旬選組 正寿司

日本に四季があるように魚にも季節(旬)があります。今、淡路島で一番旨い魚介類を紹介しています。

クリスマスに獲れる高級食材・・・

2009-12-25 17:49:39 | 旬の魚
12月に入り夜露が肌身にしみるこの時期に岩屋のイサリ漁が最盛期に突入します。

クリスマスだろうが寒かろうが波が高くないかぎり漁に出て、サザエやなまこなどを神業のごとき手さばきで次々と捕獲していきます。

そのなかでも特に珍重されるのが、言わずと知れた高級食材『黒あわび』です。

大きなものは1kgオーバーにもなり、刺身はもちろん寿司、バター焼き、天ぷら、しゃぶしゃぶ、etc...あぁぁ。。ぼくも食べたくなってきた

とれたての超新鮮な貝の王様黒あわび美味極めんとするならば欲して即座に食すべし。。。

ちなみに獲ってきたのは1コ下の後輩T君でした、ありがとう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超!新鮮!ぷりぷりの肝!

2009-12-16 19:22:14 | 旬の魚
季節はもう冬・・・淡路島にも冬将軍到来です。

それでも漁師は寒さをこらえて沖へ出て行きます。

今日は同級生のT君が『うまずらはげ』をGETしてきてくれました。

正寿司では、新鮮な肝を丁寧に裏ごしして細切りにしたはげの身と混ぜ合わせ、ねぎなどの薬味を加えて特性のポン酢で仕上げます。

旨みのある肝のエキスが細切りにした身にしみこんで、なんとも言えない濃厚な味わいを楽しめます。

軍艦巻きもよし、酒のつまみにも超GOODな知る人ぞ知る正寿司の人気メニューです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淡路のさざえは・・・

2009-12-11 20:54:20 | 旬の魚
水温が下がり、海水が澄んでくると岩屋では『イサリ漁』が盛んになります。

船のヘリにしがみついて、箱メガネといわれる大きな水中眼鏡で海底をのぞきながら、長さ4m以上の竹の先にツメが付いた漁具で、さざえやあわびその他色んな魚を器用に捕獲していきます。

その中でも淡路島近海で獲れるさざえにはツノの無いのが特徴で、身は若干黄色っぽく肉厚で甘味があります。

そのさざえを岩屋では贅沢にも一度ボイルしてから中の身を取り出し、にぎりのネタにして甘い煮詰めをつけて召し上がっていただきます。

貝類は一度火を通すと肉質がやわらかくなり、堅いものが苦手な方にも大変喜ばれています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ釣れてるぞ!鬼アジ!!!

2009-12-09 18:59:25 | 旬の魚
久しぶりに超BIGな『鬼アジ』を競り落としてまいりました。

これほど大きな鬼アジはなかなか滅多にお目にかかれません

なかなかやります岩屋の釣り漁師(ありがとう小松さん

刺身、にぎり、塩焼き、なめろう、あじバッテラ・・・

お好きなようにいただいちゃってください


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日に神戸まで・・・

2009-12-08 17:13:38 | その他
休日に、何年かぶりに『ルミナリエ』を見に行ってきました。

平日のしかも月曜日だというのにかなりの人手でにぎわっていました。

阪神淡路大震災の復興イルミネーションイベントとして開始当初は鎮魂の意味合いが強い感じがして、浮かれた気持ちで見に行くのをためらっていました。

未曾有の震災から14年がすぎ、それぞれ色んな体験・経験を乗り越えて前に進もうとしている人や、心の傷がまだ癒されない人・・・

それでも、毎年こうして心揺さぶられるような美しいイルミネーションがこれからもずっとずっと継続していってほしいと願います。

それにしてもやっぱり綺麗でしたがんばろう神戸がんばろう淡路

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン初入荷!!!

2009-12-04 13:07:28 | 正寿司のマグロ
ようやく今シーズン初入荷です。

青森県大間産生本まぐろ220kgはら1番

今回・・・

あえて多くは語らないでおきます・・・

百聞は一見にしかず、もとい、食べてみなけりゃ旨さは量れない。

お待ちいたしております。

是非ご賞味あれ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かつおはかつおでも・・・?

2009-12-02 19:17:28 | 旬の魚
明石海峡及び、瀬戸内海、大阪湾に生息する魚は何千何万種類といますが、漁師いわく泳ぐのが一番速いのがこの『まながつお』らしいです。

世間一般でよく知られる鰹とは全然種類が違うのですが、岩屋でかつおといえばこの『まながつお(真名鰹)』です。

円盤のような形、水流を切り裂くようなヒレなどは見るからに速そうで、実際なかなか難しい漁みたいですよ。

それでも岩屋の漁師は沖へ出ます
今日は同級生の小濃君がゲットしてきてくれました。(さんきゅー

ところで、お味はというと・・・これまたちょー美味
(まながつおのほうが味が良いため、大昔はこちらが本当のかつおだったようです。。。豆知識でした。

水温が下がるにつれ脂身(旨み)が増して、コリッとしているようなムチッとしているようななんとも言えない美味しさです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加