白鷺だより

40年以上暮らした演劇界の思い出を回想します

吉村 正人

白鷺だより(152)休みの間に起こったこと

2016-10-31 06:52:01 | 思い出
休みの間に起こったこと

お待たせしました いよいよ来月1日からブログ再開します
その前に休んでいた間に起こったことを書いてみようと思う

まず17日に母が死んだ いつ亡くなるか近所に住む弟からの連絡待ちだったがいよいよ今日明日ということで連絡が入って田舎(三重県名張)に向かう前に亡くなったとの知らせが入った とりあえずその日は母を8年間お世話になったホームから近くの弟(喪主)の家まで運び 19日お通夜20日告別式というスケジュールに備えた
この母の死のことはブログにじっくり書こうと思っている

23日平幹急死
 昔梅田コマで太地喜和子と「鶴八鶴次郎」をやったとき稽古場での中日パーテイか何かで「一本刀土俵入り」の寸劇が行われた 配役はなんと喜和子の駒形茂兵衛 平幹のお蔦であった 二人とも喜々として演っていたのを鮮明に思い出す

26日なんばパークスシネマにてシネ歌舞伎「ワンピース」を見る
このシネ歌舞伎にちょっとハマっている 
なまじっか劇場で見る歌舞伎よりずっーと面白いかも
これについてもブログにて詳しく

この「ワンピース」に出演していた春猿は新派に入ることが決まり芸名を河合雪之丞とすることを27日発表 月乃助に次いで春猿もか 家柄がない役者は生きていけない世界なのか 歌舞伎界という場所は

この26日三笠宮が薨去(こうきょ)
(殆どの新聞が逝去と書く中 産経新聞だけがこの薨去の文字を使った)
昔三笠シヅ子という松竹楽劇部のダンサーがいた 三笠宮家が出来た時不敬だということで無理やり芸名を変えさせられた それが笠置シヅ子である

同日亡くなった春野百合子の弟子である春野恵子は 大阪に流れて来た時からよく知っている 当時我々の行きつけの難波の「同想会」のママにひろわれたからである

その春野恵子がゲストで出ている近代演劇倶楽部の芝居「恩讐の彼方に」を27日観劇
詳しくはこれもブログで

29日劇団しそらにえがいた夢」ヘップホールにて観劇
し座の芝居「サッパリ判らぬ

31日 出演している植栗君がいい役をやっているらしく彼のご招待で新歌舞伎座の「コロッケ特別公演」をこれから見に行く これも感想はブログで

演劇の思い出とは別に古い名作映画を研究して「名作クラッシック」という枠でブログを書くことにしました 一回目は「イヴの総て」です ご期待下さい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鷺だより(151)老女優... | トップ | 白鷺だより(153)母の死 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。