私の気づきto変化

詐欺に遭い、どん底を味わった男の気づきと再起に向けての奮闘と変化

出来の悪い子(私の心)ほど可愛いと思う親心(私の魂)

2017-03-20 09:38:59 | 日記
思いやりを持って生きよう、一つ一つの行動に心を込めていこうと心がけるようにしているのですが、性格なのでしょうか、つい力が入ってしまいます。
頑張りすぎたり、執着してしまったりしている自分に気づくことが度々あります。
成果を気にしすぎたり、ともすると恩着せがましかったり、こうあらねばならないというような、杓子定規というか堅苦しい考え方になりやすく、融通の利かない自分に気づきます。
自然体の中で思いやりを持って行動することは、意識して気に掛けていないと思いのほか難しいものです。
でも、そんな自分もかわいい奴だと愛してあげられるようにしていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気づくことの必要性に気づく | トップ | 『足るを知る』という感謝を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。