あややのやすらぎ 『蛇螺蛇螺日記』

平成の歌姫、松浦亜弥さんについて文字通り蛇螺蛇螺(だらだら)と綴る日記帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

笑顔 -Music Fair-

2007年09月02日 | 松浦亜弥
徳永さん…いいですね。。
スタレビの根本氏同様、私はどうも高音が美しいハスキーヴォイスに
弱いらしい…そんな徳永さんと松浦亜弥さんのコラボ…観ない訳に、
聴かない訳に行きません。
『卒業写真』に『M』…選曲も私の青春時代ど真ん中・・・この番組の
ディレクターってか構成の人って、どんな人だ?同世代?ほぼ同じ
感性をお持ちなのか、ズバリ、ターゲットとして狙われたのか。。
いずれにせよ本当有難い演出です。泣けて泣けて仕方ない。。

この流れで披露された「いきものがかり」の曲…かつてのプリプリ
(Princess Princess)を思わせる曲調で、今どきの人にとっては
意外と目新しく感じるかも知れませんね。
奥居香さんほどのパワー(声量)は感じられないものの、ちゃんと
『歌心』がしっかり感じられる彼らの歌…好感度高いです。
今後が期待できそう。。


・・・笑顔…

歌う姿を観るのは初めて…TVでの披露も初になるのでしょうか。

実のところCDで聴いて、聴きこんで行く内、手放しで「良い!」と
言えなかった部分がついに見えて来たのですが、それが全て見事に
払拭された歌い方。。やはり『ヴォーカリスト』松浦亜弥。

高音部の歌い方に非常に技量を要するこの「笑顔」。
「高い声が出せる」だけではただ「音」を出すだけの平凡な歌手ですが
心のままに、高らかに歌い上げる…感情をその伸びで表現をする。。
そして聴く人の心を響かせついには涙させてしまう…それほどの表現力
をもって歌い上げる亜弥さんに改めて感心。。

…もっとこの歌声に浸っていたい…

メッセージ性の強い、いや、言葉がストレートな分、強すぎると
言っていい位の今回のこの「笑顔」は亜弥さんにとっての新たな
ハードル。
「訴え」すぎてしまうと、情緒的に「反感」を覚えてしまう人も
居る現実。

それなりに苦労してきたとは言え、今は比較的平凡とも言える
暮らしをしている私でさえ、感情昂ぶるほどの感動を覚える歌です。
この歌詞内容の言葉通りの言葉を本当に必要としている人たちへの
反響は如何ほどのものなのだろうか。。

そう言った意味でも非常に難しい歌を選んだ亜弥さんのこれからの
チャレンジに期待し、また応援し支え続けて行きたい。。

---追記
本当に久しぶりの「やすらぎ」サイトの更新。。展示館3で
上記ミュージックフェアでの亜弥さんの画をアップしました。
地に足を着けて、手を広げ、大きく体を開いて「歌」を世界に
放つ様…神々しいまでのその姿をご覧下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Machintosh | トップ | PC不調 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが(^^) (まいまい)
2007-09-04 20:29:50
毎度!

最近、トンとTVなんか見ないんで、そのあたりの情報にはほんとに疎いんだが、FMラジオだけは常に聞いてるので、楽曲にはそこそこ詳しくなってるハズ。

「いきものがかり」に目を(耳を?)つけたのは、オレとまったく一緒やなwww
ビジュアルつきで見た事無いので、そうなれば印象が変わるんやろうけど、ラジオで聞く限りはかなりイケテる感じ。
そう、masay君の言うように、あのハスキーな高音がたまらんやんね。

亜弥ちゃんに関しては、「ETC」のスーダラ節がかなりお気に入りのまいまいでした。



追伸・・・あっちの同窓会の件、ヨロシクネ(^^)
謝謝! (masay)
2007-09-09 12:18:54
およっ まいまいちゃん 久しぶり!

いや、「同窓会」で連絡入れてたね…^^
ってか、まいまいちゃん誕生日だったよ!
少しタイミング外しちゃったけど、おめでとうっ!

さて、「いきものがかり」だが、とりあえずあの
バンド名を何とかしてくれ…何らかの意味があるのか
もしれないが。。今はモンチなんとか言う、何となく
ゴロでつけました、って堂々と言ってるのも居るから
ホント、『名前』なんだからもっとちゃんと考えろ!
ってゆいたい。。
名前すら考えないのに、歌心なんてとてもとても…
って思うんやけど…まぁ愚痴はこれ位にして^^

今週末はギター、久しぶりにお借りするよ。
よろしく!

コメントを投稿

松浦亜弥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。