ましこノート

参議院議員・増子輝彦が日々思うことを書きつらねています。(メールマガジンでも配信中)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

双葉町へ立ち入り

2012年02月27日 | ましこノート
久しぶりに警戒区域内にはいりました。

間もなく発災以来一年になります、
自分の目で現地の状況を確かめておきたいと考えて、
放射線量の高い双葉町に
伊澤町議会副議長の一時帰宅に合わせ同行させてもらいました。

午後二時間程でしたが積算線量は6マイクロシーベルトでした。

一年間、人の住まない家は荒廃が進み、
町は不気味で廃虚にななりつつある感じです。

伊澤副議長は2.3日でわが家に戻れると思い避難した、
皆が同じと思いますと語っていました。

原発事故エリアに入る度に思うのは、
この事故は人災であり地域住民に対して申し訳ない気持ちです。
自分自身や家族が同じ境遇になったら果たして耐えられるだろうか、
多分無理だろうと思うばかりです。

本当に被災者皆さんの忍耐強さには頭が下がるばかりです、
避難されている十万人近くの方々の生活支援と
将来の人生設計が確実に出来るように
政治の責任を果たさなければなりません。

賠償、除染、一次産業再生、雇用確保、健康管理等、
課題山積みですが、福島再生特別立法を一日にも早く国会で成立させて
福島復興再生しなければなりません。

現実問題として放射線量の高い双葉郡内の複数の自治体は
一定期間戻ることが困難の可能性が高いので、
しっかりと国の責任で支えながら
帰還出来るための対策をとっていかなければなりません。

〈ましこ輝彦公式サイトhttp://www.mashikoteruhiko.com/〉
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四次補正予算成立 | トップ | 追悼の一年 »

ましこノート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事