『三浦半島一周、決して無理をしないオフ会』飯まで編


太平洋を眺めながら、テラスDEランチ @ エナビレッジ

いよいよ明日が本番という金曜日の夜、早めに布団に入ったが全然寝付けなかった。
いろいろ不安になってきて、脳内シミュレーションをしているうちに2時。
意外と真面目だし、肝っ玉小さいッスからねぇ、僕。
そして、あっという間に4時の目覚まし。
TETさんやばっちゃん、knight2000の面々とは江ノ島のマクドナルドに6時30分待ち合わせ。

6時に江ノ島に着く。そして、御来光を待って、無事に終わりますようにパンパン、と。

一時は雨の予報もあったんだよ

今日のDNSは、MM,sさん、Gibsonさん、さいとうさん、Carmen嬢。
とても残念ですが、それぞれに事情があって…。次の機会に走りましょう。
そして、もう一人、双龍支部のTёki-yaさん。
境川CRを南下中だったのかな?タイヤが激しくバーストということで自走不能に。
昨夜は、とても気合の入ったメールをいただいていたのに、失意でとぼとぼ歩いて帰ったと。
今回のオフは振り返れば誰一人パンクもなかった。
それは彼が一人で背負ってくれたからですね。
相模原方面に足を向けて寝ないように! まぁ三日くらいでいいッスけど(笑)

7時過ぎ、yuzitoさんも加えて江ノ島を出発です。


7時半を過ぎることから多くの自転車仲間が集まってきました。
その壮観な様子は、本当に主催した僕らもびっくりです。

なるべく全員の方に挨拶しようと努力はしたんですけど、大丈夫でした?
二度もはじめましてをしちゃった人もいましたね、すみません(≧◇≦;)ゞ
片瀬山さんは、僕らの無事を祈念する幟を自転車に立てて片瀬江ノ島から来てくれました。感謝です!
※飛び入り参加は、双龍のキムちゃん、ブルベのMさん(2人ともお見送りです)

さて、8時ちょいからブリーフィング。肝は、
・交通ルールを守ることと
・車列を意識的に分断することで車に迷惑をかけない
ということです。
ヴェルニー公園までの半島横断ルートを知ってる人を中心に小集団でスタートといきたいのですが、
知ってる人が少ないッスね。どうしましょう状態。
と、アバウトなTETさん、出ました!
「ここから海岸線を走って、渚橋で左折して、あとは道なり!
う~ん。

ところが不思議なものです。
道なりではないんですけど、誰一人遭難することなく横須賀ヴェルニー公園へ。


埼玉や東京、千葉の面々からは
ブログでしか会ったことのないスカレー君に会えて歓声が上がってますね。
例えば、埼玉から来たこの方は、もうこんな感じッスから(^^
フツーの人には不思議な光景でしょうね。自転車海苔に大人気のスカレー君。

ここで20名弱の輪行組や横須賀自走組みを加えて、集団は60名強に!
アキさんが飛び入り参加です(これで都合71名-5名+3名の68名になりました)

ここでもブリーフィングをして、三々五々に出発です。
各自三浦の景色と昼飯を堪能して、1時30分に城ヶ島公園集合する、というアバウトな行程ですね。
一時はキャンセルしたエナビレッジでの昼食組は35~40名。
11時から13時、テラスの貸切ということで改めて予約をいれておいた。

さて、先発隊が出発してから15分後くらいかな、のんびり後方から走り出す。
僕はヒラコの少年14歳と一緒に走る。
気持ちいいッスねぇ。風は北東から背中を押す感じ、そして暖かな陽射し。
まさに三浦半島日和です。

突然、軽量化のためにヴェルニー公園の便所に入ったTETさんの残像がよみがえった。
あらら、そう言えば、予約を入れたエナビレッジに11時に着く幹事がいないじゃん。
ってことで、のんびり走りたい気持ちを抑えて、ここから11時の江奈湾を目指します。
間に合うかなぁ…、とにかく先発隊を追い越さなくちゃいけないッス。

少年には「おぢさんは江奈に11時についていなくちゃいけないんだよ」と告げ、
馬堀海岸を対岸の景色を楽しむこともなく、35km/hくらいですっ飛ばす。
と、途中で「前牽きま~す!」と少年が前に出た。「へっ?」
おぉお、車速は一気に40km/hくらいになっちゃった。坂もクイクイ登ってっちゃう。
死じゃう、死じゃう!
本当に死じゃうッス。心臓がバクバクと鳴ってるもん。

野比海岸を行く、あの左手に続く海岸の先に江奈がある。持つのか、僕の心臓

「ほら、おぢさんは幹事だから仕方なく飛ばしてるけど、ゆっくりみんなと走ったほうがいいよ」
「大丈夫です」
…そういうことじゃなくて、本当はちっとだけ休みたいんだけど
久里浜も飛ばし、野比も飛ばし、三浦海岸も素通りし、
金田湾からグググと登って一旦海岸線を外れた。
この最初のきつい登り坂、その登りきる手前を鋭角に戻るように左折する農道がある。
きつい登りを踏ん張って登りきれば…

今、飛ばしてきた三浦海岸

こんな景色が待っている。マイフェイバリッドポイント。
急いでいてもここは外せないし、僕に付き合ってくれている少年にもプレゼント。
ここからは三浦海岸、横浜、房総半島、太平洋が一望できるんだよね。
そして、少しだけ休憩。息を整えて。

江奈には11時には着きそうだ。
少年が剣崎の灯台に行ったことがないというので、ちょろっと寄って行きましょう。
灯台に向かうのどかな農道で、ふぉあぁさんと「た♂」くん、
そして、ももすてさん、貧乏金無しさんとすれ違った。
どうやらこれがオフ会のほぼ先頭のようです。追いつきました!
ふぉあぁさんにエナビレッジへの伝言を頼んで、剣崎灯台へ向かう。

灯台には、仁さん、Tonyさん、S-10くんとサコくん、そしてこんさんがいた。

のんびり房総を眺めてましたねぇ。
そう、今日はこんな風にいろんなところにいろんなグループがいたんだろうね。
みんな、「MIURA」のタグをつけているんだ。

その一行と一緒に江奈湾にあるエナビレッジへ。
二階に上がりテラスへ出て、目の前の海、水平線に思わず歓声です。

このために走ってきた!って感じでしょうか。
コストパフォーマンスはちっと…という感じでしたが、
僕らだけのこの景色へのおひねりと考えればOKかな?


ももすてさん(爆)

飯から編はこちら

◇本日の自転車◇
とにかく本当にすべてに感謝です。

この朝陽がみんなの無事を約束してくれたのかな

145.87km 6時間13分 平均速度23.4km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )
« 『三浦半島一... 「決して無理... »
 
コメント
 
 
 
お疲れ様でした (大将)
2007-03-11 19:18:10
いろいろ、裏でごくろうさまでした>幹事団

夜の打ち上げは、みんな「ほっ」としてたし(笑)

よかった、よかった。

つーか、お見送りってつまんねー!(爆)
 
 
 
11時 (こん)
2007-03-11 21:14:07
お疲れ様でした。
少しはゆっくり休めましたか?

観音崎から先、比較的前を走っていたので11時にエナビレッジに行こうというペースで走ってました。

しかし!すっかり高校生に千切られてすっかりあとからえっちらほっちら走ってましたが。

そしたらmasaさんも中学生に引っ張られてたとは(笑)

彼ら休まないでも行けちゃうところがすごい。やっぱり先頭変わらなきゃ良かったってちょっと、いや、かなり思いましたね。

エナビレッジのテラスも最高でしたし、天気に恵まれて100%楽しい一日を満喫できました。
 
 
 
色々なドラマが (Tony)
2007-03-11 22:40:44
集合写真ありがとうございました。
いまだに感動しております。

三浦半島では、様々なドラマが展開されていたのですね。
皆さんのブログを見て、つくづくそう思いました。

遭難中に見つけた交番、結構立派でしたよ!
ほんと笑えました。

僕も朝マックをしようと考えていたのですけどね。
何を着ようかと迷っているうちに、刻々と時間が過ぎまして・・・
面倒になって家で済ませたのですが、気分はハッシュドポテトだったんだよな~。
 
 
 
これが事故っすよ (ももすて)
2007-03-12 00:15:15
 いや、ブロガーって怖いなとオモイマシタ。

 刺身よりも、きやっきゃっ言われて撮られてたような・・・。

 
 
 
 
コメントへのレスは (masa)
2007-03-12 00:45:32
ありがとうございます。
コメントへのレスは
↓こちらにしました
http://blog.goo.ne.jp/masayoshi0809/cmt/a4c639324e12af29ce8ff8455fcd07bb#comment
 
 
 
千の風になったさ~♪ (Tёki-ya)
2007-03-12 13:16:01
私の~♪

リタイアくらいで~♪

泣かないでくだちゃい~♪

集合場所には~居ません~♪

辿り着け~てません~♪

千の~風~に~♪

千のか~ぜになって~♪

あの三浦の空を~駆け巡っています~♪



って、見守りますた!

見送りも辿り着けなかた私は、もっとツマンネ!

(´,_ゝ`)プッ
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
第288歩 3/10オフ会の余韻 (モミアミモ)
3/10 三浦半島一周オフ会に参加されていたワニガメさんよりメール連絡がありまし