網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゲームセンターの「風情」

2008-09-18 16:27:04 | ハヤテのごとく!
「COLLAGE KART」をやっている



このナギの台詞、
ゲームセンターならではの「風情」とはどんなものなのか?

ちょうどいい情報が載っているメールマガジンがありました。
ここの「ゲームセンターの心理学」のところです。
詳しいことは↑を見てもらうとして、
コレは一言で言えば「光刺激」と「音刺激」。

通常ゲームセンターの、特に対戦型やシューティングなどが置いてある所は、
かなりの音響が響いていて薄暗いことも多い。

通常、画面も近くなるので、ポケモンショックの軽いやつが起きやすくなっている。

およそ、軽い催眠状態がおきるそうです。



一方の通常の三千院家内のゲーム環境。
広々とした明るい部屋で、実に健康的な環境でプレイしています。

つまり、マリアさんはナギの健康には気をを使っているのです。
そのためゲームセンターでプレイするときほどの刺激も感じないのでしょう。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 192話からの考察 | トップ | 千桜が敬語を使うとき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
心理学講座開きます。 (心理学講座開きます。)
人間の心理についてはとても興味があるのに、なかなか心理学の講座を受けるまでには踏み込めない。そんな人のために、できるだけわかりやすく心理学についてお伝えします。