Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

権力を楽しむ性分。(他律性の正体Ⅱ)

2017-07-01 00:02:35 | 考えの切れ端
今読んでいる本の感想とかぶってしまうから、
今回はずらずらと言葉を並べることはしません。

ただ一言、これは言っておかねばと思うので書きますね。

他律性の正体は善意だ、と以前書きました。
しかし、お話にもならないような他律性っていうのが
実はあるんですよね。

ひとは権力を楽しむものだ、と。
ひとのそういう愚かな性質から生じる他律性がある。

そうなんですよ、ひとって権力を楽しみがちですよね。
まず他律的にひとを動かすよろこびがある。
他律性の正体のひとつは、さっき書いたように善意なのだけれど、
話にもならないような他律性の正体は、
権力を楽しむという人間の愚かな性質にあるんだと思います。

他律性は、善意にしても権力を楽しむがゆえのものにしても、
どちらにせよつっぱねたいものです。
自律性にこそ幸福感があると考えるからです。

でも、どういう姿勢でもってつっぱねるかは、
その他律性の正体のタイプを見極めないと決まってきません。
お前さんの善意はわかったけど、それで相手を苦しめるんだよ、と
さとすようにつっぱねるか、
お前の指図はお前のただの楽しみのためのものだから、
そんな利己的な行為を認めて従うわけにはいかないし、
お前はその、お前自身の迷惑な心理に気づかないといけない、
とつっぱねるか、変わってきます。

まあ、実際には、そんなにマジメにやるこたーないとは思いますけれども。

他律性の正体をバージョンアップすると、
「善意」と「権力を楽しむという人間の性質」にある、となりそうです。

(うーん、意外とずらずら言葉が並んでしまった……。あしからず。)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんでもすぐに口にするひと... | TOP | 『世論 上・下』 »

post a comment

Recent Entries | 考えの切れ端

Trackback

Trackback  Ping-URL