白鷺だより

40年以上暮らした演劇界の思い出を回想します

吉村 正人

白鷺だより(170)「少しは私に愛を下さい」

2016-12-07 19:50:30 | 思い出
「少しは私に愛を下さい」

僕の銀行の歴史はまず関学に入った時 地元の甲東園駅前にあった「神戸銀行」甲東園支店であった 「華麗なる一族」で有名なこの銀行は1973年「太陽銀行」と合併して「太陽神戸銀行」となる さらに三井銀行と合併 太陽神戸三井銀行となりのち「さくら銀行」となり さくら銀行と住友銀行が合併して「三井住友銀行」となって現在に至る
一方僕はトップホットに入って給料振り込みの都合上 銀行を三和銀行梅田支店に変えるが やがてここも合併を繰り返して「東京三菱UFJ銀行」となった

合併によるややこしさは我々外部の人間にとっても少なくともあるが 合併した内部の人たちにとっては「半沢直樹」(モデルは東京三菱UFJ)に見るように何らかの葛藤と苦しみがあったに違いない
東大法学部を出て日本勧業銀行に入った神田紘爾はその頃ちょうど銀行からの派遣で長期出張中(米・ノースウエスタン大学留学)であった 第一銀行との合併の話が出たのは1971年のことで 出張を終え帰ってきた時 かっての職場は「第一勧銀銀行」と名前を変えかっての自分の机はもはやなかった 
そのとき思わず作った歌がこの「少しは私に愛を下さい」だ

   「少しは私に愛を下さい」

少しは私に 愛を下さい
すべてを あなたに捧げた私だもの
一度も咲かずに 散ってゆきそうな
バラが鏡に 映っていたわ
少しは私に 愛を下さい

たまには手紙を 書いて下さい
いつでも あなたを思う私だもの
あんたの心の ほんの片隅に
私の名前を 残してほしいの
たまには手紙を 書いてください

みぞれの捨て犬 抱いて育てた
やさしいあなたを 思いだしているの
少しは私に 愛を下さい

(1コーラス目にあるバラはかっての勧銀のマークである)

彼はこれをきっかけに彼は作詞作曲活動を始める そうすることが精神のバランスを取るのに最適の方法だった
彼が「小椋佳」のペンネームでレコード大賞受賞曲「シクラメンのかほり」などヒット曲を連発するのは1975年以降であるが 1993年最後は浜松支店長として退職するまで「第一勧業銀行社員」サラリーマン歌手であった 

彼が辞めた後 2002年 銀行は富士銀行と共に「みずほ銀行」となった

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鷺だより(169)「ロッ... | トップ | 白鷺だより(171)おせきさん »

コメントを投稿

思い出」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。