世界の街角

旅先の街角や博物館、美術館での印象や感じたことを紹介します。

タイ深南部ハジャイ

2017-04-18 08:37:05 | タイ王国

つい最近と云っても昨年(2016)11月2日夜のことであるが、パタニー、ナラティワート、ヤラー、ソンクラー県の十数カ所で銃撃、爆破、放火が相次ぎ3人が死亡、数人が怪我をした。パタニーでは、ガソリンスタンド併設のセブン・イレブンが放火され、ソンクラーでは、いすゞ自動車のショールーム前で、警備員2名が射殺され爆弾が炸裂した。いずれもマレー・イスラム武装勢力による犯行と云われている。

噺が古くて恐縮である。クアラルンプール(KL)でロングステー中のことである。2013年12月18日から1泊2日の予定で、タイの深南部の中心ハジャイに飛んだ。この深南部はタイにあって最も危険地帯である。その理由は上述のイスラム武装勢力によるテロの勃発である。

目的は、そんなハジャイを見てみたい、近くのソンクラー国立博物館を見学したい、更には北タイのナーン(Nan)行きエアー・チケットを入手するためである。

KLIA(クアラルンプール国際空港)からHat Yai(ハジャイ)へは、Air Asiaである。当該ブロガーは、エアーチケットの入手の際、キャッシュカードの使用を嫌うため、海外では特にそうだが、現金支払いのできるAir Asiaのオフィスへ出向いた。

Air AsiaのオフィスはKLセントラル駅の中にある。写真のオフィスがそうである。先ず番号札打出しボタンを押して、番号札を入手し、その番号が電光表示されたら、その表示された窓口で入手する。
今回はKLIAからHat Yai、帰りはアロー・スターからKLIAのチケットと、KLIA→DMK(ドンムアン)の往復チケットを入手した。
12月18日定刻にハジャイへ到着。主目的であるDMK→ナーン往復のNOK Airチケットをハジャイ空港内のNOKオフィスにて入手した(インターネットでカード番号を入力すればOKだが、そこは東南アジアのことなので、トラブルを避けるため現金での入手にこだわっている)。
空港からハジャイ市内へは、乗り合いのワゴン車で1人100バーツである。中心部付近であれば行先を告げれば、そこに連れて行ってくれる。当日は雷鳴とともに大粒の雨で、ソンクラーに行くのは諦め、ホテル近くの大型のショッピングモールにて買い物と食事をすませた。
宿泊先はBuri Sriphu Boutique Hotelで確か7-8階建てで、新しくもありそれなりで、朝食付き2名で4,600円であった。
 明日(2013、12、19)は危険な『サダオ越え』と呼ぶ陸路での国境越えとした。イスラム武装勢力の活動地帯である。どのような国境で、国境検問所はどのような様子であろうか?・・・と興味津々であった。次回はその様子を紹介したい。
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北タイ陶磁の源流考・#52... | トップ | アンタライ(危険)なSadao越え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。