コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

能作のモダニズムを感じる真鍮製の風鈴

2016-07-21 14:14:40 | 販売
前回につづいて現代モノ。

こちらは、富山県高岡市の鋳物工芸の会社、能作の生型鋳造法による風鈴です。

<以下は株式会社能作のHPから>

生型鋳造とは、熟練の技術を必要とする昔ながらの鋳造方法のこと。

また、素材の美しさを生かすため、職人が一つ一つロクロ仕上げや、鏡面磨きを施しています。
風鈴はほぼ全ての工程が手作業。一つ一つ心を込めておつくりしています。

能作で長く愛されている3種類の風鈴、スリム・オニオン・ホルン。これらの風鈴は、実は最初はハンドベルでした。

高岡の地でながく仏具などを製造していた能作の鋳造技術を用い、真鍮の音色が美しいベルを製作。

しかし、日本人の生活に馴染まないせいか、なかなか売れない日々が続きました。

そんな時、ショップ店員さんのアドバイスにより風鈴にアレンジしたところ、スタイリッシュなデザインと心地よい音色が人気となり、能作を代表する商品となりました。

シンプルなデザインは、どんなシーンににもよく映えます。





いかがでしょうか。

風鈴、と聞いてもにわかには信じがたい洗練されたフォルムです。

南部鉄器のような昔ながらの風鈴や手吹きガラスに金魚をあしらった江戸前の風鈴も風情がありますが、こちらは365日を通して吊っていても違和感を感じさせない、そんなデザイン性のあるアイテムです。



お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅田孝夫の漆器のあれこれ・... | トップ | 暑い夏に目に優しいガラス花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。