私の気づきto変化

詐欺に遭い、どん底を味わった男の 《 内側の変容と再起に向かう状況の変化 》

上手に立ち振る舞うより、誠実に生きる方が幸せ

2017-04-25 11:49:57 | 日記
昨日は裁判があり、非常にショックを受けるようなことがありました。
今までの私でしたら、もうお先真っ暗という気分になってしまい、やけを起こしてしまったことだと思います。
夜の瞑想と朝の瞑想で自分を浄めるようにすると、気分が大分落ち着きました。

騙した男はぬけぬけと生きていて、騙された私は責めを負うというような意見書が出されたのです。
私の管理が軽率だったことと、規模が非常に大きかったための管財人からの判断です。
確かに反省することは山のようにありますが、公平性を考えると、全く釈然とは出来ませんでした。

しかし、この意見書を出した管財人とは、過去生で何らかの縁があったのだと思います。
きっと、彼の苦境の時に、過去生の私は見て見ぬ振りでもしたのではないでしょうか。

今回の意見書は、私のこれからの生き方にも一つのアドバイスを頂いたようにも感じます。

上手に立ち回るように生きて、人の目をくらませ、人に迷惑を掛けても平気で、自分の利益しか考えない人間もいます。
バカと思われても、正直に誠実に生きていこうと考える人間もいます。
いったいどちらが幸せなのでしょうか。

中途半端な正直や誠実さではダメかも知れませんが、徹頭徹尾な誠実さは結果としては精神的にも現象面でも幸せを呼び込むという確信めいたひらめきがありました。
一見すれば嫌に見えるようなことも、実は神とヨグマタジからの大切なプレゼントだと思います。
受け取り方が良ければ、見事な花を咲かせると感じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満足感を欲しがっている私に... | トップ | すべては自分のカルマが原因 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。