Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

孤独の扱い。

2017-08-31 10:58:54 | 考えの切れ端
孤独とはなんなんだろう。

孤独は、寂しくて辛くて涙が出るものだ、なんて
あまり孤独になれていない若いひとのイメージとしてあると思うのです。
たしかに、そういう局面はあるけれど、
孤独を前提にして、孤独を丸のみにして生きてみると、
「そういうものなんだよな」と生活するから、
特段に気をとられなくなります。
気をとられても、耐性がつくように思います。

甘えを否定するわけじゃないんですが、
孤独と対峙できないひとというのは、
孤独を感じると他人に理解を求め(それは間違いじゃないんだけどね)、
理解されない、関心をもられないと、
他人に怒りを持つようになる。
それって、甘え心の裏返しなんですよね。

孤独を自覚しつつ、特別視しない。
ありふれた孤独をそのまま受け入れて、孤独を前提にして生活していく。
まあ、そこまではいかずとも自覚するだけでも、
他人への怒りやそこから生じる
「他人の足を引っ張る」ような行為
(愚痴や文句を長時間垂れ流して他人の時間を奪うこともそうだ)
は少なくなりますよね。

少しくらいは愚痴を言ったり聞いてやったりって
ふつうのことなんだと思っているのだけれど、
度を越してくるのが甘えなんです。
そして、それは度を越してくるくらいのSOSでもあるんです。
他人に受け入れてもらわないと生きていけない、
というのもひとつの人間の有り様。
でも、自覚してね、と思う。

たいがい、そういうひとは、
孤独を真正面から見つめたことがないかもしれないひと。
かといって、そういうひとが急に孤独に対峙してみると、
まるで防衛手段がないから、自分を責めすぎたり、
場合によっては、自死を選んだりすることはあり得る。

詩人の谷川俊太郎さんはこう言ったそうです。
「孤独は前提でしょう」
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『感情労働シンドローム』 | TOP | 『赤毛のアン』 »

post a comment

Recent Entries | 考えの切れ端

Trackback

Trackback  Ping-URL