まっしゅ★たわごと

街歩き、建築、音楽、フランス、それに写真の話題を少々

【大涌谷】黒タマゴを食べに大涌谷へ09《わくわく大涌谷~前編》

2017年06月28日 21時51分44秒 | 東京


とうとうやってきた念願の黒たまご。昨年の年末に会社の人のお土産で1/8個だけ食べた。少し前に硫黄の風味のある塩を購入した。そんなこんなで、無性に黒たまごを食べたくなったのである。



5個セットで500円。ばら売りはしていないようである。手に取るとかなりアツアツで最近まで保温気に乗っかっていたっぽい。



1個食べると寿命が7年延びると言われているタマゴを3つ食べたので21年、翌日に残りの2個を食べたので、都合35年分の延命を図ったということになるが、果たして。。。



名物と言われりゃ食わずにはおれないと自分に言い訳をして黒チョコソフトクリームもお買い上げ。単なるチョコレートのソフトクリームだけど、街のチョコソフトよりもチョコレート濃度が高いように思われる。ま、これもクレミアと同じ日世のソフトクリーム。業界最大手だけあって抜かりなし!



これはちょっと。。。



大涌谷という観光スポットの半分は屋外でとても硫黄臭く、残りの半分はお土産屋さんになっている。



カンブリア宮殿で見た小田急vs西武による「箱根山戦争」の西武側の乗り物を発見。ビジュアル的にはロープウェイの一人勝ちっぽいが谷の風向きによればこちらのバスが大活躍するのだろうね。



黒チョコソフトクリームを食した後、もっと奥側にある売店に行くと緑色のWASABIソフトクリームを発見。これは外国人向けなのね、きっと。



更に奥側にあったの「たまごソフトクリーム」に一目ぼれ!だがしかし、さっきソフトクリーム食べたばかりなので泣く泣く断念。次来たときは絶対にコレな!



とまあ、悠長に食べ歩きしているそばの至る所に、このような注意喚起の看板が。



いやいやいやいや、噴石なんて注意のしようがないっしょ。



ゴンドラに乗り合わせたおばさんたちが、昔はもっといろいろ行けたしゴボゴボしている水辺の近くまで行けたとか言っていたので時代と共に危険地帯が移り変わっているのかなとも思った。



黒たまごを買い求める人たちの列。ついさっきまではこの半分以下の列だったので、もしかしたらラッキーやったのかもしれない。



天気の良い日にはこの先に富士山がドドーン!といてる予定。



芦ノ湖まで足をのばせば、こんなラグジュアリーな景色を拝めるのだと思うと、ここの景色はとても一言では言い表せないくらいに悪い夢に出てくる景色のようである。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【大涌谷】黒タマゴを食べに... | トップ | 【大涌谷】黒タマゴを食べに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL