浜ちゃん流

淡々と書く充実した日々の日記。
仕事も遊びも楽しんでます。

2017/6/24 霧ヶ峰、諏訪大社、味噌天丼、諏訪湖ランニング

2017年06月24日 | 日記


数え歳で41歳となって前厄を迎え、

これまでに知らずうちにおかした罪、

知らずうちに憑いた穢れと禍を諏訪大社で祓ってきました。



諏訪大社 上社本宮 鳥居前



手水舎



ここで一旦 日記は遡り・・

厄払いの受付が9時からということだったので・・

その前に茅野市在住の友達を連れたち、朝早くから霧ヶ峰へ行ってました。


すき家で朝食

霧ヶ峰登山の前の腹ごしらえ。



霧ヶ峰の展望



頂上から見る 霞模様の蓼科山の輪郭



初登頂

百名山 登頂。



レンゲツツジ


  

ツツジはもう少しで見頃を迎えそう咲き見ごろ。

ニッコウキスゲはまだまだ先の様。

キンポウゲやスミレみたいな小さい花は申し訳なさそうに少しだけ咲いていました。


霧ヶ峰といえば、新田次郎の『 霧の子孫たち 』が思い出されます。

レンゲツツジの鮮やかな赤、ニッコウキスゲの目映い黄色、残雪のように輝くスズランの白。

貴重な高層湿原植物が群生する霧ヶ峰高原に、突如として降りかかった有料道路建設計画。

反対に立ち上がった地元有志は官権との闘いに傷つきながらも、自らの生を見つめなおす機会を得る。


とても美しいビーナスラインですが、当時は美無しラインと揶揄されることもあったそうです。





話は諏訪大社に戻り・・


御柱

諏訪大社 上社本宮には、7年に1度の大祭『 御柱祭り 』の御柱が祭られています。



御祓い直前

友達に撮ってもらいました。




そして御祓いを済ませた後は、

上諏訪にある秋月という蕎麦屋さんで諏訪名物の味噌天丼をいただきました。


上諏訪駅前 秋月



飲む

この日の最高気温は30度。

飲まないと脱水になる。



味噌天丼

天ぷらのたねは、蕎麦の素揚げ、高野豆腐、野沢菜、茄子、カボチャ、ワカサギ、川エビ、こんふり。

付け合せは、きゃらぶきと野沢菜のお浸し。

ワカサギと川エビは諏訪らしい具材でとても美味しかったし、

(こんふり)という葉っぱの天ぷらは初めて知り、初めて食べました。

こんふりは薬用として用いられるとのことでした。

味も香りもとても良かった。



こんふりの天ぷら

天丼を食べた後は、諏訪大社 下社秋宮を参拝して・・



下社 秋宮

参拝後に友達と解散。

ありがとうござました。(*^_^*)


そして解散後は、諏訪湖1周をランニングをして、

すわっこランドで温泉に浸かって帰路につきました。


諏訪湖ランニングは、暑さのあまり9キロ地点で歩き出してしまったけれど、

ポケットに200円だけを持ち、それでポカリスェットを買って飲んだら復活。

暑さの中、何とか1周16キロを完走しました。

距離 16キロ   

時間 1時間23分。