旬選組 正寿司

日本に四季があるように魚にも季節(旬)があります。今、淡路島で一番旨い魚介類を紹介しています。

あわびのバター焼き!!

2007-06-29 18:21:12 | 旬の魚
先日、京都から純心庵(ブックマーク参照)の方々が食べに来てくれました。
そのとき、ご注文していただきお出ししたのが・・・
   あわびのバター焼き!!!
以前、関西テレビ痛快エブリデイと言う番組内の、
  「料理人最後の晩餐!」のコーナーで、京都からわざわざうちの店をご紹介していただいた時の料理がこれです。
純心庵さんにもあわび料理があるのに、オーナーいわく・・・
 「正寿司の奥さんの焼くあわびのバター焼きが一番や!!」  と言っていただきありがたいかぎりです・・・
それに、いつもいつもおみやげまでいただいて・・・ありがとうございました。
次はうちの新人君を連れて、「淡路赤ウニパスタ!」をいただきにいきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ・・ぁ・・あわびの大群だ~~!!!

2007-06-26 18:58:56 | 旬の魚
え~店内にある車海老、貝類専用水槽です。
この時期の淡路島沿岸はワカメが生い茂っていてなかなかあわびを獲るのはむつかしいんです。
でも、苦労しながらでも
  「うちの店にあわびを獲らないと!」って言ってくれる漁師さんのおかげで水槽はいつもにぎやかです。
でもやっぱり美味しそうに見えるんでしょうね~バター焼きなんかにすると香りもいいんで、バタバタっと無くなっていっちゃいます。
これから夏にかけてどんどん旨みを増すあわびを是非味わってください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ鱧の季節です・・・

2007-06-21 13:52:03 | 旬の魚
梅雨入りしたのに全然雨が降りません・・・
やはり、暑い時は暑く、寒いときには寒く、梅雨には雨が降らないとだめですね~
雨が降って山の栄養分などが川を流れて海にたどり着く、それが自然と言うもんだと思うんですが・・・?
とはいえ、そろそろ鱧が美味しくなってきました!
こぶりの鱧でも、顔が小さくぼてっと丸々しているのは、さばいていても手に付くアブラが違います。
一般的には湯引きが多いんですが、うちの店ではほとんどさっと炙って召し上がっていただいています。
そうするとホクホクとした食感と炙ったことによる香ばしさとがいっそう引き立ち、そこにすだちを絞ると・・・
是非、召し上がってくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入りすると・・・?

2007-06-16 11:42:36 | 旬の魚
ようやく梅雨入りしたかと思えば晴天に恵まれている淡路島ですが、
  この時期は淡路のアナゴが一年でも一番脂の乗る時期なんです。
捌いているとよく分かるんですが、食べると淡白な中にも上品な脂があり、煮詰めたタレとの相性もバッチリです。(アナゴのエキスがたっぷり出た自家製のタレです。)
ちなみに写真は焼きなんですが、一番のおススメはやっぱり蒸しアナゴです。
  想像してみてください・・・
とろっとろになった淡路の天然穴子が、シャリと一緒に口の中でほろほろといつまでも味わっていたい感覚に・・・

ぜひご賞味あれ!!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

見た目はグロテスクだが・・・超激うま!!!

2007-06-14 20:39:25 | 旬の魚
  今から旬のおこぜです。
見た目は本当にグロテスクなんですが、身はもちっとした旨みのある白身で、刺身にしてもから揚げにしてもとても美味しい魚です。
ただ、成長に時間のかかる魚なんで大型のものはとても重宝されます。
写真のおこぜは約25cm、かなり大きい方で5~7年物です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出ました!あこうで~す!

2007-06-12 16:28:39 | 旬の魚
淡路島でもあまりお目にかかれない魚、あこう(関東ではキジハタ)です。
漁獲量が少ないのと最近は大型のものがいないのとで価格は一キロウン万円・・・
でもこいつは煮付けにするとこの辺りじゃあ一番美味い魚だとおもいます。
ちなみにこの魚で1.8キロ・・・煮付けにすると4~5人前ぐらいです。おいしいよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加