Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

よいお年を。(2016大晦日)

2016-12-31 20:36:01 | days
今年も紅白歌合戦の途中にこの記事を書いています。
目当ての乃木坂はまだですが(バックダンサーとしては出ました)、
欅坂46のサイレントマジョリティーがよかったですね。
この曲はすぐにiTunesからダウンロードしたのを覚えています。

さてさて、今年は前半の四半期に短編『微笑みのプレリュード』を書きあげ、
文藝春秋社の『オール讀物』新人賞に応募しましたが、落選でした。
その後、ここにアップしました。
書いていた時は、前回の『虹かける』が『文學界』新人賞に
まったく歯が立たなかったことのショックを引きづっていて、
「自信をもって書く」という行為はまるでできませんでした。
わかっていることをわかっているふうに書いたのですが、
なかなかうまい具合にはいかないみたいです。
二人視点のプチ・グランドホテル方式にチャレンジしたのは、
最後のほうでちょっと混沌としたかもしれない。
まあ、チャレンジしようと思ってそうしたわけではなく、
語り方を考えたら自然とそうなったのですけども。

四月からの半年は、地元の観光施設でアルバイトしました。
これは来年もやる予定です。
11/3に仕事が終わってから、
博物館のガイドの仕事も頼まれて一度しました。
高校生が相手だったのですが、大声をだすと声は枯れるし、
声が枯れたと思えば、話す中身が頭から飛ぶし、
うまくしゃべれていると思えば、話す中身がなくなるしで、
大変ではなったのですが、まあ、こなせたほうかもしれないです。
おとといには、この会社の忘年会にお呼ばれして参加してきました。

それで、クリスマスあたりからまた新しい短編を書き始めました。
いまは一万字くらいのところで、最終的には二万字から二万五千字くらいで
終えたいなあと思っています。
ほんとうはもっと早くから書きたかったんですよ。
それが三週間くらい風邪をひいて、気管支か肺か、
ちょっとやられたような感じで、ひどかったんです。
「年内に二編書く」という当初の予定は達成できませんでしたが、
来年には繋がっていきます。
今日は旨煮をつくったりかしわそばをつくったり忙しく、
紅白もみているので、書いたとして400字くらいですが、
元日は平常運転で執筆したいです。

金銭状況はおもわしくなく、
逆におもわしくないから執筆に集中できるようなところがあります。
皮肉なものです。
今年5回くらい200点越えした、趣味のボウリングも自重です。

と、まあ、こんな感じの2016年でした。
母の具合は安定から下り坂で、
上り坂の乃木坂ちゃんたちの勢いにあやかりたいくらいです。
もう、親父が毎日怒鳴っているのがよくないですね。
止めても火に油を注いでしまうから、手の施しようもなかなかないです。

来年は年齢もひとつ、区切りのいい年齢になります。
もうそんな歳になったかあ。
書きあげた短編で、また壁越えに挑んでいきます。
ご声援いただけたらうれしい。
また、ここを訪れてくださる皆様方に、来年もご多幸がありますように。
今年は、自分から動いていく自律性がどうやら幸せの鍵だな、
ということにも気付きました。
とはいえ、なにかを始める時にはきっかけが必要で、
そのきっかけまで自前でなんとかしてしまえはしません。
ぼくの書く文章が、あなたのなにかのきっかけになると、
これほどうれしいことはありません。

それでは、今年もありがとうございました。
2017年もよろしくお願いいたします!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『幽霊たち』 | TOP | 謹賀新年2017 »

post a comment

Recent Entries | days