国民皆保険を守ろう!!

主にTPPと薬価の関係について書いています。

人のカネで博打を打つ社会

2017年06月14日 | コラム

金融自由化で、自由にいろんな金融商品を取引できるようになったのは金融機関のディーラーです。

彼らは他人から預かった「人のカネ」を使って博打を打ちます。

たしかに。それでうまくいけば、金融機関ももうかるし、ディーラー本人もご褒美が貰えます。


しかし失敗した場合は、しょせん「人のカネ」であって、損するのは顧客

ディーラーの自腹が痛むわけではありません。

サブプライム危機の時、AIGがディーラーたちに高額のボーナスを払ったのも、そうしないと
ディーラーたちは沈みかかった船を見捨てて、別の会社に移ってしまうからです。


どっちにせよ、失敗しても自分個人は大丈夫ということです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 管理社会 | トップ | ここでの活動を終了します »
最近の画像もっと見る