初めての投資はどうしたら良いのか?損ばかりしているあなたへ 損したくないあなたに少しの情報を提供する

私が初めて株式投資にチャレンジして損ばかりで一旦退場!
その後の再チャレンジで損を少なむする方法を考え公表。

株で失敗しないためには・・・

2017年05月12日 16時54分36秒 | 初心者の株投資
今日の成績はまずまずかな
だって少ししか利益が出なかった  まあ良しとしなきゃね


私の失敗談を話します
株投資をしようと思い立った当時のことです
何をしたら良いのか?どうしたら良いのか?
初めて講座を開設したのが野村證券でした

手持ちの資金は僕のお小遣いでしたので多くはありません

取り敢えず上がりそうな株を購入
もちろん信用取引なんて怖くてできませんから(当時は怖かった)
現物株での取引です

少し利益が出たときに決済しましたが、手数料が高くて儲かってるはずにもかかわらず
利益になっていません。

調べてみると証券会社によって手数料が違うことに気が付きました
今はSIB証券を利用しています。
手数料の違いで大きく差が出ることを肝に命じていたほうが良いです

大きく利益が出ることもありましたが、それ以上に損失が大きかったので途中株投資から撤退

それから数年経ちました

もう一度チャレンジ!

今度は勉強してからと思いネットで色々調べました。
「株のアナリストたちが発表している株情報
必ず儲かる株の投資とは
儲かる株の講座
仕手株情報をあなたに
これから上がる株はこれだ
株の学校
うねり取り手法
波乗り投資法
などなどいろんな情報がありました」

それらは確かに儲かる話かもしれませんが
多額のコンサルタント料金がかかります。 20万円とか50万円 80万円
安くても2~5万円

そんな金なんてありませんし
必ず儲かる話でもありません
株のプロと言われる人だって100%設けるなんてことはできません

それでも少額の教材ならばとなけなしの小遣いをはたいて購入しました
そんな中で利用できるものをチョイスして現在に至っております


「今から上がる仕手株情報を教えます
当社の過去の実績を・・・と1年前くらいの実績情報を載せていましたが
それらは50%100%の利益が出ている銘柄です」

確かに情報が当たってる?場合もあるでしょうが、損した情報は出ていません(当たり前?)
これらの情報は信用できませんでした。
実際に手を出して損を出しました。
中には確かに上がってきて利益の出る時期もありましたが、悲しいかな利益が出たときに決済
せずに負けが出てきてこらえきれずロスカットした時もありました。
経験不足からの損失です

だって素人ですから上がってくれば嬉しくてもっと上がるだろうと期待する
少し下がってきてもまだ利益があるから、また上がるかもと思っているうちにマイナスになってきて・・・

株のアナリストたちが推奨する株は既に天井近くか、底値近くかです
株の情報を売って設けている人たちがほとんどじゃないでしょうか

億万長者になるには株投資が早道なのでしょう
時給1000円の仕事では死ぬまで働いても崇がしれています。

手持ち資金を増やすことです
それも株投資を真剣に考え損をしない技術を手にすれば大丈夫です

この1年色んな勉強をしてきました
最初は損失が多く儲けることはできませんでしたが
今は損失をだす割合が減ってきています
徐々に利益が出始めました


初めての方とか負けが続いて嫌になってる方におすすめなのが
無料の 「トレダビ」 バーチャル株投資サイトですが
最初の資金として1000万円用意してくれています
この1000万円を投資資金として株の練習が出来ます
バーチャルですから実際のお金はかかりません
ご自分の手持ち資金がどれくらいなのかを計算に入れて売買を繰り返し
自信が付けば実際の株投資を始めても良いでしょう


スポーツでも何でも練習することで上手になります
練習せずして成功はありえません
100回よりも500回 500回よりも1000回 1000回よりも・・・

練習しなければ上手にはなれません
自信がつくまで練習をしてください 練習 練習 練習 練習 訓練 訓練 訓練 です

練習が嫌いな人は株なんかに手を出さず、こまめに汗水たらして仕事してください
濡れ手に粟なんてことはありません
株も技術なんです 仕事なんです 

偉そうなことはまだ言えない私ですが、今後も精進して頑張っていきますので応援よろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持ち合い状態の銘柄に手を出すな | トップ | 短期間で利益を出すには・・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。