コージーアンティークの日記

買い付け日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

建築ミュージアム/小石川分館常設展示 「建築博物誌/アーキテクトニカ」(ARCHITECTONICA)

2016-08-28 09:58:26 | 販売
オリンピックが熱気のあとは、台風が頻発。

夏祭りも終わり、なんだか秋の気配です。


我が家の16歳の老犬は、ここ最近足腰の筋力がめっきり衰え、日常生活のすべてにおいて支障をきたすようになり、お散歩どころではなくなり。

なんだか切ない毎日。



さて、日課のジョギングで必ず通りかかる場所があります。

訪問は2度目でしたが、前回と比べて随分と展示内容が変更されていました。


真夏のとある一日でしたが、博物館として使用されている建物は、東京大学に現存する最古の教育用建物で、明治初期の木造疑洋建築の貴重な歴史遺産だそうなので、ゆったりとした時間を感じられる、不思議な空間となっています。(何度か移築されているそうです)


基本的に、自然科学系の展示がメインだったのですが、「空間標本」という位置づけの建築模型などが増えていました。

国内・国外を問わず、著名な建築家の作品が立体の模型で見られるので、なかなか興味深い。

フランク・ロイドライトの名建築など、外観写真や設計図面で見たことがあっても、特徴的な地形を生かした建築物を立体的に屋根から見る機会は普通無いので、驚きもあったりします。


建築デザインなどがお好きな方にはお勧めです。

残暑厳しい折、ちょっとした避暑に隣接する小石川植物園の散策と合わせていかがでしょうか♪





建築ミュージアム/小石川分館常設展示
「建築博物誌/アーキテクトニカ」(ARCHITECTONICA)


開館日:事前にご確認ください
入場: 無料





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISAMU NOGUCHI イサムノグチのAKARI

2016-08-19 15:03:00 | イサム・ノグチ / ジョージ・ナカシマ
以前にもハーマンミラー製のテーブルをご紹介しましたが、世界的に著名な彫刻家、イサム・ノグチの照明(AKARI)です。

イサム・ノグチについては、高松市にイサム・ノグチ庭園美術館のほか、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドにもThe Noguchi Museumがありますので、すでに訪ねられた方もいらっしゃるかもしれません。

1951年、日本に戻り古くから提灯製造で知られた岐阜の市長の招きにより訪れ、初めてAKARIランタンをデザインしました。あえてブログの読者に説明は不要かと思いますが、海外では「AKARI(明かり)は日本語のイルミネーション(照明)を意味する言葉」と紹介されています。

52年には丹下健三氏の招きによる広島の平和記念公園でのモニュメントのデザインや晩年の北大路魯山人との交流など興味深い関わりも多いですね。



こちらは、ヤマギワ取り扱い以前のちょっと古い1980年代~90年代初頭あたりの(株)オゼキ製作のお品となります。



1950年代を代表するモダン・デザインのアイコンであり、日本の手作業とモダニストのフォームのブレンドととして捉えられています。

今でこそ、「和モダン」などという「お洒落」なキーワードもありますが。。。

まあ、その先駆け的なアイテムが半世紀以上前から存在していたということでしょう(笑)





Akari Light Sculptures by Isamu Noguchi are considered icons of 1950s modern design. Designed by Noguchi beginning in 1951 and handmade for a half century by the original manufacturer in Gifu, Japan, the paper lanterns are a harmonious blend of Japanese handcraft and modernist form.

The lamps are created from handmade washi paper and bamboo ribbing, supported by a metal frame. The lamp accommodates up to a 40 watt bulb (not included)


Recognizing an Original

A genuine Akari model will have a stamped red sun and half moon with Japan written under the symbol on the shade. Next to the symbol will be the signature "I. Noguchi".
The lamps age gracefully due to the quality of the paper.



イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)は、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。


お部屋のアクセントにいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イチゴのかき氷」のようなガラス製の岩田硝子テーブル・ランプ

2016-08-17 13:46:23 | 販売
台風一過の関東地方。

もちろん快晴です。


今朝のランニング時も結構涼しいかなぁ、と思いながら走り出したら、気温がグングン上昇。

もどると、結局いつも通りの汗だくでした。。。



さて、こちらは最近にもご紹介した岩田硝子(岩田家:岩田藤七・岩田久利など)のガラス製のテーブル・ランプです。

先日のランプは青いガラスのランプでしたが、こちらは、ズバリ「イチゴのかき氷」を思わせます!

最近はかき氷専門店ができたり、シェイブ・アイスなんて、お洒落に呼ばれたり。


ただ、私にとっては「藍色の波のしぶきのうえに、赤字で氷の字」の旗こそかき氷!

昭和生まれには、お洒落すぎると落ち着きません・・・(笑)


こちらの工芸ガラスの照明は、大量生産の型ものでは実現できないきめ細やかさと滑らかさがありますね。







お部屋のアクセントにいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿の角の壁掛けオブジェ

2016-08-16 22:15:24 | 販売
大昔の話ですが、アメリカの北西部をドライブ旅行したことがあります。

ユタ州に住んでいたので、その北部に位置するアイダホ州やワイオミング州・モンタナ州あたり。

この辺りは、本当にナショナル・パーク(国立公園)も多く、自然が豊かで広大な大地と野生の動物たちを満喫することができるのですが、たまにお店に立ち寄ると、鹿や熊などの野生動物の剥製などが売られているのをよく見ました。

秋口になり、街のあちらこちらでど派手な蛍光オレンジ色のキャップやベストを見かけると、ああ、もう狩猟解禁シーズンかぁ、と。



さて、こちらは鹿の角の壁掛けオブジェです。


鹿の角を使って、ナイフの柄として加工したり帽子掛けとして、なんて利用法もあるようですが、欧米だと普通に壁掛けが多いでしょう。





お好きな方はいかがでしょうか。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の世界

2016-08-14 20:31:03 | アンティークディーラーの日常
ブログをやっている方ならご存じでしょうが、一定のタイミングで「1年前の記事」のリンク付きのメールが届きます。
日記を書いている方なら年末あたりにその1年を振り返ってみたりすることもあるでしょうが、そうそう頻繁に振り返ることはないでしょう。

そう考えると1年前を振り返るというのは、なかなか自分ではしないことなので、よいきっかけになるものです。

さて、1年前の本ブログ。

やはり夏場にディズニーへ出かけた「真夏の夜の夢」を記録していました。

ディズニー・マジック、などといいますが、まさにマジック。

夢の世界です。

どこをとって夢の世界というかは、実は人それぞれでしょうが、わたし的には、個人的に浸っていたい世界が高密度である感じです。

実にきめ細かく、手抜きがない街並みの風景もそうです。

ディズニーの映画を見ていても感じるのですが、例えば、映画「カーズ」のなかで目を凝らしていると、いたるところで古き良き時代の風景やらモノで溢れています。

製作者は、本当に好きなんだなぁ・・・と思わずにはいられません。

では、なぜそう感じるかといえば、実際にアメリカに行っても、そのようなノスタルジーに浸れる世界は存在しないのです。

そりゃそうです、キューバみたいに特殊な政治事情があれば別ですが、通常ですと、新しいものがどんどんと生まれ、新陳代謝されてゆきます。

結果、ある意味、便利で普通の現代社会となります。


ですから、現実社会と比べてみても夢の世界。







コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック・スタジアム 金属製模型 Orig.Miniatur stadium model Olympic Games BEIJING 2008

2016-08-12 22:19:24 | 販売
お盆休みで帰省中の方も多いと思いますが、オリンピックは熱いですね!

寝不足の方も多いのでしょうか。

ついつい目頭が熱くなってしまい、なんどか熱いものが頬をつたって・・・

歳です(笑)



主な競技種目は見ていますが、学生時代にちょっとかじっていたこともあり、個人的にはカヌー・スラロームを熱心に見ていました。

それにしてもよく人工的に設備を作ったものだと・・・かなり落差もあるし♪

これから後半戦ですが、目が離せません!



さて、こちらはオリンピックならではのアイテム。

オリンピック関連というと記念切手や記念硬貨あたりは定番中の定番。

2020年の東京オリンピックを控えていますし、1964年当時の東京オリンピック硬貨などは銀製なので人気急上昇中です。




さて、こちらは、2008年北京オリンピック開催時に限定生産された金属製のスタジアム・モデル。

縮尺1/3200で、約3キロほどの重量感溢れる模型です。

「bird's nest (鳥の巣)」の愛称を冠され、記憶に残っている方も多いかもしれません。

北京オリンピックのメインスタジアムとなる「バードネスト」の形をそのまま縮小し、鳥の巣の周りの訓練用体育館などの施設も再現し、スタジアムの入り口や階段、観客席なども表現。

競技場を覆う鳥の巣のようなドームは取り外し可能で、観客席が現れる仕掛け。




2008 Beijing Olympic Metal Bird's Nest Stadium Model

Original metal stadium model -
scale 1: 3200 , 3 kg , in very good cond.

シリアル番号入り。






お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の青い海を思わせるガラス製の岩田硝子テーブル・ランプ

2016-07-30 13:18:34 | 日本陶磁器ガラス
明日は東京都知事選挙ですね・・・

当日は出かける用事があり、一足早く不在者投票に行ってきたのですが、
生まれて初めて、とある新聞社の「出口調査」というものを受けました(笑)

タブレットを使用した6問程度に答える簡単なものでしたが、ホントに出口調査やってるんだと感動♪

昔であれば、デバイスを持って帰ってからデータのバッチ処理・・・だったのかもしれませんが、今どきはリアルタイムで逐次送信してるのか???

まあ、IoTやらクラウドやらの時代ですから、どんなもんでしょう?




暑い夏の定番・・・

わたしの中では、それはなんといっても海。

青い海・・・

以上(笑)




さて、こちらは夏の青い海を思わせるガラス製のテーブル・ランプです。

本ブログでも何度か登場している、岩田硝子(岩田家:岩田藤七・岩田久利など)のガラス製です。

照明としてはお使いいただくのはもちろん、部屋のアクセントとして置くだけで涼を得られる、という夏にはもってこいのアクセント・ピースだと思います。





お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い夏に目に優しいガラス花器を・・・ 現代ガラス作家 - 清井千夏子

2016-07-29 22:50:52 | 日本陶磁器ガラス
東京でも梅雨が明けたそうです!

夏全開ですね~



わたしの周りでは、夏が好き、という人は少数派。

春とか秋が好き、というのは過ごしやすい気候だからなのか???

暑い夏に大汗をかきながらカレーでも食べたら美味しいと思うのですが。


夏大好きのわたしが最近思うことは、エアコンの温度があまりに低く設定しすぎて、凍える思いをすること。

電車などは定番ですが、映画館も寒かった・・・アパレル系のお店も。


最近は、目的の場所によっては寒さ対策をして出かけることもあるのですが、本末転倒かと思う次第(笑)


さて、こちらは暑い夏に、目に優しいガラスの花器。

海外で「lollipop」と呼ばれるらせん状の渦巻きキャンディーを思わせるフォームです。





清井千夏子
現代ガラス作家@奈良県
東京ガラス工芸研究所
1969年生まれ



お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能作のモダニズムを感じる真鍮製の風鈴

2016-07-21 14:14:40 | 販売
前回につづいて現代モノ。

こちらは、富山県高岡市の鋳物工芸の会社、能作の生型鋳造法による風鈴です。

<以下は株式会社能作のHPから>

生型鋳造とは、熟練の技術を必要とする昔ながらの鋳造方法のこと。

また、素材の美しさを生かすため、職人が一つ一つロクロ仕上げや、鏡面磨きを施しています。
風鈴はほぼ全ての工程が手作業。一つ一つ心を込めておつくりしています。

能作で長く愛されている3種類の風鈴、スリム・オニオン・ホルン。これらの風鈴は、実は最初はハンドベルでした。

高岡の地でながく仏具などを製造していた能作の鋳造技術を用い、真鍮の音色が美しいベルを製作。

しかし、日本人の生活に馴染まないせいか、なかなか売れない日々が続きました。

そんな時、ショップ店員さんのアドバイスにより風鈴にアレンジしたところ、スタイリッシュなデザインと心地よい音色が人気となり、能作を代表する商品となりました。

シンプルなデザインは、どんなシーンににもよく映えます。





いかがでしょうか。

風鈴、と聞いてもにわかには信じがたい洗練されたフォルムです。

南部鉄器のような昔ながらの風鈴や手吹きガラスに金魚をあしらった江戸前の風鈴も風情がありますが、こちらは365日を通して吊っていても違和感を感じさせない、そんなデザイン性のあるアイテムです。



お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田孝夫の漆器のあれこれ・・・ 山中漆器

2016-07-19 22:20:31 | 販売
関西や東海地方では梅雨が明けたそうです。

もしかしてすでに関東も???

と、おもわせるほど暑い。


大好きなきせつ、夏。


我が家のニャンコはそれはそれは暑さにつよく、こんなにのびるものか~とおもうほど

からだをのばし、横向きになって寝ております。

おなかをフローリングの床にくっつけたり・・・エンジンの空冷と同じ仕組みが遺伝的に備わっているようです(笑)



さて、普段はあまりご紹介しない現代モノ。


こちらは山中漆器で有名な石川県加賀市山中温泉で製作されている漆器。

漆器の製作工程は、その専門性により削ったり塗りなどに分業化されていますが、個人的に興味のあるのは、その造形を決定づける「木地師」という作業を受け持つ職人さんです。

初代の嶋田京作さんが明治45年に立ち上げ、その息子さんである浅田孝夫さんは昭和20年ごろから本格的に開始。

現在は社長さんなども代替わりされています。






非常に高品質な職人仕事はいうに及ばずですが、現代においても全く斬新とも思えるデザインが実現されています。

こちらは、いわゆる茶入れです。棗(なつめ)とも呼ばれますが、基本的に茶道では歴史的に脈々と引き継がれている流派に沿ったフォームがありますので、斬新なデザインは生まれにくいのですが、こちらはいわばハレの舞台の漆器ではないにせよ、日常的に目を楽しませてくれる、日々の暮らしをゆたかにしてくれる漆器であるといえるでしょう。










お好きな方はいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の暑い日にいかが?北欧デンマークの老舗ガラスメーカー、ホルムガード。

2016-07-16 13:21:00 | 北欧陶磁器ガラス
参院選が終わった!と、いう一服感もないままに、今月末に投開票の都知事選の立て看板を目にします。

朝、ランニングをしていると、コースの途中、10か所ほどみかける看板。

日を追うごとに増えていく立候補者のポスター。

「あっ、このひとまた出てる。がんばってるなぁー」とか。

そして、その増え方は決して一律ではない。

公示後すぐに張り出すスタート・ダッシュのいい陣営は・・・などと考えをめぐらす。


世の中には「選挙」のような不定期に行われるイベントでのサービス提供を生業にしている業者さん、って結構いるようです。

はたまた、年末年始になると恒例の暦をもとにした占いの出版社だとか、普段から年末モードなのだろうか?

これからが暑さ本番なのですが、みなさん頑張ってほしいものです、夏バテせずに!



さて、こちらは北欧デンマークの老舗ガラスメーカー、ホルムガードのお品。

なんとも冷ややかです。

お花を活けてもいいのですが、夏の暑い日には目にも涼しい?かもしれません。




実は直線的なフォルムなのですが、その個性的な造形からユニークな感触を受ける作品。

とてもじゃないけれど、冬場にはご紹介しずらいアイテムです(笑)

丸の内のイルムスオープン時に特別に生産されたもののようです。

お好きな方はいかがでしょうか。





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1977年 サーカス オルゴール むらいこうじ 完動 からくり人形

2016-07-01 18:09:57 | 販売
1977年 サーカス オルゴール むらいこうじ 完動 からくり人形

道化作家むらいこうじ氏の道化作品の元祖的な存在で、初めての量産品。
30年を過ぎた今でもアメリカ、ヨーロッパの街角で多く見ることができるオルゴールの定番となっています。サーカスの楽しさをパッケージしました。引き出しを引くと道化(ビアンコ)がオルゴールに合わせ踊り出します。(1977年作)






以下、むらいこうじさんのHP(http://www.koji-murai.com/works/orgel/)からの抜粋です。

道化作家むらいこうじ略歴

1941年東京生まれ。写真家としてAPA奨励賞、毎日新聞広告賞等多数を受賞後、ヨーロッパに遊学。道化(クラウンとピエロ)の研究と制作を開始。帰国後、ピエロ・ド・ピエールを設立主宰。1977年、初めてのオルゴール「ダンシングクラウン」が世界的なヒット商品となる。その後デザインされた商品は、アメリカ・ヨーロッパを始め世界20数ヶ国で現在も販売されている。TBS水曜ロードショー・日本信販・丸井・資生堂・サントリー等々多くのCM制作に参加。パントマイムの巨匠マルセル・マルソー氏と「ダンシングBIP」を共作、映画監督フェデリコ・フェリーニ氏に一連の道化制作の仕事を認められ、イタリア演劇博物館にポスターが蒐蔵される。1994年ロンドンギフトショーでベスト・オブ・デザイン賞を受賞。日本赤十字2004年度カレンダーを制作。現在も道化をテーマに絵画・イラスト・写真・舞台美術・オブジェ・オルゴールの制作等の活動を続けている。2006年河口湖音楽祭「真夏の夜の夢」演出、美術等、ジャンルを越えて築き上げた独自のスタイルは、各界から高い評価を得ている。

主な展覧会歴

1977年 銀座ミキモトギャラリー
1980年 巡回展/全国主要都市のミキモトギャラリー
2000年『美しく暮らす展』/ ギャラリーモンスイユ
写真展『光の中の幻影』/ギャラリーモンスイユ
2001年 写真展 第2回『光の中の幻影』/銀座コンタックスギャラリー
2002年 写真と道化『むらいこうじの表現展』/松屋銀座美術サロン
2003年 彫刻家ルイ・デルブレ氏と『La Lummiere』/パリ6区市庁舎ギャラリー
2004年 『花と道化ーむらいこうじの世界展』/伊豆洋らんパークギャラリー
2006年 第2回『美しく暮らす展』/ギャラリー上原
ミニミニ写真展『見過ごしてしまった風景』/渋谷Bunkamura
2007年 むらいこうじの世界『オルゴールの中の道化たち展』〜30年間の仕事とその舞台裏 〜 北原照久プロデュース/横浜人形の家


Size:13.3cm X 6.7cm X 20.8cm(H)

お好きな方はいかがでしょうか。





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアの陶磁器人形

2016-06-29 01:12:44 | 販売
英国のEU離脱の国民投票の結果が出ましたが、国民投票のやり直し?ロンドンの独立?議会の解散総選挙?などなど話があっちこっちに飛び火し、もう訳が分かりません。


もはや国境を超えるのはインターネットだけではない、ということを実感。

グローバル化も良しあしですなぁ・・・と思うきょうこの頃。


EUの弱体化だとか分裂含みまで言われ、それに伴い大きな枠組みで考えると漁夫の利を得るのが中国やらロシアやら、はたまた日本という説も(笑)

まあそれより先に日本の輸出産業の影響も言われていますが、どうなんでしょうか?


正直よくわかりませんが・・・。



さて、こちらはロシア(ソビエト社会主義共和国連邦当時の)の陶磁器の人形です。

ロシア!

というとボルシチやビーフストロガノフ、はたまたマトリョーシカ人形あたりしか思いつかない貴方。

ロシアといえばダイヤモンド(ロシア連邦サハ共和国)も取れますし、帝政ロシア時代の美術品の宝庫でもあります。

世界中の富豪の人気を集め、あのマルコム・フォーブズ(Malcolm Stevenson Forbes:1919-1990 フォーブズ誌の元発行人)がいくつもコレクションしていたという、オークションでは一個数億円の値段のファベルジェの卵(Peter Carl Faberge:1846-1920:サンクトペテルブルク生まれの宝石商が作らせた、貴金属や宝石を用いて作られたイースター・エッグ)も有名だったり。





さて、こちらは高価ではありませんが、日本の染付の呉須の色合いと北欧のすらっとしたセンスも感じられる、手彩色の人形です。





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリア製のヴィンテージの天使のオブジェ

2016-06-28 01:59:54 | 販売
英国のEU離脱の国民投票の結果を受けて、先行き不透明感が増す中、残留支持の方の中には国外へ出るために海外国籍取得のためのパスポート申請を・・・なんてニュースが出ていました。

なんとも行動が早いというか・・・(笑)





こちらはイタリア製のヴィンテージの天使のオブジェ。

海外、特にヨーロッパに行きますと、アンティークといっても宗教関連のものが多い。

そして建具なども含めて、わりかしサイズの大きいものが目立つような気がします。

まあ、日本でも古い仏像が好きな方は中にはいらっしゃいますが。。。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Brexit – – [British + exitの造語] 英国がEUを離脱すること

2016-06-27 17:08:29 | 販売
先週末の金曜日、英国のEU離脱の国民投票の結果が発表され、EU離脱の勝利とのこと。

ここ最近のニュースでは、聞いたこともない「ブレグジット」なる単語が飛び交っていました。

Brexit – – [British + exitの造語] 英国がEUを離脱すること


EUに対しての拠出金だとか、移民の問題だとかいろいろ言われていますが、感情的な面も多いようです。



一歩引いてみたときのイギリス・・・。


世界の金融街シティー。

ロンドン市内のメイフェアやセント・ジェームズの老舗の連なる骨董街では、日本の顧客も多いそうです。

また、歴史の古いオークションハウスのサザビーズやクリスティーズは、もともとがロンドン発祥の地。

青磁や染付などの膨大な中国古陶磁コレクションをもつ「デビッド・コレクション」は、日本でも展覧会が開かれたこともあり、ご存知の方も多いでしょうし、日本国内の老舗の古美術商の先達は大英博物館の学者のホブソンの本やデビッド・コレクションのカタログを見て勉強したとの話も伝わっています。


そんな遠い国イギリス。

日本に何か影響が???


と思っていたら、円高キター、っていう感じでした。


基本、輸出で食べてる日本の製造業はピンチかも。

売上28兆円?を誇るトヨタにしても、円転する際に大変ですね~。





こちらはちょっと風変わりな茄子の陶器。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2016 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント
この記事をはてなブックマークに追加