コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

油彩作品の修理:その4

2016-11-24 20:18:49 | 修理
11月下旬とは、まさかの雪模様の東京。。。

このような気象は半世紀以上ぶりだそうです。

気象のみならずですが、今年はいろいろと想定外のことが起こりますなぁ・・・。


雨や曇りに比べ雪は大好きなので、基本的には歓迎したいところ。

あとは、こころとからだの準備だけ!




さて、修理へ戻りましょう。

前回までの額縁(フレーム)部分から油彩本体へ移ります。

この油彩のコンディションをどのように説明したら良いのか迷いますが、率直に申して「手で触れたくないほど汚らしい」といった外観上の問題。



お洒落で落ち着いた雰囲気のあるパリの近郊の風景画でしょうか。

川の流れ、停泊された船、川沿いを散歩する人々。



茶色系の色彩が目に飛び込み、一見、夕暮れ間際、ゆったりとした時の流れを感じる黄昏の風景か?



いやいや、これは汚れ・・・?

劣化?

額縁からキャンバスを外すと、周りの額縁に覆われていた部分と外部と接していた部分との境界線の差が一目瞭然。







汚れかもしれませんし、ヤケかもしれないけれど、通常作品の最後の仕上げ段階で表面に塗布するマット・バーニッシュ(艶消し保護ニス)のようなものが経年劣化した状態かもしれない。

きっと上記の3つが複合的に絡んでいるのかもしれないし、きっと濃厚な線ですなぁ。。。



一体、どのような環境で年月を過ごすとこのようになるのだろうか・・・といったことは、この際気にしてもあまり意味はないのだが。。。

あくまでも対処療法で措置することに。



ここからは、じっくり手間暇かけての地味~な作業に入ります。

まあ、基本的にはPH7.0の中性に近い(刺激の少ない)あたりの材料から段々強めの材料を使用するクリーニング。

わたしの好きなベテランのアンティーク・ディーラーの著作(といっても1940年代の著作で、今現在生きていたらものすごいご長寿さん・・・)を参考にしつつ、作業開始。




つづく。。。
(実際のこのあたりの作業は、パラリンピックあたりに行っていたのだ。)



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<民藝>土人形・練人形・泥人形・張り子人形

2016-11-15 16:11:52 | 販売
先週は、アメリカの次期大統領選挙でもちきりの一週間でしたねー。

わたしは、開票が伝わってきた当日は一日中外出していたのですが、予想外の結果にビックリ。

来年からは、アメリカの空港に到着し、入国審査を受けるまでの通路でwelcomeのバナーは、件のトランプさんになるのかと思うと、ちょっと不思議な感覚。



<民藝>
日常的に使われる工芸品のこと。
元は民衆的工芸の略。

古い物を取り扱っていると民芸の変遷を目にすることになります。

変遷・・・つまり移り変わりとなるので、永続的に製作されたり人気(需要)が保たれたり、ということが困難な現実を目の当たりにある訳です。

北海道の木彫りの熊の置物(特に大きいサイズのモノ)などは各地の名士にとっては、ステータス・シンボルだったかもしれませんし、
いわゆるブームもあってか各地の特色を取り込んだこけしなどは、多くの家庭にあったと思います。もちろん、我が家も例外ではありませんでした。

しかーし、流行りというものはあるのでしょうか、いつの間にか多くの家庭から消えてしまいました。

一方、人形という切り口で見てみると、民芸とは対極にある人形群もあります。

江戸時代においては、当時宮廷や公家、門跡寺院といった高貴な人々の間で愛されたところから明治時代になって「御所人形」という名称で
呼ばれるようになった人形群。

その流れにある五月人形や雛人形などは、今では広く家庭に広まっていて、これらが将来的に廃れる、ということは考えにくいと思われます。
(というか、これが廃れるようでは、日本はまずい。。。)

ですから、民藝に属するものの方が(前の世代から次の世代に対して伝世する)生き残るのが難しいと思われます。

さて、熊の人形やこけしよりさらに古くに作られた民芸の人形があります。

土人形や練り人形・泥人形・張り子人形などと呼ばれ、素材や製法が異なるのですが、
日本の各地域で、江戸時代から明治・大正あたりまで多くがつくられました。

飯岡人形:(千葉県海上郡飯岡町)明治30年頃~
犬山人形:(愛知県犬山市)1804(文化年間)-
今戸人形:江戸中期~明治大正に衰退
久米人形:(岡山県久米郡)
鴻巣人形:(埼玉県鴻巣市)1772-
相良人形:(山形県米沢市)1772-
芝原人形:(千葉県長生郡芝原)明治~
下小菅人形:(山形県米沢)
立ケ花人形:(長野県)
棚尾人形:(愛知県碧南市)
帖佐人形:(鹿児島県姶良町)
堤人形:(宮城県仙台市堤町)1668-
鶴岡人形:(山形県鶴岡市)1830-
長浜人形:(島根県浜田市長浜町)
伏見人形:土人形
松江人形:(島根県松江市)泥人形
水原人形:(新潟県水原町)幕末~土人形

ざっと調べてみても、まだまだありそうです。(上記間違いがあるかもしれませんがご了承下さい)





しかし、その人形の素材などの特性や扱われ方(日常に密着した子供による遊ばれ方)などにより、多くが消えることとなり、たとえ残っていても
コンディション的に難ありのものが多いのです。

個人的には、素朴な造形など結構見るべきものが多いと思います・・・最近でいうと、秋葉原などで人気のフィギュアなどに通じる、人形の流れなのでしょうか・・・。

こうしてみると、ある程度の数が集まると壮観ですなぁ・・・地域も時代もバラバラなのですが(笑)







コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油彩作品の修理:その3

2016-10-29 16:41:42 | 修理
この季節になるとスポーツのオンとオフが入れ替わる時期ですね。

アメリカの大リーグでもワールドシリーズで現在クリーブランドとシカゴが争っていて、バスケもいよいよスタート。

わたしの応援しているチームは既に負けてしまったのですが、まあ、インディアンズでもカブスでも地域的に近いので・・・どちらもガンバレ!!

ちなみに、シカゴ近辺に行く際にはいつもほぼ決まって訪れる街があり、イリノイ州やインディアナ州、オハイオ州、ケンタッキー州を巡りるのですが、なぜか、オハイオ州でもクリーブランドへは行ったことがない。。。

なので、一応カブスを応援しています♪


こうした中継を聞きながらも、現在進行中のサービスをスタートするプロジェクトの為、プログラミングに没頭。

phpのロジックあたりのバグ取はほぼ終わって、現在は、SQLのチューニングやらUIの改善やらといったところです。

年内間に合うか???




さて、修理へ戻りましょう。

下塗り→乾燥→下塗り→乾燥を繰り返して、ゴールド系(銅やブロンズ色、シルバー系など)を何種類か調合して色合わせ&塗り重ねてゆきます。

もちろん、何度か乾燥をはさんで厚塗りしてゆきますので時間がかかる。















一応、こんな感じになりました。

ちらほら見えるクラックは、敢えてそのままにすることにしました。



つづく。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油彩作品の修理:その2

2016-10-28 22:12:35 | 修理
額縁の部分に目立つ小さい洞穴のような隙間。

どうしてこのようになるのか・・・まあコンクリートだって四半世紀もすれば劣化するでしょうし、煉瓦積みの壁も崩れることもあるでしょう。

まあ、原因を追求するのもなんですので、対処療法を施すことに。

まず、直径数ミリ程度から20ミリ弱ほど、深さもそれなりの隙間については、埋めることにします。

使用するのは、下地材。

しろーいバリウムをもうちょっと粘らせたような・・・通常、用意したばかりのピッカピカの新品キャンバスに対峙して、いざ絵を描こう!という前に施す下地作りに用いるもので、画材屋さんで入手可能。

さて、これをどのようにして埋めていくか。

隙間の大きさからして、ナイフやパテといった画材ではなく、ちょうど手元にあったテルモのシリンジを使用することに。

シリンジは、要は、注射器の様な形状のもので、我が家の老犬に薬剤(水薬)などを直接経口投与する際に使用するため、動物病院から支給されたものを二次利用することに。

余談ですが、我が家の老犬・・・元気を取り戻しつつあります。

というか現状維持ですが。。。


このシリンジは、多方面でおおいに有効活用できそうな優れもの。

流石に医療用具だけあって、クオリティーが違いますね。。。

実際の作業はというと、容量の異なるシリンジを駆使して、下地材をチューっと吸い込み、隙間に流し込んでゆきます。

地味な作業ですが、奥の方からしっかり詰めてゆきます。

そして、乾燥の為放置すること3日程度。

完全に乾燥したことを確認したのち、その上から下塗り様にゴールドを塗ってゆきます。



ここでは、下塗りを2度繰り返す前提で、ゴールドを修復個所にのみ一律に塗ってゆきます。



そして、また乾燥の為、1日放置。

これを繰り返す。

うーん、地味だけど楽しいひととき(笑)

つづく。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油彩作品の修理:その1

2016-10-22 16:02:49 | 修理
久しぶりの修復。

過去には、家具や照明、そして思い出深いピンボール(アーケード・ゲーム機)の修復の様子を掲載したことがありました。

まあ、古いものを扱うの当たって、クリーニングなどは全品目が対象となるわけですし、その何割かは程度の差こそあれ、修復の対象となったりするわけです。

ですので、すべての作業をブログに書くことは到底無理。




今回もブログに掲載する予定で作業していた訳ではないので、画像は少なめですので悪しからず。


大きく分けて油彩作品の額縁(フレーム)の修復と油彩の描かれたキャンバスの修復の二本立て。

まず作品の海外作家を少々調査して、同じ作家の作品を検索してみました。

作品自体の作風やモチーフ、下絵などを見つけられましたので、作品自体に間違いはなさそうです。

ただ、海外で掲載されている作品を見ると、それらの額縁(年代が明らかに若い)と今回取り扱う額縁の時代がかなり異なるということ。

ですので、3通り考えられるのですが、一つは、海外の例が正しく、作品と額縁の年代が合致している。とりもなおさず、このことは、わたしが手にしている作品の場合、作品(キャンバス)自体の年代よりずっと古い時代の額縁が合わせられている。

もう一つが、作品が制作された年代よりかなり後になって新しい額縁に合わせられたというもの。この場合、わたしの手にしている作品と額縁の時代が合っている、ということになります。

そして、最後が海外の作品と手元にある作品のどちらも正しくない(作品と額縁の時代が合っていない)ということも考えられます(笑)



さて、作業方針を確認して開始します。

基本的なスタンスとしては、味わい深いアンティークの良さをできる限り維持した上で、最低限の美観を保てるような修復(保存に近い?)を施すこと、としました。

家具の修復でも当てはまりますが、部分的な修復、特に結構な割合が修復対象であった場合、部分的に作業するより全体的にまとめて作業したほうが、結果的に効率が良い場合があります。

ただし、この場合、せっかくの味わい(古色)が全て失われてしまい、ピッカピカのフル・レストア状態となってしまいます。


ですので、今回はあくまでも、できる限りの古色を残す方向で。。。

途中72~96時間程度の乾燥工程などをはさみながら、全く別の仕事や用事をこなしつつ、といった進め方でしたので、延べ1か月弱ほどかかりました(笑)


まず、フレーム。

外側には、年代モノとすぐにわかる木目の美しいオーク材が張られていますが、この部分はほとんど痛みがないので、最終盤に木製家具用のオイルを塗布する程度で良い、という状態。

その内側にある手の込んだ、多彩なモチーフが織り込まれている額縁らしい部分が大変そう。

トンボやら花やらいろいろなモチーフが見て取れます。

そして、それらが現代の樹脂などではなく、当時の石膏?のような軟質の素材で製作されており、いたるところにひび割れ発見。

まあ、ひび割れは良いとして、部分的にあたり傷によるカケや萎縮?による空洞が。

どのような環境にて時が経過するとこのような状態になるのかは不明なのですが・・・。

この辺りを中心に作業を進めることにしました。

必要であれば新しい素材をオリジナルと同じ形に削り出していくことも考えていましたので、修復に際しては、アンティークの知識だけでなく、木工技術、クリーニング塗装の際の薬品知識などいろいろ必要になってくる、ということですね(汗)



こちらは、完成系の画像です。

つづく。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八世尾形乾山、山本如仙(じょせん)の作品

2016-10-17 22:23:08 | 日本陶磁器ガラス
このブログの読者の中にはデザインがお好きな方もいっらしゃるかと思うのですが、日本のデザイン、特に日本におけるグラフィックの分野を切り開いたといってもよい「琳派」。

今でこそ装飾美術(デコラティブ・アート)という言葉は、世界中で用いられていますが、そんな装飾美術=デザインの開拓者である、ミスター琳派こと尾形光琳。

名前のみならず作品にも、どこかで見たことがあるのではないかと思います。

尾形光琳は、後代に「琳派」と呼ばれる装飾的大画面を得意とした画派を生み出した始祖であり、江戸時代中期を代表する画家のひとりで、かれの実弟の尾形乾山(こちらもビッグネーム)の作った陶器に光琳が絵付けをするなど、その制作活動は多岐にわたっています。


本日は、この尾形乾山の流れを汲む、八世尾形乾山、山本如仙(じょせん)の作品。





八世乾山 山本如仙(じょせん) 角皿 尾形乾山写し 色絵十二ヵ月歌絵皿 12月 在銘 共箱
21.2cm(W) X 21.0cm(D) X 3.7cm(H)

***ちなみに、こちらは既に売却済ですのであしからず。

この山本如仙は、初代尾形乾山の流れの中でもかなりの実力者で、初代の作品の写しも忠実に制作しています。

歴代の乾山の流れの中にはいろいろな方がいて、ブログの読者の中には比較的なじみがあると思われる6代目尾形乾山ことバーナード・リーチ(1887-1979:1909年に来日)などは技術力はさておき、かなり作風は異なり、どちらかというと民芸寄りに傾倒していました。


さて、上記の色絵十二ヵ月歌絵皿の初代作のオリジナルは、1月~12月までの異なる図柄による12枚組。

上記とはサイズも異なります。(こちらはMOA美術館で所蔵中)





1970年に出版された古めの資料からですが、ほぼひとまわり小さい16.8cm X 16.8cmとありますね。

そして、裏には掻き名あり。

元禄15年製だそうです。


山本如仙(1916(大正5年)生まれ):本名「山本喜市」。浅野紫仙の師。愛知県犬山市出身。八世尾形乾山と称す。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諸行無常

2016-10-03 12:04:10 | アンティークディーラーの日常


8月中旬の猛暑の残る頃より、16歳♂の愛犬の様子が一変。

もはや散歩どころではなく、食事や水飲みに際して、自らの体重を支えることにも支障が。

そして白内障の悪化による角膜の損傷。

飽くなき食への欲求だけは取柄だったのが、最近では完食したり残したり。


通常3か月おきの経過観察的通院のスケジュールを前倒しで、急遽、予約し受診。

体重も前回7月下旬に比べ約9%減。



東大動物病院へ向かう構内の足元をふと見てみる。

歴史ある銀杏並木の根本付近には新たな息吹。


諸行無常を感じるこの季節。。。






コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月もおわり・・・

2016-09-30 16:48:15 | アンティークディーラーの日常


9月も今日でおわり。。。

毎年思うことですが、この時期は物悲しい。

理由は、とりわけ夏が大好きだからにほかなりませんが・・・



そういったちょっとおセンチな気分を忘れさせてくれるようにいろいろな出来事があるわけです。

上記は、9月の第1週の週末に有楽町の東京国際フォーラムで開かれたTokyo Jazzという毎年開催されているジャズフェス。

銀座にもほど近い都心のど真ん中・・・といった雰囲気ではないですねぇ。屋外ステージでの北欧?あたりのピアノトリオの風景。

もちろん、わたしのお目当てはPat MethenyのベースとのDuoで大満喫してきました!!



パラリンピックも終わり、慌ただしい月でしたが、個人的に気になった両さんの最終回。


家族にも公開していない秘蔵の「死ぬまでにやりたいこと」リストの中には、しっかりと「こち亀全巻読破」が含まれております(笑)


「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」はながーい間、週刊少年ジャンプに連載されてきました。

そしてジャンプと小学生の時分は密接にリンクしていて、当時を思い返すと、理由はわからないのですが、なぜかジャンプにのみ熱中。

他のサンデーやチャンピオン、マガジンといった連載にはあまり興味を示さなかった記憶があります。

不思議。


そして、普段は決して開けることのない、記憶の引き出しの奥深くから湧きだしてくるようなほろ苦い想い出。

ブログでは決して書けませんのであしからず。



1970年代の週刊少年ジャンプの表紙を画像検索してみたら、当時の記憶の蘇ってきました!!

包丁人味平、東大一直線、サーキットの狼、ドーベルマン刑事・・・すごい。。。

みなさまも是非トライしてみては?





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館

2016-09-18 08:37:18 | アンティークディーラーのお勉強
ユネスコ第40回世界遺産委員会は7月17日、フランス政府が日本を含む7か国と共同で推薦していた「ル・コルビュジエの建築作品」につき、世界文化遺産への登録を決定。

構成資産は、国立西洋美術館を含む7か国17作品で、正式名称は「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」。

国境をまたいだ世界遺産(トランス・バウンダリー・サイト)としては日本では初登録、大陸をまたいだ世界遺産(トランス・コンチネンタル・サイト)としては世界で初登録となった。

国立西洋美術館は、ル・コルビュジエが設計した国内唯一の建造物ということで、価値が世界で認められているわけですね。


ということで、あちらこちらに世界遺産関連の垂れ幕のかかる上野へ。


目的は、そう。

以前から行きたかったポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館。



フランスを代表する近現代美術のコレクションを誇るポンピドゥー・センター。
今回は、その膨大なコレクションの中から、1906年から1977年までのタイムラインを、1年に1作品ずつ展示するという企画。

単一のアーティストの作品にフォーカスした、過去何度となく開かれている一般的な展覧会プログラムとは、かなり異なる趣です。

その作品の中には、ビッグネームのマルク・シャガール、ピカソ、アンリ・マティスをはじめ、日本では特に人気の高いマリー・ローランサンなどが含まれる一方、
個人的興味の高い作品も多数ありました。

前衛芸術マルセル・デュシャン。

巨匠コンスタンティン・ブランクーシ、アルベルト・ジャコメッティなどの彫刻・オブジェ

カディンスキーの抽象油彩
クリストのオブジェ
ジャン・プルーヴェのリクライニング・チェア
アレキサンダーカルダーの大作のモビール
ル・コルビュビエの初期の油彩

また、年代によっては、ビデオ作品やミクストメディア(コラージュ)などもあり、技法もさまざま。

個人的には、日本ではまだまだ知られていない作家の作品に興味深いものをいくつも見つけることができました!




芸術というと「非日常」の最たるものですが、その本物の中に身を委ねていると、不思議な時間感覚を覚えます。

こうした展覧会ではよく事前に展示作品がピックアップされて紹介されているのですが、正直実際の作品に対峙した際の驚きは生半可ではありません。

平面的な2次元画像からは想像もつかない圧倒的に大きなサイズの作品(特に油彩など)に、筆圧さえ感じさせられるような厚塗り技法だったりリズムやエネルギー。

図録やポストカードなどでは、その作品が本来持つ価値の1%も伝わってこないのではと思いますね。

CDとライブ以上の違いがあるかと思うほど・・・。

会期も残り僅かですので、是非、この機会にいかがでしょうか。

ポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館
9月22日まで

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツのフリースランド(Friesland)の陶器:ティーポット&ウォーマー

2016-09-11 13:37:01 | 北欧陶磁器ガラス
今年は台風が多いなぁー、と思っていたら、今週末、あちこちで秋祭り。

皆さん、早朝からお神輿やら屋台の準備やらで大忙し。

ご苦労様です。



もう夏も終わりか・・・と思うと物悲しいこの季節。

そういや、去年も一昨年も同じこと書いてるかな、もしかして・・・。

老眼に加えて物忘れ。

お年寄りはおんなじこと何度も話すしなぁ・・・


近頃はメモ帳大活躍(笑)





さて、こちらは、ドイツのフリースランド(Friesland)の陶器。

最初に手に取ったときに、なぜか親近感を覚えたのは、その仕上がりがアメリカのヒース・セラミックを思わせる感じだからかもしれません。

デザインもそうですが、技法ですね、より近いのは。


ティーポット&ウォーマーのセットなのですが、ウォーマーには簡易用燃料(小さい蝋燭など)を用いて、温度維持をするもので、チーズフォンデュのようなセットと同様です。

ティーポットも割と大き目で3~4人分くらいはサーブできそうです。

他にも面白そうな使い方ができそうですね・・・お酒???(笑)

メリタ社 Melittaの子会社ブランド、メリタ陶器が、1980年からブランド名をFriesland/フリースランドに改名し、メリタ社から独立。






極美品です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建築ミュージアム/小石川分館常設展示 「建築博物誌/アーキテクトニカ」(ARCHITECTONICA)

2016-08-28 09:58:26 | 販売
オリンピックが熱気のあとは、台風が頻発。

夏祭りも終わり、なんだか秋の気配です。


我が家の16歳の老犬は、ここ最近足腰の筋力がめっきり衰え、日常生活のすべてにおいて支障をきたすようになり、お散歩どころではなくなり。

なんだか切ない毎日。



さて、日課のジョギングで必ず通りかかる場所があります。

訪問は2度目でしたが、前回と比べて随分と展示内容が変更されていました。


真夏のとある一日でしたが、博物館として使用されている建物は、東京大学に現存する最古の教育用建物で、明治初期の木造疑洋建築の貴重な歴史遺産だそうなので、ゆったりとした時間を感じられる、不思議な空間となっています。(何度か移築されているそうです)


基本的に、自然科学系の展示がメインだったのですが、「空間標本」という位置づけの建築模型などが増えていました。

国内・国外を問わず、著名な建築家の作品が立体の模型で見られるので、なかなか興味深い。

フランク・ロイドライトの名建築など、外観写真や設計図面で見たことがあっても、特徴的な地形を生かした建築物を立体的に屋根から見る機会は普通無いので、驚きもあったりします。


建築デザインなどがお好きな方にはお勧めです。

残暑厳しい折、ちょっとした避暑に隣接する小石川植物園の散策と合わせていかがでしょうか♪





建築ミュージアム/小石川分館常設展示
「建築博物誌/アーキテクトニカ」(ARCHITECTONICA)


開館日:事前にご確認ください
入場: 無料





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISAMU NOGUCHI イサムノグチのAKARI

2016-08-19 15:03:00 | イサム・ノグチ / ジョージ・ナカシマ
以前にもハーマンミラー製のテーブルをご紹介しましたが、世界的に著名な彫刻家、イサム・ノグチの照明(AKARI)です。

イサム・ノグチについては、高松市にイサム・ノグチ庭園美術館のほか、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドにもThe Noguchi Museumがありますので、すでに訪ねられた方もいらっしゃるかもしれません。

1951年、日本に戻り古くから提灯製造で知られた岐阜の市長の招きにより訪れ、初めてAKARIランタンをデザインしました。あえてブログの読者に説明は不要かと思いますが、海外では「AKARI(明かり)は日本語のイルミネーション(照明)を意味する言葉」と紹介されています。

52年には丹下健三氏の招きによる広島の平和記念公園でのモニュメントのデザインや晩年の北大路魯山人との交流など興味深い関わりも多いですね。



こちらは、ヤマギワ取り扱い以前のちょっと古い1980年代~90年代初頭あたりの(株)オゼキ製作のお品となります。



1950年代を代表するモダン・デザインのアイコンであり、日本の手作業とモダニストのフォームのブレンドととして捉えられています。

今でこそ、「和モダン」などという「お洒落」なキーワードもありますが。。。

まあ、その先駆け的なアイテムが半世紀以上前から存在していたということでしょう(笑)





Akari Light Sculptures by Isamu Noguchi are considered icons of 1950s modern design. Designed by Noguchi beginning in 1951 and handmade for a half century by the original manufacturer in Gifu, Japan, the paper lanterns are a harmonious blend of Japanese handcraft and modernist form.

The lamps are created from handmade washi paper and bamboo ribbing, supported by a metal frame. The lamp accommodates up to a 40 watt bulb (not included)


Recognizing an Original

A genuine Akari model will have a stamped red sun and half moon with Japan written under the symbol on the shade. Next to the symbol will be the signature "I. Noguchi".
The lamps age gracefully due to the quality of the paper.



イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)は、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。


お部屋のアクセントにいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イチゴのかき氷」のようなガラス製の岩田硝子テーブル・ランプ

2016-08-17 13:46:23 | 販売
台風一過の関東地方。

もちろん快晴です。


今朝のランニング時も結構涼しいかなぁ、と思いながら走り出したら、気温がグングン上昇。

もどると、結局いつも通りの汗だくでした。。。



さて、こちらは最近にもご紹介した岩田硝子(岩田家:岩田藤七・岩田久利など)のガラス製のテーブル・ランプです。

先日のランプは青いガラスのランプでしたが、こちらは、ズバリ「イチゴのかき氷」を思わせます!

最近はかき氷専門店ができたり、シェイブ・アイスなんて、お洒落に呼ばれたり。


ただ、私にとっては「藍色の波のしぶきのうえに、赤字で氷の字」の旗こそかき氷!

昭和生まれには、お洒落すぎると落ち着きません・・・(笑)


こちらの工芸ガラスの照明は、大量生産の型ものでは実現できないきめ細やかさと滑らかさがありますね。







お部屋のアクセントにいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿の角の壁掛けオブジェ

2016-08-16 22:15:24 | 販売
大昔の話ですが、アメリカの北西部をドライブ旅行したことがあります。

ユタ州に住んでいたので、その北部に位置するアイダホ州やワイオミング州・モンタナ州あたり。

この辺りは、本当にナショナル・パーク(国立公園)も多く、自然が豊かで広大な大地と野生の動物たちを満喫することができるのですが、たまにお店に立ち寄ると、鹿や熊などの野生動物の剥製などが売られているのをよく見ました。

秋口になり、街のあちらこちらでど派手な蛍光オレンジ色のキャップやベストを見かけると、ああ、もう狩猟解禁シーズンかぁ、と。



さて、こちらは鹿の角の壁掛けオブジェです。


鹿の角を使って、ナイフの柄として加工したり帽子掛けとして、なんて利用法もあるようですが、欧米だと普通に壁掛けが多いでしょう。





お好きな方はいかがでしょうか。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の世界

2016-08-14 20:31:03 | アンティークディーラーの日常
ブログをやっている方ならご存じでしょうが、一定のタイミングで「1年前の記事」のリンク付きのメールが届きます。
日記を書いている方なら年末あたりにその1年を振り返ってみたりすることもあるでしょうが、そうそう頻繁に振り返ることはないでしょう。

そう考えると1年前を振り返るというのは、なかなか自分ではしないことなので、よいきっかけになるものです。

さて、1年前の本ブログ。

やはり夏場にディズニーへ出かけた「真夏の夜の夢」を記録していました。

ディズニー・マジック、などといいますが、まさにマジック。

夢の世界です。

どこをとって夢の世界というかは、実は人それぞれでしょうが、わたし的には、個人的に浸っていたい世界が高密度である感じです。

実にきめ細かく、手抜きがない街並みの風景もそうです。

ディズニーの映画を見ていても感じるのですが、例えば、映画「カーズ」のなかで目を凝らしていると、いたるところで古き良き時代の風景やらモノで溢れています。

製作者は、本当に好きなんだなぁ・・・と思わずにはいられません。

では、なぜそう感じるかといえば、実際にアメリカに行っても、そのようなノスタルジーに浸れる世界は存在しないのです。

そりゃそうです、キューバみたいに特殊な政治事情があれば別ですが、通常ですと、新しいものがどんどんと生まれ、新陳代謝されてゆきます。

結果、ある意味、便利で普通の現代社会となります。


ですから、現実社会と比べてみても夢の世界。






コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加