世界の街角

旅先の街角や博物館、美術館での印象や感じたことを紹介します。

シリーズ④:ピマーイ遺跡・その1

2016-10-14 07:43:50 | 陶磁器
<続き>

今回はピマーイ遺跡インフォメーションセンターの展示品を中心に紹介する。そこには遺跡を中心に出土したクメール陶が展示してある。


キャップションによると、16-18世紀ロッブリー時代の褐釉象頭貼花文壺とある。出土地はブリラム県プラコンチャイ郡バンブア地区とあり、アンコールのクメール陶の窯が存在していた地区である。以下は、そのクメール陶の陶片展示である。







陶片の展示数は多くはないが、黒や褐釉の概要と無釉の焼締陶片を見ることができた。また特有の櫛歯文も見ることができる。次回からピマーイ遺跡について紹介する。

今朝はプミポン国王崩御のニュースである。ミーハーでもないが、国王グッズを数点保有している。タイ国民ほどの思い入れはないが、残念なことである。御冥福をお祈りしたい。合わせてタイの政局に揺らぎがおきないように望む。



                                <続く>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話休題:タイ人がタイに嵌... | トップ | シリーズ④:ピマーイ遺跡・そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。