コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

浅田孝夫の漆器のあれこれ・・・ 山中漆器

2016-07-19 22:20:31 | 販売
関西や東海地方では梅雨が明けたそうです。

もしかしてすでに関東も???

と、おもわせるほど暑い。


大好きなきせつ、夏。


我が家のニャンコはそれはそれは暑さにつよく、こんなにのびるものか~とおもうほど

からだをのばし、横向きになって寝ております。

おなかをフローリングの床にくっつけたり・・・エンジンの空冷と同じ仕組みが遺伝的に備わっているようです(笑)



さて、普段はあまりご紹介しない現代モノ。


こちらは山中漆器で有名な石川県加賀市山中温泉で製作されている漆器。

漆器の製作工程は、その専門性により削ったり塗りなどに分業化されていますが、個人的に興味のあるのは、その造形を決定づける「木地師」という作業を受け持つ職人さんです。

初代の嶋田京作さんが明治45年に立ち上げ、その息子さんである浅田孝夫さんは昭和20年ごろから本格的に開始。

現在は社長さんなども代替わりされています。






非常に高品質な職人仕事はいうに及ばずですが、現代においても全く斬新とも思えるデザインが実現されています。

こちらは、いわゆる茶入れです。棗(なつめ)とも呼ばれますが、基本的に茶道では歴史的に脈々と引き継がれている流派に沿ったフォームがありますので、斬新なデザインは生まれにくいのですが、こちらはいわばハレの舞台の漆器ではないにせよ、日常的に目を楽しませてくれる、日々の暮らしをゆたかにしてくれる漆器であるといえるでしょう。










お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の暑い日にいかが?北欧デ... | トップ | 能作のモダニズムを感じる真... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。