私の気づきto変化

詐欺に遭い、どん底を味わった男の 《 内側の変容と再起に向かう状況の変化 》

目の前の相手は自分の鏡

2017-07-29 12:55:20 | 日記
昨日は会社の暑気払いという事で食事会がありました。
新しく顧問の方が入社されたのでその方も出席されました。
二次会で私はその方の横の席になってしまったのですが、他のみんながその方の横を避けた理由が何となく分かりました。

簡単に言えば、昔の自慢話と仕事への取り組み方の説教なんですね。
私は『ふーん、そうですかあ』とひたすら聞き役に徹していましたが、年長者とは言え、初めて会った、しかも別の部署の人から長々と自慢話を聞かされても正直つまりません。
その人は、自分は凄いんだと認めて欲しいんですよね。
承認されたいという欲求ってありますよね。

あぁ~、これもヨグマタジからの貴重な学びだなと思いました。
気をつけておかなければ、私も自慢話をしたがる性分ですから。
承認されたいという思いは、自分に自信がない裏返しでもありますもんね。
自信があれば、わざわざ他人に認めてもらわなくても自分で自分のプライドを保てますから。

相手が楽しくなるような会話が成り立つような私でいようと思いました。
『あ~あ、つまらない時間だった』ではなく、『いい気づきを貰えた。勉強になった』訳です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 要は本物とご縁を持つことです! | トップ | 変化の過程に、それに応じた... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。