Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

『停電の夜に』

2017-05-20 23:22:58 | 読書。
読書。
『停電の夜に』 ジュンパ・ラヒリ 小川高義 訳
を読んだ。

インド系女流作家、ジュンパ・ラヒリのデビュー短編集。
O・ヘンリ賞受賞作を収録していたり、
本作でピュリッツァー賞を獲得していたりします。

なんか、すごそうだな、と思って手に取ってみたのですが、
日常を大切に観察してすくいとったような短編ばかりだ
という印象を持ちました。

インドに住んでいたことはないらしいですが、
ルーツがインドの作家ですから、
やっぱり主人公がインド人だったり、
白人からながめるインド人を描いていたりします。
そこらへんは馴れない文化に触れていいる感じがしますけれども、
読んでいくと、同じ人間として通低している部分を描いているなあと
わかってきます。

夫婦間のぎくしゃくとしたところや
底辺の階級のひとと、
ふつうに生活できているひとびととのあいだの関係、溝。
そういった、心理的に避けてしまいがちな、
できれば「無いもの」にしたいような気持ちが働く状況やシーンを、
瞬時に忘れ去ってしまうことなく、
逆に記憶にとどめるように描くのが
この作家の特徴、あるいはこの短篇集の特徴でした。

演出に過剰さが無く、
エンタメ色は薄いです。
ですが、日本の純文学よりも大衆に読みやすくできている。
つぶさに日常を見て、
いい意味で真面目に文章にしています。
作家の、誠実さや、はすに構えず正面から見据えるような視点、
そういったものが感じられ、好感を持つことになると思います。

また、解説を読むと、修士を三つ、博士号をひとつとっているようで、
勉強家のインテリさんの面があるんですよね。
そういう勉強家の真面目さっていうのが、
さきほど書いた、いい意味での真面目さと重なっている部分なのではないかな。

インドという異文化に過敏になってしまうアレルギーのないひとであれば、
ぞんぶんに、この誠実な目で描かれた、
落ちついたタッチの短篇集を楽しむことができるでしょう。
作家の内部の静謐さを感じられるようでもあります。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『早稲田の恋愛学入門』

2017-05-03 14:20:18 | 読書。
読書。
『早稲田の恋愛学入門』 森川友義
を読んだ。

早稲田大学で大人気だという恋愛学講座を書籍化したもの。

これはよく言えば、
人間の生態を写実的に写し取って、
その姿を肯定して「淘汰」を勝ち抜くためのありかたを教える本です。
それは「戦い」であるから、
策略など含めていろいろな手を尽くして臨めといっている風。
でも、小手先感があって、ある意味創造性を感じない論調でした。

性淘汰って適者生存みたいなものだから、
やっぱりそのまま見ていくと殺伐としているシステムです。
この本でいわれていることの前提としては、
社会をよりよくするより、
そして、生きやすさを考えるより、
恋愛でうまくいくことを優先するということ。
それも、かなり強調されてそう書かれている。

だから本書を話半分で聴こうとせずに、
十二分に真に受けてしまったり、
全面的に信じてしまって「信者」みたいになったりすると、
それは恋愛に長けただけのバカになる。
本書のこの早稲田での講義は、ある割合でバカを製造していると思う。

世の人びとは、
それほど、誰かが言うことを全面的に信用しないだろう、
とふまえてこれだけ強めの恋愛講義をしているのかもしれない。
そうじゃなかったとしたら、恋愛原理主義の本ですね。
性のメカニズムこそ正しく、それに従うべきだとする恋愛原理主義は、
人間も昆虫レベルだとしているかのようです。

それでも、恋愛テクニックのところなどでは、おもしろい部分はあった。
たとえば、「秘密の共有戦術」「補完性戦術」
「アドバルーン戦術」「譲歩的説得法」などなどは、
知っておくとまあ使えるだろうし、
小説を書くのにも役立ちそう。
でも、権謀術数を是とする恋愛原理主義なんですよね。

そう感じたり考えたりしてみると、
本書はあんまり良い本ではないかなあ。
恋愛をたのしむ感じがあまりしないですね。

ぼくの知りあいの研究者のひとは、
著者の書く本はおもしろいですよ、と言っていたんだけれども、
ぼくにはあまり合わなかったです。
ひとによりけりな本かもしれないですが、
それでも、恋愛原理主義にはならないほうがいいと個人的に思います。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『ふるさとを元気にする仕事』

2017-04-27 22:56:45 | 読書。
読書。
『ふるさとを元気にする仕事』 山崎亮
を読んだ。

地方から都会へと人口が流入していく昨今、
人口が減り高齢化がすすむ〝ふるさと〟に
活気を取り戻すためのコミュニティデザインという
仕事についての入門書です。

地方を活性化させるためのコミュニティデザインは、
そこに住むひとびとの参加があってこそやっとできるものらしい。
ただのお客さん状態から参加者状態に、というのだけれど、
それでもまだfastなやり方だとぼくは思うんです。
お客さん状態から参加者状態への途上の段階を一段、
踏んだほうがいいのではないかな、と。

というのも、
ぼくみたいな人見知りなタイプからすれば、
いきなり参加者になってアイデアをだしたり目標を共有したりせよ、
とされるのには大きな抵抗があるから。
参加者はなんらかのコミュニティの一員となることで参加者となる。
その段階でまず、信頼や安心を得る必要があるように思う。

そこで登場するのが、目的的ではないコミュニケーション。
ただそこにいっしょにいること。それもリラックスしていれること。
会話の内容よりも、信頼を持って話し共感を持って聞くこと。
そうやって生まれる親密さ、友人感が大事で、
「参加者」になるのはそのあとなんじゃないかな。

そういうslowさが大事なようにぼくには感じられる。
slowのなかの、一見無駄にみえるプロセスのなかに、
信頼や安心を生みだすものがあるんじゃないかな。
お客さんから参加者へすぐ移行させる考えはfastだと思う。
slowなやり方は時間がかかるけれど、
そこにほんとうがありそうじゃない?

いきなり、「ほれ、つながれ!」
とやられて無理に繋がるのは(まあ、それでうまくいくひとはいいけれど)、
内向的なタイプだとかそうはうまくいかないし、
slowなやり方のほうが無理なく、
ある程度シームレスにお客さんから参加者へ移行できそうだよ。

などと、本の感想というよりぼくの意見になってしまいましたが、
終盤の「土の人」のいろいろなケースを紹介するところが
いちばん面白かったです。
コミュニティデザイナーは「風の人」であって、
その土地で種から花を咲かせていくのが「土の人」と表現してました。

楽しんではたらいて、それが〝ふるさと〟の再生につながるのは
きっと面白いでしょうね。
うちの街もたいへんな街ですが、なにかのきっかけで浮上すると面白い。

住民に必要なのは、「意識」と「知識」だそうです。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今年も新人賞に応募しました。

2017-04-24 18:54:48 | days
本日、郵便局にいってきました!

完成した短編小説を二篇、
文藝春秋『第97回オール讀物新人賞』に応募するためです。

昨日の段階で、短いほうの短編の最終チェックを終えていて、
今日は、応募券目当てで注文した『オール讀物5月号』の到着をまちつつ、
各短編の表紙をつくっていました。

えーと、
正月前後に書いた長いほうの短編は91枚になりました。
ひとりの男の「再生」がテーマになっているかな。
3月末からひと月近くかけて書いた短いほうの短編は58枚。
こちらは子どもの世界の話で、
「さびしさとその対極のものの根源的なところ」がテーマになっているかなあ。
もともとぼく自身の子ども時代にあった小さな出来事を種にしていて、
そこから新たな物語が生まれた感じです。

前回の『微笑みのプレリュード』は、
章ごとに主人公が交互にいれかわる構成でした。
力量がいるといわれる、グランドホテル方式のプチ版です。
それが、『新人賞』の歯牙にもかけられなかったですからねえ。
今回は二作とも、その点では王道の構成です。
主人公がひとりで、だいたいひとつの章でひとつの作品たりえている形式の
短編としてできあがっています。
だから、ひとつの作品を章に小さくわっていると、
起承転結の「起」や「転」が多くなるように思うのですけれども、
今回はどしっとだいたいはひとつながりで語られるので、
「承」で語っている部分が大きいかもしれないです。
それでいて、前作や前々作の『虹かける』よりも説明的な部分は少ないというか、
ほぼ流れの中で語ることができています。
そして、哲学的な思想を語るところが無く、
物語全体でなにかを語る体裁になっています。
それは、大衆文学を意識してのことですね。
でもって、そういうふうに書けたのが、今回の成長分です。

まあ、なにはともあれ、
どう読まれるかです。
まずは、相性のいいひとに読まれてほしい……。



いざ、賽は投げられた。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『スノーグース』

2017-04-23 23:50:09 | 読書。
読書。
『スノーグース』 ポール・ギャリコ 矢川澄子 訳
を読んだ。

ニューヨーク生まれで世界を旅した作家、
ポール・ギャリコの三つの短編を収録した本。

このなかでは表題作の「スノーグース」が
やっぱりいちばんかなという感想ですが、
あとのふたつ、「小さな奇蹟」「ルドミーラ」もよくないわけじゃない。
しかし、三つともそうではあるのだけれど、
あとのふたつのほうが、キリスト教的な色彩が濃いです。
もう、キリスト教は土着の宗教だ、
といってしまいたいくらい、生活の土台にキリスト教があって、
その価値観のうえで成り立つ短編でした。
「スノーグース」のほうが古い作品なのに、
まだ現代的でした。

三作品に共通しているのは、
報われないものを描いていること。
そして、報われないながらも、
その主人公たちの気持ちや心構えが清いがために、
彼らを主軸とする物語がうつくしい。
さらに、奇跡というスパイスを作者がふりかけて、
なにか、聖なるものごとへと物語を昇華させているふうでもあります。

日本人からすると、
キリスト教的すぎてうけつけない、
と毛嫌いしてしまう心象を持ったとしてもおかしくないかなあと思いました。
まあ、そうであっても、「聖性」というんですかね、
そういったものは、宗教の垣根を超えて、
読む者のこころにひしひしと伝わってくるのではないでしょうか。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加