コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

1970s Vintage INTERSELL Jerusalem Glass Vase Israel Art Glass Hand Made

2016-01-23 13:10:56 | 北欧陶磁器ガラス
1970s Vintage INTERSELL Jerusalem Glass Vase Israel Art Glass Hand Made






イスラエルのアートガラス。

日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、日本ともアメリカともヨーロッパとも異なる独特の進化を遂げている個性的なガラス。

特徴的な淡い色合いは、ガラスのもつ「冷たさ」を和らげているようでもあります。

こちらもハンドメイドの優しさを纏ったガラスですが、高さ38cmと存在感もあります!


直径 14.5 cm X 38 cm(H)


コージーアンティークのHPはこちらから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Viking Decanter/bottle/carafe designed by Ole Winther for Holmegaard

2016-01-22 22:34:12 | 北欧陶磁器ガラス
Viking Decanter/bottle/carafe designed by Ole Winther for Holmegaard

北欧デンマークのガラスと言えばホルムガード。






1950年代にOle Wintherによりデザインされたデキャンターです。
ガラスの表面にエンボスの施されたシール(日本でいうステッカー等のシールではない)がついており、この模様やガラスそのものの色のバリエーションが数色展開されていたようで、こちらの模様は「バイキング」と呼ばれています。

デキャンタ(カラフェ)としての本来の使用はもとより、オブジェとしても素晴らしいデザインですし、盛りっと葉っぱのたくさんついたお花を活けても良いかもしれません。

直径 20.5cm X 22.5cm(H)


コージーアンティークのHPはこちらから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページのリニューアル

2016-01-21 23:08:36 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

とーっても強力な寒気に覆われているようですね・・・東京にも雪が。

海外に目を向けても大雪で大変になっている地域もあるようです。



さて、年初という事も心機一転、ホームページをリニューアル致しました。

どうしたら見易くなるかな・・・ということを念頭においてのリニューアル。





改善点はまだまだ出てくるかと思いますが、お気軽に皆様のご意見を頂戴したいと思います。


皆さま、風邪などひきませんようご自愛ください。


Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

ねぇ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。

2016-01-01 15:02:01 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

新年あけましておめでとうございます!



こちらは売り物ではないのですが、寝室に飾っている印象派風の風景画。

額装サイズがちょっとした小柄な女性の背丈ほどもある1m50cmほどの絵画なので、結構な存在感あり。

画面は明るい色調で、水面に交錯する光のマチエール。

毎日、元気をもらっています。


本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

皆さまにおかれましては、良いお正月をお過ごしくださいませ。



12月31日〜1月3日まではお休みとなりますので、お問合せの返信などは、1月4日より随時となりますので予めご了承下さいませ。



Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

ねぇ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年最後のブログとなります。。。

2015-12-31 20:46:09 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

2015年最後のブログ、ということで久々にニャンコの登場。。。






最近は種類も増えてるSNS。


電車の中だけならわかりますが、乗り換えの移動の途中のホームであっても皆さんわき目もふらずに打ち込んでますね。。。

事故にならぬようくれぐれもご注意あれ。

個人的にはツイッターもLINEもやらないので、その辺の実際の事情は正直わかりません(笑)

まあ、メールはしますがね。あとこのブログは続けていきたいなぁ、と思います。

そうそう、ちょっと興味深いニュースが乗ってましたね。。。


【IT】Facebookを1週間やめるだけで人々の幸福度はアップ ...

調査結果をデンマークの「幸福度研究所」(Happiness Research Institute)がこのほど発表した。



さて、このブログのサイトから、ときどき「1年前の記事をリンク」したメールが送られてきます。

意識的に過去のブログを読み返す、なんてことはほとんどないので良い機会となっています。

で、今年1年のブログの本数を数えてみますと、計46本。という事で最低ラインの月間4本を未達という結果に。


来年は心を入れ替えて励みたいと思う次第でございます。

今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


12月31日〜1月3日まではお休みとなりますので、お問合せの返信などは、1月4日より随時となりますので予めご了承下さいませ。



Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

ねぇ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川県立近代美術館鎌倉館

2015-12-13 12:18:33 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

今朝のNHKの番組「日曜美術館」を見ました。

通常ですと作品・コンテンツに焦点があたるのものの、今回は展示作品を展覧するその外側の美術館が対象。

秋口に雑誌「芸術新潮」で美術館の閉館に関する記事を読んでいたのですが、その神奈川県立近代美術館鎌倉館の閉館にともない、その歴史を惜しんで美術館の建物などに関する番組でした。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮に向かう若宮大路を抜け境内が見えてくるその左手にあり、落ち着いた雰囲気のなかにある大変洒落た美術館でしたので、とっても残念。

まあ、八幡宮からの借地の返還期限というのも、なんとも現実的な話ではありますが。


3年くらい前に「シャルロット・ぺリアンと日本」という企画展で美術館に行った際、平家池に隣接するように立つその佇まいとモダンさに感激し、しばしゆっくりと池を眺めていたのを思い出しましたが、坂倉順三の設計だとは知りませんでした(笑)


また、東京の上野や六本木あたりの大型美術館とは異なったポジショニングの展覧会を企画していたので、逆に興味深い。


確かに、大手?でやるような「故宮博物館の至宝・神品を初公開!」とか「著名な国宝の仏像や鳥獣戯画」などの目玉を展示して、ひとつの作品を見るのに「数時間待ち!」などという派手さはありませんでしたが、それはそれで良いもんです。



現在、最後の展覧会が開催中ですので、お時間があれば是非行ってみてはいかがでしょうか。

「カマキン」最後の展覧会
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2015/kamakura_part3/index.html




Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬のまじめな話

2015-11-20 22:37:12 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

そろそろ年の瀬かぁ・・・と感じる時期になると毎年恒例の用事があるのですが、先日は税務署関連の説明会へ。


この中で新たに変更・追加となった法令関連の話を聞くのですが、その一つが皆様ご存知でしょう、来年より本格的に始まる「マイナンバー制度」について。

この「マイナンバー制度」は認知度をあげるためか、表立った議論を避けるのが狙いなのかは不明ですが、「社会保障・税番号制度」というきちんとした名称がありまして、個人に対しては12桁の番号、法人に対しては13桁の番号が付与されます。

わたし個人への番号はいまだ届く気配がありませんが、法人向けの13桁の番号の通知は先日受領しました。



税務署関連の方々のそこはかとなくウキウキした様な印象を持ったのですが。

目的としては巷で言われているように、各国民の資産や所得・税務等の情報を正確に捕捉したい、この一点に尽きるのでしょう。

待ってました!とばかり(笑)



では、我々にとって何かメリットはあるのか?

ほぼ「ノー」でしょうね・・・まあ規則ですから。


余談ですが、巷では金庫の売れ行きや貸金庫の人気が高いそうです。

いわゆる特需なのでしょうが、多様な憶測が巻き起こり、先回りが発生しているのかと思いますが、余計にタンス預金に拍車がかかることになり、泥棒業界の活性化が予測されます(笑)



ちなみにアメリカでは似たような制度のSSN(Social Security Number:社会保障番号、連邦政府の社会保障局管轄)があります。

似たような性格のものに、法人税等の納税申告の際に必要となり、法人に割り当てられる(法人格を識別する)為のEIN(An Employer Identification Number、もしくは Federal Tax Identification Numberとしても認知されている)という番号で、こちらはIRS(Internal Revenue Service:アメリカ合衆国内国歳入庁)の管轄なのですが、全ての法人に取得の義務が生じるため、弊社でも取得しています。

そのため、納税申告の際の書類には、現在もSSNないしはEINの番号が求められています。




約25年前、必要に迫られてこのSSNを取得しました。

アメリカで生活するのには最低限必要不可欠だからと教えられた為なのですが、アメリカでは確かワシントンDCあたりで連邦分を一括で管理しており、インターネットも無い当時は無論郵送での処理でしたので、取得までに数週間かかった記憶があります。



で、メリットは?

メリットといえるかどうかはフーム?という感じですが、必要な場面は多々ありました。

運転免許証を取得する際、銀行口座を取得する際、そして日本とは異なりアメリカでは皆が行わなければない納税申告などなど、このSSNが必要となる場面が存在します。場合によっては賃貸アパートメントを契約する際や電気などのユーティリティを契約する際に求められることもあるでしょう。



アメリカ、そしてイギリスやドイツなどのヨーロッパ圏の国々はいわば実利主義。

そんな欧米からすると日本人も中国人も全く同じだで、何が違うの?と見ているようです。

「えーっつ」って感じです。

我々からすると中国の(チベットなどに絡む)人権の問題や経済統計の数値も怪しい、などと揶揄するわけですが、欧米の国々からすると、日本のマイナンバーなんておかしい、と。

ヨーロッパだとあんなものは人権侵害で、絶対法案自体通らないそう。


よくよく考えてみると、日本のマイナンバー。

ハリウッド映画に出てくるような、訳の分からない付与された番号を記したボードを胸に当てて撮影される囚人を連想しますなぁ。



アメリカのSSNのことについて触れたものの、そもそもアメリカには日本の戸籍制度に類するものが無いんですよね。

生まれ育った州から出たことのないような「地元愛」に溢れた人々も多く、パスポートですら普及率は高くない。

最寄りの郵便局で簡単に申請・取得できるパスポートは身近なはずなのですが・・・。



日本のマイナンバー制度へ話を戻します。

事務作業の簡略化が狙いだとすれば公務員の数が減るべきところ、逆に、マイナンバー対策で増員発生という本末転倒な結果。

実利主義(合理主義)の国々からは到底理解できないでしょうね。

欧米型の実利主義に沿ったシステムであれば、費用削減のチャンスなわけですが。

国内で上位に位置付けられている戸籍情報を用いれば十分目的は達成できるかと思いますが、はてさていかがなものか。


住民なんちゃらカードだとか2000円札だとかいろいろな試みが過去にありましたが、導入した時点で「ゴール」!!のような。。。

同じ轍を踏まないことを祈るばかりです(笑)





Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供のように・・・ビヨン・ヴィンブラッド Bjorn Wiinblad

2015-11-07 17:04:23 | 北欧陶磁器ガラス
前回紹介したビヨン・ヴィンブラッドのオブジェのご紹介です。

ビヨンはガラスや陶磁器などの分野の作品が有名ですが、一番数が多く、国内でも入手が容易な陶器のプレート(飾り陶器)などの小品を見かけることはありますが、なかなか大きいサイズの作品は流通していないようです。

こちらは、海外でも入手が難しいオブジェとなります。

形状から(一応)キャンドル・ホルダーと言えるでしょう。





1962 Bjorn Wiinblad Horse Candle Holder Denmark signed
25cm(W) x 17cm(D) x 41cm(H)

貴重な41cmの大作です。
お気軽にお問合せくださいませ。

***ビヨン・ヴィンブラッド(1919-2006)***
デンマーク・コペンハーゲン生まれ。王立美術学校の後、1952年に自身のスタジオを設立。
タピオ・ヴィルカラなど時代を代表するデザイナーとコラボしていた「ローゼンタール・スタジオ・ライン」の為の製品をビヨンに依頼。
以降、ローゼンタールで50年にわたり陶磁器のデザイン。


Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供のように・・・▲咼茱鵝Ε凜ンブラッド

2015-11-06 23:17:01 | アンティークディーラーのお勉強
前回の岡本太郎とピカソの話を書きましたが、なんとなーくピカソって昔の人って感じがしませんか?

翻って岡本太郎は最近の人、というか。


最近、個人的に感じている指向性の似た、童心を意識したアーティストに、ビヨン・ヴィンブラッドがいます。


***ビヨン・ヴィンブラッド(1919-2006)***
デンマーク・コペンハーゲン生まれ。王立美術学校の後、1952年に自身のスタジオを設立。
タピオ・ヴィルカラなど時代を代表するデザイナーとコラボしていた「ローゼンタール・スタジオ・ライン」の為の製品をビヨンに依頼。
以降、ローゼンタールで50年にわたり陶磁器のデザイン。


デンマークと言えばいろいろなデザイナーの名前が浮かびますが、デンマークの国民的アーティスト、デンマークの岡本太郎的芸術家と言えば、このビヨン・ヴィンブラッドと言えるでしょう。

実は、このヴィンブラッドも結構古い人なのですねー、ピカソなどと同じで・・・。

でも、やっぱりピカソが一番年長者という事なので、やっぱり直接的であれ間接的であれ影響は受けているのかもしれません。

数年前の雑誌資料の中から探し出しました、彼の作品群♪







「アラビアン・ナイト」を愛したように、ビヨンの創り出す世界は、お伽噺のように温かく、なおかつ異国情緒がある。
絵本のような素朴さ。純粋な想像力。

ディズニーの世界に通じるものを感じさせるところが、ファンを惹きつけて止まない魅力なのでしょう。




Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供のように・・・ .團ソと岡本太郎

2015-11-05 20:02:12 | アンティークディーラーのお勉強
****お知らせ*****

コージーアンティークのサイとはこちらから。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

岡本太郎。

日本で知ってる芸術家を尋ねたらきっと知名度ナンバー1なのではないでしょうか。

しかしながら、「芸術は爆発だ」のコマーシャル(TDKだったかな?)だったり、あのランドマーク「太陽の塔」を記憶している世代はわたしたちがギリギリかなぁ。(←今でもありますよぉ!!)

彼の作品の好き嫌いは個々人の趣向によりますが、「唯一無二」のスタイルに異議を唱える人はかなり少ないかと思います。


表面的にはわりあいキワモノ的な部分がクローズアップされる彼にしても、彼の著作では真面目に哲学などが訥々と語られており、真摯に取り組んだ表現方法が一般人の指向とはたまたまちょっと異なっていただけなのでしょう。

現代美術の作家、村上隆の著作も何冊か読みましたが、ある種の結果を出して成功していると見なされている方たちは、その根底に深い哲学やポリシー、戦略・目標を持っていることがわかります。

決して偶然だとかあてずっぽうではない。


一方、同様に「唯一無二」の作風としてとらえられている芸術家の代表格にピカソがいます。

ピカソは、ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られていますが、この二人に共通しているのが、抽象美術運動やシュルレアリスム運動との交流ということでしょうか。そして共にフランスで過ごしています。


この二人、岡本太郎(1911-1996)とパブロ・ピカソ(1881-1973)の作風に近いモノを感じるのは、同時期に近しい環境に生き、影響を受けたからだと思います。

スペイン南部のマラガで生まれ、バルセロナやパリへと移り住んだピカソというと、抽象的な絵画作品が有名ですが、実はかなりの期間(1947年〜1954年)には、南フランスのヴァロリスにて作陶活動をしていました。


最近、「ピカソの陶芸」という本(というか作品集)を読みました。







この中では、時代順に、異なる作風やモチーフを扱った興味深い陶芸作品が多く掲載されています。



そして、彼の名言からいくつか興味深いものを見つけました。

ラファエルのように描くのには4年かかるが、子供のように描くには人生を費やさなければ。
It took me four years to paint like Raphael, but lifetimeto paint like a child.

存在するすべての数は限りがあり、とりわけ幸福もそうだ。
Everything exists in limited quantity-especially happiness.

見たとおりに描くのではなく、考えている通りに描く。
I paint objects as I think them, not as I see them.

明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけ
Only put off until tomorrow what you are willing to die having left undone.

芸術は悲しみと苦しみの産物。
Art is the son of sadness and suffering.





ピカソの陶芸

ピカソの陶芸作品が多く掲載されている資料としては貴重なものです。
興味を持たれた方は参照してみては。。。


Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャン・プルーヴェ/シャルロット・ペリアン/ル・コルビュジエ/ピエール・ジャンヌレ

2015-11-03 14:51:48 | 販売
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

文化の日。


今日はポカポカの陽だまりでお昼寝には絶好の気候かな。

昨日のシトシト降る肌寒い雨の一日が嘘のよう。


一段と寒さを増した数日前あたりから愛犬(老犬)の調子が突然悪くなり、歩けなくなり、立てなくなり、食欲がなくなり。。。

心配でしたが昨夜あたりからちょっと小康状態といった感じ。

ガンバレ、と祈る毎日です。。。



さて、「クリスティーズ」といえば、サザビーズと並んで有名なオークション業界の老舗の一角。

そんなクリスティーズでは、ロンドンやニューヨークなどいろいろな地域で様々なオークションを開催しています。

取扱い品目もアートからワイン、時計・宝飾品、楽器、家具など様々で、特集を組んでオークションを行っており、そのカタログも充実しており写真集といっても遜色ないほど。


さて、こちらは、人気のフランス系建築家・デザイナーを特集したクリスティーズ・オークションのカタログ(221p、ソフトカバー)で、以下のビッグネーム4名の作品で構成されたオークションになり、ご存知の方も多いでしょう。

Jean Prouve ジャン・プルーヴェ (Apr.8,1901 - Mar.23,1984)
Charlotte Perriand シャルロット・ペリアン (Oct.24,1903 - Oct.27,1999)
Le Corbusier ル・コルビュジエ (Oct.6,1887 - Aug.27,1999)
Pierre Jeanneret ピエール・ジャンヌレ (Mar.2,1896 – Dec.4,1967)

これらの巨匠クラスになると各々のデザインがある意味、「古典」のような扱いとなり、現在でも正規復刻品やリプロなども販売されていますし、ムムム・・・と首を捻るものも流通しているようですが、こちらのカタログはいずれも本物(当時のヴィンテージ品)となりますので、ページをめくるだけで楽しめるのではないでしょうか。家具・照明などが中心ですが非常にレアなアイテムも掲載されています。


また、一般的な書籍と異なる点としては、説明やコンディションの表記に加え、

〕萠髻焚甬遒僚衢者)
展覧会等での展示経歴
参考文献

などが付加されています。


また、アイテムごとに実寸のサイズが表記されていますので、もしこれから購入しようかな・・・と検討中の方には非常に参考になる情報かと思います。
(実は、様々な現行品の中には当時のサイズと異なるものも散見します)





いろいろと取扱いがございますので、お気軽にお問合せください。




Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○○の秋

2015-11-01 23:10:32 | 修理
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

この時期になると決まって話題になるのが、「○○の秋」。


いつもいつも決まった話題ではありますが、季節を大切にする日本の美意識の一端でしょうか(笑)

食欲の秋、読書の秋。

それぞれの秋があるのでしょうが、芸術の秋。。。




現在、ちょっと風変わりな展覧会が開催中。

東京にお住いの方はいかがでしょうか。


アーブル美術館大々贋作展@PARCO MUSEUM パルコミュージアム 渋谷パルコ パート1 / 3F

こちらの展覧会は、変な先入観なしで見た方が楽しめるかもしれません。


アーブル美術館大々贋作展

会場:PARCO MUSEUM パルコミュージアム 渋谷パルコ パート1 / 3F

期間:2015/10/30 (金) −2015/11/16 (月) 10:00〜21:00
※初日・最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで

入場料:一般500円・学生400円・小学生以下無料



展覧会でじっくり実寸大の作品を楽しむのは醍醐味の一つですが、なかなか足を運べなかったり、時間が・・・という方には、
自宅でじっくり楽しむという手も!

過去の展覧会の作品図録のページをゆーっくり繰るのも良いかも。


<図録紹介>


エルミタージュ美術館展 1977 @国立西洋美術館


東山魁夷展 1981 @東京国立近代美術館


高橋誠一郎コレクション展 名作に見る浮世絵師の系譜


西洋の美術 その空間表現の流れ 1987@国立西洋美術館

いろいろと取扱いがございますので、お気軽にお問合せください。




Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見立てと茶道具

2015-10-31 15:17:21 | 北欧陶磁器ガラス
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

おとなが今さら声を大にしていうことでもありませんが、世の中の価格は需要と供給で決まります。

賃金でも原油価格でも当てはまります。

では、アンティークや骨董といった古物の場合はどうか?

当然、当てはまります。

ただ、声を大にして言いたいことは、「安いモノ=粗悪」ということではない、ということ。


古物の売買を業としている者から言わせると、「これは安いなぁー、買い!」とか「これはちょっと高いでしょー」とか直感的に思います。

いわゆるお得感(割安に感じる)があるか割高感があるか。


勿論、需要と供給のバランスで決まっているのですから、文句を言う筋合いはない。

必然ですが、日本国内では日本の品(所謂、和モノ)の大多数が割安だと感じます。

それも驚くような・・・。

着物なんて普通に仕立てるとなると高いんだろうにねぇ(←詳細は不明だが)




こういう仕事をしているからか、今まで知らなかった事に興味が出てきています。

好奇心旺盛なのでしょうか。

人生楽しまなくっちゃ損だよー、という軽い感覚ではありますが♪



「茶道」「香道」「華道」「文楽(浄瑠璃)」「短歌」・・・世の中には(わたしの)知らない事だらけですが、
それぞれの分野でファンがいるんですものね・・・・。


さて、こちらは茶道にて用いる水差しや棗という茶入れの道具。

元来、「これこそ水差しでございます」といった、当初の目的に沿って製作されたものもありますし、陶磁器やガラスといった素材の多様性もあります。

一方、あっ、これは水差しにいいかも!

といった、「後付け」の解釈によって、本来の目的ではない使い方をすることもあります。

陶器製のピッチャーを花生けに使う、とか。。。

「見立て」という言葉を使います。


女性を中心に多くのファンをもつルーシー・リー。

彼女の小作品に合わせて、蓋を新たにあつらえて、茶道具として見立てて実用に供する、ということもあります。

今はお茶をやってないけれど、お茶道具が好きで・・・とコレクションされている方(特に女性)も。


朝鮮や唐物を崇拝していた時期や国焼(和モノ)に人気が移ったり、時代によって対象が変遷したようですが、
足利時代くらいから将軍や大名などを中心にそういった道具が収集され、それぞれの自慢の逸品を持ち寄っては、
うん蓄を語りながら集う飲み会(笑)が開かれていたことが有名なので、そういう日本人のDNAが脈々と引き継がれているのかもしれません。


こちらはガラスの水指。



とっても手が細かい。

たぶん、後見立てでしょう。


こちらはアールヌーボーの花瓶。







蓋をつけると水差しに。。。



これも見立ての一例です。



蒔絵の棗(なつめ)。









蒔絵モノは海外の方にも人気が非常に高いです。


落ち着いた佇まいの京焼の水指。



織部の水指も。



これぞ本流です。


こちらは1930年代のアールデコ時期のガラスの花瓶。



さくらんぼの柄がかわいらしい花瓶ですが、蓋をつけて水差しとして見立ててみましょう♪



1930s Art Deco Weil Barolac社製 A FROSTED PIECE flower vase made by Joseph Inwald for Weil barolac glass company.


いろいろと取扱いがございますので、お気軽にお問合せください。




Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP

2015-10-27 20:47:26 | アンティークディーラーのお勉強
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

ちょっと真面目な話をしてみましょう。

ブログ本来の趣旨からは外れるかもしれませんが。。。




今月初めにTPP交渉が大筋でまとまったとの報道がありました。

これまで関税のかかっていた輸入品の価格が下がることが予想され、(一部、お米などは輸入による供給増加分を国内から政府が買取して価格を維持するようですが)消費者のわたしたちには恩恵があるようです。

弊社取扱いの輸入アンティークなどでも材質や品目などにより、異なる税率の関税(プラスして輸入消費税もだが)を支払う訳ですが、これらはきっと対象外なんでしょうね〜。この隙間産業には圧力団体たるものは存在しません(笑)



デフレ脱却と経済成長を命題に過ごしてきました。

ドル円は20%以上円安が進行。

消費増税。

そして、2%成長を目標に、(一応大義名分として)デフレ脱却を目的とした日銀による2度の異次元緩和が行われたわけですが、結果ほとんど物価は上がらず、ターゲット時期を延期。


TPP ⇒ 物価下落要因
異次元緩和 ⇒ 物価上昇要因&円安誘導要因


ここで忘れてならないのが、日本の膨大で気が遠くなりそうな国債発行残高。

国にとって金利の上昇と(過度な)物価上昇は死活問題。

インフレにより金利が上昇することで、国債の利払いが滞り、ギリシャのような危機が起こらないとも言えません。



個人的な話で恐縮ですが、TPPで想い出されるのが、今から20数年前のこと。

当時、日本車バッシングなどで、日本の車を叩き壊すシーンが報道されていました。

インターナショナル・ビジネスという講座を担当していたブッシュ博士という白ヒゲをもうもうとたくわえた先生の話。

事あるごとにその当時すでに実施が決まっていたNAFTA(North America Free Trade Agrrement:カナダ・アメリカ・メキシコで結ばれた貿易協定)のことをナ〜フタ〜などとワクワクしながら話していました。


結果、現在はどうなったか。

アメリカに最大限の利益がもたらされました。

GDPも成長。ダウも上昇。

一方、活躍の場を求めてメキシコや中南米などからの膨大な数の不法移民が増加し、1100万以上いるとされています。

格差が広がり、農業やサービス業などではこういった人材なしでは立ち行かなくなっている。

平均賃金は下げ止まり。

なし崩し的に不法移民に対する権利が広がる。



はてさて日本丸は何処へ向かおうとしているのかな?

要は、どんなことにも良い面と悪い面が共存しているという事ですなぁ。。。



Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blue Note Jazz Festival in Japan SEP 27, 2015 Yokohama

2015-10-05 12:39:27 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

コージーアンティークの住所・電話番号が変更しました。
詳しくは下記リンクから。。。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**************************************************************************************************************

大江戸骨董市に出展し、CDを販売していた女性のディーラーさんとお話をしました。

骨董品に混じってジャズのCDが並んでいたのを見たのをきっかけに話をしてみたところ、セシル・テイラーやロスコー・ミッチェル(アート・アンサンブル・シカゴ)などフリー・ジャズが好きなことが判明♪

おとなになった私は、今でこそオーネット・コールマンやフリー期のコルトレーンの良さがなんとなーくわかってきましたが、その女性ディーラーはホンマもんのようでした♪

ちょっとチャレンジして4枚ほど購入してみました(笑)


先月末に横浜赤レンガ倉庫にて行われた【Blue Note Jazz Festival in Japan SEP 27, 2015 Yokohama】へ行ってきました。

お目当ては何といってもパット・メセニーです!




学生の時分から何度となくライブへ足を運んでいましたが、やはり最高。

予算の関係で、2万円以上もする良い席には行けませんでしたが、早朝から準備を整え、PAの真裏の席へ。。。



スタートアップの曲は「Have You Haeard?」。

30年前は「Phase Dance」が定番でしたが。。。


今回、メセニーはこのライブの為だけに来日、ということでしたがベースとドラムスはメンバーを引き連れてきましたね〜贅沢。

アイバニーズのシグネチャー・モデルを使用している現在、もはや歯ブラシのついたES−175を見ることはできません。。。



ドラムスは、初めて見るダン・ゴットリーブ!!

優しそうなおじさんに変貌。


むかーし、ジャケ写でした見たことがありませんでしたが、さすがに老けてます(笑)

まあ54年生まれのパットももう60才オーバー。

カッコよすぎる!!!

ちなみに、彼はECMレーベルにて、グループとしての初のアルバム「Pat Metheny Group」を発表してからの第一期のメンバーで、ピアノはライル・メイズ、ベースはマーク・イーガンでした。



昔からの愛機のローランドのギターシンセも健在。

ECMでは有名なエバーハルト・ウェバーへのオマージュの曲を演奏していました。

大作ですね。



最後に「Are You Going With Me?」もトランペットを意識したギターシンセで、バリバリのソロを演奏していました。



こうして午後のオープニング・アクトを務めたメセニーのステージが終わり、しばらく時間をおいて登場した話題のロバート・グラスパー Robert Glasperのトリオ。

この中で何と、サプライズが!!!

メセニーが飛び入り参加し、ロバート・グラスパーのトリオとセッション!!!



フレディ・ハバードの美しい曲を演奏していましたが、抒情的なロバート・グラスパーは本物ですね!!!


当日のセット・リスト

.魯屐Ε罅次Ε蓮璽 Have You Heard? from 「Letter from Home」
▲献Дぅ爛 James from 「OFFRAMP」
エバーハルト・ウェバーへのオマージュの曲 Hommage
ぅ薀好函Ε肇譽ぅ鵝Ε曄璽 Last Train Home from 「Still Life」
ゥ侫 璽好函Ε機璽ル First Circle from 「First Circle」
Ε愁鵐亜Ε侫ー・ビルバオ Song For Bilbao from 「Travels」
Г弔い討るかい Are You Going With Me? from「Pat Metheny Group」


ロバート・グラスパーのトリオとセッション
.螢肇襦Ε汽鵐侫薀錙 Little Sunflower from Freddie Hubbard「Backlash」



最高にリフレッシュした一日でした!

すみません、個人的な備忘録の為の内容になってしまいました。。。


Copyright 2006-2015 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加