初めての投資はどうしたら良いのか?損ばかりしているあなたへ 損したくないあなたに少しの情報を提供する

私が初めて株式投資にチャレンジして損ばかりで一旦退場!
その後の再チャレンジで損を少なむする方法を考え公表。

メンタルが弱いと損する

2017年06月18日 15時32分53秒 | 初心者の株投資
また下手な株投資術を紹介しに来ました

ここ数日実践的な内容を記載してきましたがいかがでしたでしょうか?
株の専門家が言ってるのとチョット違うんじゃないかと疑ってる人もいるでしょうね
でも、投資の専門家が紹介してる名柄とか、売買はこうしなさいなんて記事を読んで実行して
勝ち組に回れましたなんて人がどれだけいるのでしょうか?

私のような勉強嫌いな人って多いと思うよ
今更四季報を買ってきて、企業業績がどうのこうのなんて私には出来ません。
また、する気も起こりませんがね

株投資は私達がプロ集団を相手に勝てるわけがありません
今になって投資の世界で勝とうと思えば難しいことを勉強していても始まりません

如何に簡単な方法で勝ちに行くか
朝から晩まで一日中パソコンとニラメッコしてても勝てません

私の希望からすると
一日のうち5分位を株投資にあてて、後の時間は何もしないか、遊んで暮らす


まあ余談はさて置き今日は今までに書き忘れていたことをと思います



メンタル(心的、精神力)を強くすること


これは非常に大切だと思います
私が今まで損を重ねて来たのはメンタルの弱さが大半を占めています
初めて投資を始めた時はどうしたら良いのかわかりませんから
新聞の株式欄を眺めて適当に買っていましたが、それでも勝てたことが数回ありました
儲けることを念頭に置きましたから、下がっている時は売ることもしません
「上がってくるまで待てば良いや」的な気楽さで投資をしていました
儲かると「株って簡単に儲かるんだ」と思っていた時もありましたが
そんなに簡単ではありませんでした

上がり続けている株に手を出したところ、そこが天井でその後下がり続けて半値以下になり
もうそろそろ上がる頃と思い塩漬け状態のまま2年経ちましたが一向に動きなしです
18万円の資金が5万円まで下がりました。もう駄目だと思いロスカットしました。
それから数年、勉強しましたが一向に儲かりません

勉強をしたが為に変な知識が身につき、売買を繰り返したのです。
買えば下がる、売れば上がる・・・その度に売ったり買ったりで損ばかり

やがて信用売買を知ることになり、空売りも出来るようになりました

当初、チャート自体を信じていなかったのです
明日のことがチャートで読めるなんてことがどうしても出来ませんでした
なぜ明日のことがチャートでわかるのか今でも信じられませんが
信じるしかないのです。なぜかはわかりません
チャートが示してくれる動きの通りに株価が動いてることに気がついたのです

買った株が上がってきて利益が出た、もっと上がると思うじゃないですか
そうなると決済できずに持ち続けてやがて買値まで下がる
まだ損はしていないからと持つ事になり、やがて10%~20%と下がると
我慢できずに売り飛ばしてしまう。

こんな時に役に立つのがチャートなんですね
もっと早くチャートと仲良くしていればこんなに損することも無かったと思う

昨日も書きましたが、決済する時を教えてくれるのもチャートだったんですね
そうと分かっていてもメンタルの弱さで下がるサインがあるにも係わらず決心がつかないまま
ズルズルと泥沼に嵌まり込んで行く


株投資には感情は挟まないようにすることが一番のようです。


投資で大事なのは損をしないこと(損しても少額とする)プロだって損していますが利大・損少です

昨日と重なるけど
売買名柄選びは上がり下がりの少ない名柄はNGです
また、手持ちの株でも横ばい状態になれば決済すること
このような、横ばい名柄はチャート上でウロウロするから利益どころか損は少ないかもしれないが儲からない

今一度いいます
5日単純移動平均と10日単純移動平均が共に上がっていれば買です
上がっている限り付いて行くこと。
やがて5日平均が横ばいになってきますと買い戻しします。
その後続いて上がることもありますが、損しなかったことで正解です
その後続いて上がるようであれば買いをしても良いわけです


今日は少し長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 騙しの注意点 | トップ | 今上がり続けている銘柄が狙いだ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。