まっしゅ★たわごと

街歩き、建築、音楽、フランス、それに写真の話題を少々

宝塚ホテルへ行ってみた【3】《中庭》

2016年10月12日 23時21分53秒 | 建築


ティーラウンンジ「ルネサンス」は、サイトの案内には「中庭を眺めながら優雅な時を過ごせるティーラウンジ」と書かれてはいるのだが、中庭に面しているわけではない。ティーラウンジと中庭の間には、ちょっとしたコリダー(廊下)があって、コリダーの扉を開けると中庭に出ることが出来る。



宝塚ホテルの特徴として、(1)築造年が古いこと、(2)増築に増築を重ねていること、(3)緩い斜面地に素養にして建っていること、(4)宝塚歌劇と共生していること、が挙げられる。この中庭は、(1)(2)(3)を感じることができる空間であると思う。



初期の頃に建てられた本館と、その向こうに東館がそびえ、



右に目を移すと、そこには本館の正面玄関があったであろう壁が存在する。



もうすでに原型とかほとんどないのだけどね。



それでも、落ち着いた佇まいは、このホテルの静の部分をクラシカルなしつらえで、動の部分を高低差を利用した水の流れによって、同時に表しているように思える。



本館側の薄暗い雰囲気も良いし、



新館側の煌煌とした明るさもまた対照的で面白いなあと思う。
宝塚ホテルへ行ってみた【4】《徘徊》
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝塚ホテルへ行ってみた【4】... | トップ | 宝塚ホテルへ行ってみた【2】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL