コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

海外輸出向け陶器と薩摩焼 横浜薩摩~保土田太吉

2017-05-19 23:48:49 | 日本陶磁器ガラス


前回に引き続き、薩摩焼。


こちらは「横浜サツマ」と呼ばれる花瓶で『羅漢図』モチーフの金彩仕上げ。

白もん(白薩摩)のもつ魅力があふれた作品で、乳白色(白に近いクリ-ム色)の生地に、きめ細かな貫入が入り、金彩などで丁寧な文様装飾を施した、繊細で豪華な白もんと呼ばれる「白薩摩」です。

底の部分には、『島津』の紋、『大日本』『薩摩』『保土田』の文言があります。

*****保土田太吉*****
本金を使い、丁寧に仕上げた「横浜サツマ」を手掛け、当時の外国では日本の風俗のモチーフによる装飾の評判が高かった。
保土田太吉(1868生)は、神奈川県下橘樹郡に生まれ、15歳で横浜に来る。
22歳で陶磁器業に転じた。明治26年(1893)住吉町に開店。
同36年境町一丁目に移った。主に薩摩焼に長じ素地は薩摩陶工十二代沈寿官より仕入れた。





もし『薩摩焼』に興味を持たれた方は、こちらもご覧になっては如何でしょうか?

NHK 鑑賞マニュアル 『美の壺』:file304 「表情多彩 薩摩焼」


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外輸出向け陶器と薩摩焼

2017-05-17 22:43:05 | アンティークディーラーのお勉強
文献調査の為、国会図書館へ出かけた際、国会周辺の警備がかなり増強されていた気がします。

何も起きなければそれはそれでよいのですが、警備されている方はご苦労さまです。

それにしても、図書館では海外文献なども用意されているのでありがたい。




さて、薩摩焼というと何を想像されるでしょうか?

『薩摩』というくらいだから、鹿児島の焼き物だろう、と思われる方が大勢でしょう。



慶長三年(1598年)、豊臣秀吉の二度目の朝鮮出征(慶長の役)の帰国の際に連行された多くの朝鮮人技術者の中にいた、初代の沈 当吉をはじめとする朝鮮人陶工達が、陶器の原料を薩摩の山野に求め、やがて薩摩の国名を冠した美しい焼物「薩摩焼」を造り出したと伝えられています。

江戸時代、薩摩藩主であった島津家が朝鮮人陶工達を手厚くもてなし、沈家は代々、薩摩藩焼物製造細工人としての家系をたどるのですが、三代 陶一は、藩主より陶一の名を賜わり、幕末期には天才と言われる十二代 壽官(沈寿官)を輩出しました。

幕末期の藩営焼物工場の工長であった十二代 壽官は、薩摩藩財政改革の中で薩摩焼の振興に多大なる貢献を果たし、日本陶磁器の代名詞としての
薩摩焼を世界に知らしめる功績を果たしたのです。

1873年:ウィーン万博に六フィート(約180cm)の大花瓶一対を含む作品群を発表し、絶賛を浴びる。
1893年:アメリカ合衆国シカゴ・コロンブス万博にて銅賞を獲得。
1900年:パリ万博にて銅賞。
1903年:ハノイ東洋諸国博覧会において金賞。
1904年:セントルイス万博にて銀賞を受賞。

この時期、ジャポニズムのブームもあり、また外貨獲得の手段として大変人気のあった日本工芸品(九谷焼や伊万里焼、そして薩摩焼などが代表的)の
多数が欧米へ輸出されるようになり、一大輸出産業の一角を担うことになりました。

ちょうどこの時期は海外でのアールヌーボーの時期とも重なり、ガラス工芸作家のガレの作品などでもジャポニズムの影響を如実に感じられる作品もあります。


大正2(1913)『大日本窯業協会雑誌』明治年間に於ける製陶業の変遷、および、明治45(1912)7月『大日本窯業協会雑誌』によると、京都で製作された陶磁器としては、内地(国内)向け陶器生産高は、輸出向け陶器生産高の28%とあり、圧倒的に海外向けが多かったとあります。

薩摩焼は、「白もん」と呼ばれる豪華絢爛な色絵錦手と「黒もん」と呼ばれる大衆向けの雑器に分類されますが、京風の軟陶の上絵金彩の白もん、いわゆる「色絵錦蘭手」が、外国では一般的に「サツマ」「SATSUMA」と呼ばれていました。

隙間なく全体に装飾を施すなど、花鳥、羅漢図、人物、風俗(武士、芸者)、風景など日本的で且つ華やかなモチーフの細密画による高品質なものが高い評価を得る一方で、粗悪品(偽物)も多く作られたため、評価の低いものもありました。

また、薩摩焼というと鹿児島で焼いていたと思われるかもしれませんが、鹿児島はもちろん、大半は東京、横浜、神戸、京都、大阪など輸出に関連深い地域にて製作され、錦光山や藪明山などの世界的に評価を得るものも輩出しました。


大きな流れとしては、

①薩摩の陶工:薩摩の地元の土を使った素体を製作し、絵付け及び輸出の拠点となる各地域へ移送。
②各地域の陶工:『錦光山』のような絵付師集団は、素体を鹿児島から取り寄せ、絵付けから完成形へ。
③各地域:輸出拠点の有力貿易商人が輸出。例:(横浜から輸出)円中孫平(1830~1910)、綿野吉二(1859~1934)など。

となります。

その後、同じような金襴手のデザインが飽きられてしまい、大正末期から昭和初期にかけてほぼ廃れてしまいました。


*****京薩摩*****
「京薩摩」と呼ばれる金襴手薩摩に似た輸出向けの陶器は評判を呼び、
その生産量は明治9~13(1876~1880)年頃ピークに達している。

・錦光山は絵付師集団で素体は鹿児島から取り寄せる。
・京薩摩を手掛けた錦光山宗兵衛(七代1868~1928)のほか、高橋道八(四代1845~1897)、
清風与平(三代1851~1914)などが活躍。

***** 横浜絵付*****
明治42(1909)年発行『横浜成功名誉鑑』
陶磁器美術品商として綿野吉二と宮川香山(1842~1916)が掲載。

田代市朗次(生没年不詳):陶磁器製造及び売込業
井村彦次郎(生没年不詳):陶磁器絵付
井村商店(横浜絵付で最古)
嶋田惣兵衛
小西虎次郎

*****保土田太吉*****
本金を使い、丁寧に仕上げた「横浜サツマ」を手掛け、当時の外国では日本の風俗のモチーフによる装飾の評判が高かった。
保土田太吉(1868生)は、神奈川県下橘樹郡に生まれ、15歳で横浜に来る。
22歳で陶磁器業に転じた。明治26年(1893)住吉町に開店。
同36年境町一丁目に移った。主に薩摩焼に長じ素地は薩摩陶工十二代沈寿官より仕入れた。

***** 東京絵付*****
服部杏圃(生没年不詳)の絵付師が東京窯業(浅草・安称院)~
河原徳立(かわはらのりたつ)が磁器製造所(政府支援の絵付け工房で、付属陶磁器製造所と呼ぶ)を受けつぎ、
瓢地園(窯)を設立。その後、名古屋へ移る。(未装飾状態の)素体を各地(有田や瀬戸)などから取り寄せ。
展覧会などの出品用作品作成の際は、宮川香山による素体も取り寄せ。

*****東京 芝 藪明山*****
初代 藪明山は嘉永6年(1853)、画家藪長栄の次男として大坂で生まれる。
明治13年東京に出て陶画を学ぶ。
この頃の東京には陶博園という東京サツマで綿密絵付の工房があり、成瀬誠志を中核とした名工集団の影響を強く受けた初期作品も。

*****大阪堂島 工房 藪明山*****
輸出者 横浜 海岸通り サムライ商会

<参考>
『大日本窯業協会雑誌』
『大日本明治の美 横浜焼 東京焼 田邊哲人』
『SATSUMA』
『近代陶磁の至宝:オールドノリタケの歴史と背景 by 井谷善恵』
『Meiji Ceramics : The art of Japanese Export Porcelain and Satsuma ware 1868-1912 by Gisela Jahn』





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩合光昭写真展「ねこの京都」

2017-05-15 22:23:49 | アンティークディーラーの日常
先週末のニュースでコンピュータ・ウィルス(暗号化型ランサムウェア)の被害の模様が報道されていましたが、とうとう国内でも発見されたようです。

北朝鮮のミサイルも怖いですが、仕事のみならずPCの使用が不可欠の方も多いかと思うので、こちらはより切実な問題かと。

まあ、感染経路はメールとWebサイトへのアクセスなので、ネットに接続することなく両方ともしない方は影響ないかと思いますが、そんな方は皆無でしょう(笑)

WindowsのSMBというサービスの脆弱性を狙われた問題なのですが、まずはWindows Updateなどのパッチを当てておくのは必要ですね。
修正プログラムがまとまると結構なサイズになるので、更新プログラムを適用するのにはまとまった時間も必要です。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-010 - 緊急
Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム (4013389)
公開日: 2017 年 3 月 15 日


また、最悪の事態を考えて、PCのイメージ・バックアップの作成がお勧め。




さて、日本橋三越で開催の写真展へ行ってきました!

岩合光昭さん。

ご存知の方も多いでしょう。



「ねこの京都」 巡回一覧
2017年
5月3日(水)~ 5月15日(月) 日本橋三越本店
5月18日(木)~ 6月4日(日) ジェイアール京都伊勢丹 美術館「えき」KYOTO
8月2日(水)~ 8月14日(月) 札幌三越
8月9日(水)~ 8月21日(月) そごう横浜店



動物写真家の岩合光昭さんが1年以上をかけて京都のねこを撮影したもので、ねこを通して見た京都を「春」「夏」「秋」「冬」の四季を表現。


表情や動き、ストーリーや構図も感動的!

そして癒しも!



写真展の最終日だったのですが、なんとか間に合ったようです♪

写真集がいろいろと出版されていますので、興味のある方は如何でしょうか!



そんな一日でした。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

或る日の宿坊・・・文化財編

2017-05-13 15:55:24 | アンティークディーラーの日常

宿坊のつづき。

鎌倉時代に創建されたというふるーいお寺。

3つある禅宗のひとつ、臨済宗のお寺でした。



お寺へ向かう途中の立て看板に、冬場は道を上るのが修行になるそう。

夏場でも麓と10度くらい温度差があるらしく、冬場は2メートルの雪に閉ざされるようです。



さて、そんな山深い天空のお寺にもお宝がいろいろ。




仏教、、、といえば仏教美術。

その代表格が仏像ですが。



古美術骨董の業界の業者さんは、総称してこの手のものを『ぶつ』と呼んでます。

ちょっと怪しいがカッコいい。

『件のぶつ入ったの?』とは違います、悪しからず(笑)




ちなみにわたしは、この『ぶつ』を取り扱ったことはありません・・・。




非常に凛々しいお姿。







そして、珍しい木彫の閻魔大王が勢揃い。



いずれも江戸初期のものだそうで、400年近く経過している模様。

表面の塗装の劣化以外にも部分的に欠損したりしていたりする。




当たり前ですが、お寺に保存?されているこうした仏像などは信仰の対象であり、美術品としての扱いを受けていないためか、ガラスケースに入れられるわけでもなく、普通に手を伸ばせば触れてしまうところが、ちょっと心配なのだが。。。




閻魔(えんま)は仏教、ヒンドゥー教などでの地獄、冥界の主。冥界の王として死者の生前の罪を裁く神。日本の仏教においては地蔵菩薩の化身とみなされ同一視されている。~以上、Wikipediaより。


仏教は深いです。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

或る日の宿坊

2017-05-12 23:14:54 | アンティークディーラーの日常
ここ数日、初夏を思わせる気候続きの東京。

いやぁ、このちょっと汗ばむ感じが良い♪


さて、先日、秩父にある宿坊に行ってきました。

宿坊体験は以前にもありますが、今回も満喫しました。

オマケに、人生初のSLにも乗車でき、久しぶりにテンションが上がりました!!


子供のころより乗り物、とりわけ鉄道好き。

小学校に入学した当初より、『漢字がよくできる子』と担任に褒められたのが嬉しかった。

『時刻表』勉強法?で知らず知らずのうちに覚えていたようです(笑)

その後は、いわゆる『乗り鉄』『撮り鉄』『模型鉄』などで高校入学頃まで続きましたね~。


最近でも鉄オタはメディアに取り上げられることもありますが、新幹線を含めて新型車両が目白押し。

なんかグッときません。

国鉄時代は良かった。。。♪


今回乗ったC58-363というSL。

昭和19年製です。

音が良い!

匂いも良い!

五感を駆使して満足!

操縦室?のなかも外も配管やらパネルやらで、こりゃ男心をくすぐる。







そして、宿坊へ。

最寄りの駅からバスを経て、渓流沿いの車のほとんど通らない山道の永遠と続く上り道を2時間半ほど。


途中には、天然イワナの釣り場。

マイナスイオン満点の森林浴の効果。

天然の『酸素カプセル』サロンですね。




一応、プリントアウトした地図を見ながらも、本当にあってるのか???

と不安に駆られながらも登っていく。


途中の山道は携帯もwifiも不可エリア。

そして、汗だくになりながらも天空のお寺に到着~。






写真左端に見えるのがお寺。







到着にまず写経。

その後、読経、説法と続きます。



お寺の敷地の真ん前の景色。この景色を眺めながらの露天風呂がありました。





運動量が半端なかったので、美味しい精進料理もお替り♪


翌日も座禅したりいろいろ散策。



携帯電話やインターネットも繋がらない。

テレビも無し。

ラジオも無し。

聞こえるのは鳥のさえずりと渓流の流れる音だけ。


いいね!


吉幾三の歌詞にあったが・・・今の時代、ある意味贅沢♪





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春が来た♪

2017-04-06 14:17:14 | アンティークディーラーの日常
毎朝のランニングで植物園のすぐわきを走る際の定点観測。

2月上旬ごろから梅の花を眺めながら、桜はもうちょっと・・・

と、気持ちを整える。


そして、さ・く・ら。

日本人で良かった、と実感するひととき。


一昨日、お花見に出かけた際、割と年配(60代???)の比率の多い、お花見に出会いました。

なぜかわからんが、微笑ましい。

というか混じりたい衝動(笑)

かけて・・・


みなさま、お花見の際の飲みすぎにはご注意を!



樹齢数百年の枝垂桜(しだれざくら)を下から望む。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊藤悌三の水彩ペン画

2017-04-01 23:37:18 | アート



伊藤悌三
1907年-1998年 東京生まれ。
東京美術学校卒業。
元光風会会員。帝文展に入選。岡田賞、佐分賞受賞。岡田三郎助に師事。
こよなくスペインを愛した画家としても知られる。
若い頃は抑えた色調の風景がを描き、晩年は裸婦や薔薇などの色鮮やかな作品を描いた。
生命にみちあふれる、美の頂点にある若い女性の美しさを追求しつづけた。
美術年鑑物故欄掲載(評価:号18万円)



ご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木製アトリエスツールとチークのトレイなど

2017-03-11 16:46:20 | 販売
東日本大震災3.11から今日で6年。

ものすごく前の出来事のような気がする。

現地では地域間格差も出てきてるんでしょうね。

福島第一原発の「廃炉」に関しても、技術的な課題も多そうで、期間が30-40年。

費用も当初見積りより大幅に増えて巨額になってきました。

実際は、正確な見積もりは誰も出せなさそうです。

わたしの年齢からすると廃炉の完了を見届けることは到底できないと思います。

これは風化させてはいけませんね。。。



さて、こちらは木製品。



いわゆるスツールです。

アトリエ・スツールっていうとちょっとかっこいい???(腰掛よりは・・・笑)

この使用感がたまりませんね。



そしてこちらはチーク無垢材のトレイで、タイ製です。

いつごろのものでしょうか?

20-30年くらい前???

昔の北欧ヴィンテージのものでは、東南アジアから木材(チーク)を輸入して現地で製作し、それを輸出していたようですが、今では原材料の産地のより近いところ、もしくは販売地の近いところで分散して製作している例が多いですね。

現在でも人気のある、有名ブランドの○○なんかも、じ・つ・は・日本製だったりします。





ご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウエスティング・ハウス エンジニア雑誌

2017-03-03 16:17:26 | 販売
先日、アメリカ・トランプ大統領の議会演説『President Donald Trump Address to Congress』が生中継されていました。

スピーチの技術は目を見張りましたね・・・内容に関しては是々非々あると思うんですけど。

まあ、『バイ・アメリカン ハイヤー・アメリカン』もよいでしょうね。

我らが安倍総理も『バイ・マイ・アベノミクス』って言ってましたし(笑)

約9年ほど前のブログでトランプがホストを務めていたテレビ番組のことについて書いたのですが、その当時、まさかのちに大統領になるなどとは夢にも思いませんでした(笑う)


『アメリカ・ファースト』と声高に叫ぶトランプ大統領にしても、イギリスのメイ首相も同じ。

今後はオランダ、フランス、ドイツと選挙が続きます。

グローバリズムからナショナリズムへの流れが続くのでしょうか。

わかりませんが。。。




さて、国内に目を移しますと東芝のニュースがいろいろ出ていますね。

こちらは、東芝関連の有名な会社ウエスティング・ハウスの古い雑誌です。











もはや専門家じゃないと意味不明???のような論文のような内容か。

ご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の気配・・・

2017-03-02 22:51:13 | 販売
前回のブログから早1ヵ月。

さぼり癖というわけではないのだが、2月第三週は、PCと格闘しておりました。

少し前にメモリを追加してデュアルチャネルにし、サクサク動いていた矢先の出来事。


いろいろな修復の手立てを試すも頻繁に発生するエラー取れない。

イベントログを参照してエラー特定を試みたのだが、小手先の対処は後の不具合を誘発するか???

ということで最終的にマイクロソフトのサイトにあった最新のパッチの入ったWindows10をクリーンインストールすることに・・・ああ~時間損したぁ。。。


サボりの言い訳ではないのだが、というわけで、皆様もイメージバックアップをしっかりと取っておきましょう!!




さて3月に入り暖かく感じられるようになり、汗ばむ陽気も。


2週間ほど前からパタリと見かけなくなってしまった小学校前で声掛けしている登校時のおじさん。

ランニングの際に毎朝顔を合わせて挨拶するのが日課だったので、急に見なくなってしまい寂しい日々を送っておりましたところ、一昨日より復帰!!

事情を聴いてみると海外へ行っていたそう・・・心配していたので、元気そうな顔を見てこちらも元気をもらいました♪



さて、いくつかご紹介。



イタリア・ムラノのミルフィオリのガラスオブジェ。

フクロウのモチーフは万国共通で人気ですネ。



こちらは以前のブログでもにもご紹介したスチューベンのガラスのオブジェ。



そしてこちらは、オードブルなどをピックするときに用いる貴石を組み合わせたもの。


ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコとの別れ

2017-01-31 14:42:30 | アンティークディーラーの日常

今まで何度かブログでも取り上げてきた、我が家の高齢のワンコが、今月10日に亡くなった。

なんとか新年のお正月を迎えられたものの年明けから異常な激やせと食欲不振でもうダメかと思っていた矢先のことだった。

過去にも、もうダメかなと思ったときは数回あったが、なんとか乗り越えてきた。

が、今回は明らかに最後のような気がしたし、今夜あたりが峠かな・・・という予想はズバリ当たってしまった。


亡くなる前日からほぼつきっきりでそばにいられたことがせもてもの救いだったかもしれない。


人間の葬祭場の横に建てられたペット専用の火葬施設でのお別れ。

享年17歳と2か月。

頑張ってくれました。

おつかれさまでした。


号泣。。。


あれから数週間が経ち、ちょっと元気がでてきました。

そんなひと月でした。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

2017-01-02 16:26:38 | アンティークディーラーの日常


明けましておめでとうございます!

本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


実は、昨日酔っ払いのつどい?のようなものがあり、我が家は、ワン、ワン、ニャン、ワン、ニャン、と"人口密度VSけもの密度" が拮抗しそうな、岩合光昭さん(←めちゃくちゃ有名な写真家)の世界感が繰り広げられておりまして・・・♫


前回に続き、新年早々からワンニャンの画像なんかをアップした場合、さぞかしアクセス数がアップするのでは???

と想像に難くないのですが、理性で止めておきます(笑)

それでは、皆さま良いお正月を!


*****12月31日~1月4日まではお休みとなります。
お問合せの返信・商品の発送につきましては、新年5日より随時対応致しますので予めご了承下さい。






コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2017 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年もありがとうございました!

2016-12-30 18:14:44 | アンティークディーラーの日常
本年のブログ最終回となりました。

今年ももう終わりか・・・と感傷に浸りながら、気分を変えて、やや照明落とし気味のタリーズでこのブログを書いています。


本年もご愛顧いただきまして本当にありがとうございました!!



今年はちょっとサボリ気味だったかなぁ・・・という自覚があるので、確認してみたところ今回含めて、今年は55回。

平均すると、かろうじて週一ペースは維持、というレベル。

商品の紹介や連載形式にしたものもあり、内容的には・・・反省しきりです。




皆さまは、一年を振り返る際に何かを基準にされるでしょう。

仕事?プライベート?旅行?


我が家では、今年の夏場のオリンピック終盤頃より長老の愛犬の体調が思わしくなく、激ヤセ。

病院への通院頻度も増え、今年いっぱいもつだろうか・・・という懸念を抱きつつの介護生活でした。


朝のジョギングは、2度目の冬を迎えており、寒いながらも愉しみ&リフレッシュの一環となっています。

最近ではコースのバリエーションを3つ持っていて、朝の気分(&起きた時間)によって使い分けています。

ただ、ペットとの生活やジョギングは、ルーティーンとして毎日が現在進行形の為、あまり変化に気づきにくい。



結果的に、古いモノの売買を通した今年の取扱商品の振り返り。

このブログにて紹介している品は、取り扱った品の一部。


不思議なもので仕入れてすぐに旅立ってしまった商売的に”優等生”的な品よりも、なかなか売れなかった”劣等生”的な品の方が記憶に残ります。

この”優等生””劣等生”と商品自体の優劣や価格はあまり関連は無く、タイミング的な要素もあるのですが、”出来の悪い子ほどかわいい”というのは本当かもしれません(笑)



そして読書本のリスト。

今年も多くの本を読みましたが、読んだ後には日付とタイトル・著者の他に、読後の感想を簡単にまとめてあります。

興味のある分野の本を短期間で固め読みするほうなので、『あぁー、この時期は〇〇に興味があったのか・・・』などと振り返るのが楽しみ。






さて、最後に、我が家の愛猫(名:にゃんこ)に登場してもらいましょう♪



今年の初頭に買ったマルチカラーの首輪がちょっと古びてきました。


彼は何事にも慎重(というか臆病)なところがある反面、新しいモノに対しては興味深々。

最近では、資料のコピーやスキャンをしている際に、そばに寄ってきては、動く赤いランプをじーっと目で追っています。

獲物を追うような気分なのかも。。。





新年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

皆さまにおかれましては、良いお正月をお過ごしくださいませ。

*****12月31日~1月4日まではお休みとなります。
お問合せの返信・商品の発送につきましては、新年5日より随時対応致しますので予めご了承下さい。






コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小林斗盦(こばやし・とあん)と小林松僊(こばやし・しょうせん)

2016-12-28 23:57:39 | アンティークディーラーのお勉強


先週のとある平日の良く晴れた日。

チケットを頂いていた関係もあり、会期終了間際でしたが、やっと東京国立博物館に行くことが出来ました。

生誕百年記念 小林斗盦 篆刻の軌跡 ―印の世界と中国書画コレクション―



実は、不勉強なわたしは、小林斗盦(こばやしとあん)という名前はおろか、どのような方なのかも存じておりませんでした(恥)

興味のある方は、ウィキペディアなどで検索してもらったらよいのですが、書道家・篆刻家と紹介されています。

書道家については何を今さらと叱られてしまいそうなので、いう事は無いのですが、そのあとの『篆刻家』という言葉(職業)を聞いたことのある方は、本ブログ読者の中には少ないのではないでしょうか。

篆刻家については、ウィキペディアで調べてみますと以下の様な解説が見つかります。

篆刻(てんこく)とは、印章を作成する行為である。中国を起源としており、主に篆書を印文に彫ることから篆刻というが、その他の書体や図章の場合もある。また金属(銅・金など)を鋳造して印章を作成する場合も篆刻という。その鋳型に彫刻を要するからである。書と彫刻が結合した工芸美術としての側面が強く、特に文人の余技としての行為を指す。現代でも中国・日本を中心に篆刻を趣味とする人は多い。

この中で重要な『篆書を印文に彫る』という部分。

篆書にもいくつかの種類があり、簡単にいうと通常のデジタル・デバイスに搭載されているフォントの種類のようなものです。

そして、この小林斗盦はこと篆刻における大家でした。


普通ですと(30代後半~50代前半程度の読者を想定してます)興味ないですよね・・・フフフ。

展示には過去の代表的な作品はもとより、先生自身が収集した価値ある作品や寄贈された作品、先生が生前愛用していたもろもろの品などが展示されており、中でも著名人の為に依頼を受けて製作した作品の展示もありました。

その中には経済界の超大物や歴代総理経験者などの印もありました。


実は、この篆刻というものを目にする機会は非常に多くて、日本画や書、陶磁器などを含めた工芸一般などではほぼ例外なくこの篆刻を目にします。

日本人、というアイデンティティを持っているという自負はありつつも、読めない日本語が多すぎる・・・という忸怩たる思いを常々抱いているわたし。

外国人のお客様と接する機会は多いので、説明を求められた際も不明な点は仕方がなく『わからない・・・』と返答。

『えーっ、だって日本人でしょ???』との返しに、その場は笑ってなんとか収まるものの、後に残るもどかしさ。


最近は、なんとなーく、霧が晴れてきたというか、アウトラインが掴めてきたような感じ。

さて、来年は少しは成長するのでしょうか。



余談ですが、今回の展覧会の入場者の年齢層。

過去にいったどの展覧会よりも年齢層が高かったような気がします。

もう50歳に手が届いているとはいえ、年配の方々との話題には事欠かない気がする今日この頃です(笑)


さて、『小林』つながり、という訳ではないのですが、お正月にも最適の掛軸をご紹介。



小林松僊の富士山を題材にした日本画です。

小林 松僊(こばやし・しょうせん)

明治10年愛知県熱田に生れる。
始めは服部石仙(奥村石蘭 岸竹堂の門下)に四條派の画法を学ぶが、後に東京に出て川合玉堂に師事し、また京都の竹内栖鳳にも学んで、雀の絵に長じて名手と称された。また晩年は減筆法を用いて軽妙な画風を顕わして好評を博した。戦時中は岐阜県に疎開し昭和21年中津川で没した。享年 70才。




興味のある方は、お気軽にお問合せくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今さら聞けない国宝のこと

2016-12-17 16:03:19 | 修理
昨日も寒かった。。。

肌を刺すような寒さ。

寒さには弱いのだが、師走のこの何とも言えない空気感は好き(笑)




さて、先月末まで東京国立博物館で「禅~心をかたちに」と銘された特別展が開催されていました。

行かれた方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、すごい人出でしたねぇ・・・人気の程が伺えます。


三禅宗である臨済宗・曹洞宗・黄檗宗(おうばく)やその周辺の文化関連の作品が多数展示されていました。

掛けモノ、彫刻、焼き物などなど。

展覧会では、通常準備されている出品目録という一覧表を見ながら展示を巡りますが、その一覧の作品ごとに【指定】という欄があります。

そこには、ちょいちょい耳にする国宝だとか重要文化財などという区分けが記載されている訳です。






本日は、そのあたりの堅めのお話。。。


まず、指定(もしくは認定)の根拠となる法律関係を時系列に並べます。

<関連する法律>
1950年以前:旧法(古社寺保存法、国宝保存法)において、国が「国宝」(旧国宝)を指定。
         旧法(重要美術品等ノ保存ニ関スル法律)。日本国外への古美術品の流出防止を主目的とした認定制度。
***文化財保護法施行以前の旧法では「国宝」と「重要文化財」の区別はなく、国指定の有形文化財(美術工芸品および建造物)はすべて「国宝」。

1950年:新法(文化財保護法)施行。旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」は廃止。
     国が指定した有形文化財を「重要文化財」。
***旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」によって認定された物件については、文化財保護法施行後も、
同法附則の規定に基づき、当分の間その認定効力を保つこととされている。
***重要美術品の認定が取消される要件
(1)重要美術品等認定物件が重要文化財に「格上げ」指定された場合
(2)重要美術品等認定物件の海外輸出が許可された場合
***旧法(古社寺保存法、国宝保存法)における「国宝」(旧国宝)と新法(文化財保護法)における「重要文化財」は国が指定した有形文化財という点で同等のもの。

1996年:文化財保護法改正。文化財登録制度が設立。主に建造物が対象。
2004年:文化財保護法改正。建造物以外の有形文化財も登録対象となり美術品が登録される。
2008年現在、旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」による認定の効力を有する物件は、6千数百件と推定。



ここから耳にすることの多い指定の中身の話。

大きく有形と無形に分けられますが、有形に絞って話を進めましょう。

①国宝(文部科学省):文化財保護法によって国が指定した有形文化財(重要文化財)のうち、世界文化の見地から価値の高いもので
たぐいない国民の宝たるものであると国(文部科学大臣)が指定したもの

建造物 223件(282棟)(2016年2月9日指定分まで)
美術工芸品 878件(2016年8月17日指定分まで)
(以下内訳)
絵画 160件
彫刻 131件
工芸品 253件
書跡・典籍 225件
古文書 60件
考古資料 46件
歴史資料 3件


こちらは大変有名な油滴天目茶碗(中国南宋時代12-13世紀 大阪市立一律東洋陶磁美術館所蔵)です。年明け2017年4月11日から開催される特別展『茶の湯』@東京国立博物館 平成館でも展示予定。


②重要(有形)文化財(文部科学省):通称、重文。日本に所在する建造物、美術工芸品、考古資料、歴史資料等の有形文化財のうち、歴史上・芸術上の
価値の高いもの、または学術的に価値の高いものとして文化財保護法に基づき、国(文部科学大臣)が指定した文化財。

③登録(有形)文化財(文部科学省):1996年の文化財保護法改正により創設された文化財登録制度に基づき、
文化財登録原簿に登録された有形文化財のことである。
登録対象は当初は建造物に限られていたが、2004年の文化財保護法改正により建造物以外の有形文化財も登録対象となっている。

④登録美術品(文化庁):登録美術品制度とは,重要文化財や国宝,その他,世界的に優れた美術品を国が登録し,登録した美術品を美術館において公開するものです。
また,登録美術品は,相続が発生した場合,他の美術品とは異なり,国債や不動産などと同じ順位で物納することが可能となります。個人などが申請可能。

⑤重要美術品:通称、重美。重要美術品(じゅうようびじゅつひん)は、文化財保護法施行以前、旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」に基づき
法律に基づいて認定され、官報に告示された物件を「重要美術品等認定物件」または「重要美術品」と称し、略して「重美」と称している。

その他にも、民族文化に関連したものもあります。

⑥重要(有形)民俗文化財(文部科学省)
⑦登録(有形)民俗文化財(文部科学省)



はじめに、大きく有形と無形に分けられます・・・と書きましたが、無形(作品としての形が無い)の文化財。

たとえば、正式には重要無形文化財と呼ばれる区分け、これがいわゆる「人間国宝」という事になります。

これはご存知の方は多いでしょうね。

ある作家個人が「人間国宝」に指定されますと、必然的に過去に当該作家が製作した作品類は一気に評価が高まるかも・・・フフフ。

至極当然ですが、人間国宝の作品=国宝・重文、ではありませんのであしからず。。。


さて、実際に決められる手順(手続き)としては、文化庁にて設置される文化審議会(現・宮田亮平 会長)により開催される同審議会文化財分科会の審議・議決により、文部科学大臣に答申されて決定されます。

ちなみに本年3月に答申された内容もプレスリリースされていますので、いつでも閲覧可能です。
(結果:4件の美術工芸品を国宝に、46件の美術工芸品を重要文化財に指定)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2016031101.pdf

文化審議会を構成する委員(任期1年)の名簿も公開されています。えっ、あの人も???
という発見もあるかも!
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/about/meibo.html



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加