビギンズ」の出来が良かっただけに、期待が集まるのもよく理解できるところ。 多分前作を劇場で鑑賞した人はほぼ全て?かけつけているのではないだろうか。 映画の立ち上がりとともに、たちまちのうちに狂気に曝され...
「ダークナイト」にモヤモヤ (ray’s home)
きのうの「ほぼ日」のコラムで、糸井重里さんが 映画「ダークナイト」のことを ちょこっと書かれていました アメリカでは 歴代の興行成績を 猛然と塗り替え  日本ではそこそこ 話題になった程度 この差はなんだろうと 関心を引かれたとのこと バットマンで...
【2008-185】ダークナイト (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る
ダークナイト (映画君の毎日)
どうなんだろうこの映画は?ってずっと思っていたら、 いつの間にやらアメリカでの興行成績が歴代2位なんて事になり、 1位の「タイタニック」に迫る勢い。 日本では「ポニョ」に大敗をくらい大ヒットには至らなかった。 …と思っていたが、映画ブロガーの評価...
『ダークナイト』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト」□監督・原案・脚本 クリストファー・ノーラン □原案 デヴィッド・S・ゴイヤー □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリー...
ダークナイト(2回目)★★★★☆+劇場64本目:素晴らしい作品... (kaoritalyたる所以)
ちょうど1ヶ月前に見た『ダークナイト』をまた観てきました。やはりこの映画の見所はヒース・レジャー演じるジョーカーでしょう。今年の1月に亡くなったことが悔やまれてなりません。彼ほどの狂気をもったジョーカーを、次に誰が演じるというのか‥。何と言うかもう、彼...
ダークナイト (夫婦でシネマ)
前作より重厚な仕上がりで、ヒーロー映画をハードボイルド映画の域まで高めて見応え充分でした。
『ダークナイト』 (・*・ etoile ・*・)
'08.09.14 『ダークナイト』@サロンパスルーブル丸の内 これは気になった。ヒース・レジャーがジョーカーを演じて、その演技が絶賛されていること、そして本作が彼の遺作になってしまったことが理由。特別ファンではなかったけれど、演技派俳優の最期の演技を劇場で見...
『ダークナイト』 (シネクリシェ2.0)
 最初にこの映画の欠点を挙げてしまいます。  わずか2時間半のエンターテイメント...
【映画】ダークナイト…高評価↑ 残念な点はマ○ー・ギレンホールの顔ぐらいですね (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
洗車をすると翌日高確率で雨{/kaeru_rain/}が降るピロEKです{/face_hekomu/} 先程、夜勤から帰ってきました{/ase/} 私の会社は夜勤があります。ほとんどの生産現場の従業員さんは夜勤で働いている訳で…とはいえ私の場合、ここ数年間は夜勤なんてしていなかったんです...
「ダークナイト」(The Dark Knight) (シネマ・ワンダーランド)
実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションムービー「ダークナイト」(米、ジョナサン&クリストファ...
「ダークナイト」(The Dark Knight) (シネマ・ワンダーランド)
実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションムービー「ダークナイト」(米、ジョナサン&クリストファ...
ダークナイト (モノクロのアニメ)
この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 ダークナイト 突然、銀行が襲われた。襲撃者は安物のスーツにピエロのお面。銀行の正面からだけじゃない。襲撃者は銀行を複数箇所から襲撃し、警報機と電話線の繋が...
No.168 ダークナイト (気ままな映画生活)
全米で5億ドル突破、歴代2位の興業成績を収めた本作品。 もちろん、1位は「タイタニック」 鳴り物入りで日本公開となったけど、これまでの アメコミヒーロー物と同じく日本ではさっぱりの成績でした。
映画「ダークナイト IMAX版」 (おそらく見聞録)
監督:クリストファー・ノーラン(バットマン次回作にも期待) 出演:クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー(素晴らしい)アーロン・エッカート  出演:モーガン・フリーマン マギー・ギレンホール(ヒロイン役には無理がある) ゴッサム・シティに現れた史...
ダークナイト (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 「バットマン ビギンズ」に続く新生バットマンシリーズ第2弾となる「ダークナイト」。カタカナでは意味がよく分からないが、原題は” The Dark Knight”。だから、「暗い夜」ではな ...