あるいて・みつける

歩く速さで見つけたものを、記録に残していきます。ゆっくりと歩けば、いろいろなものが見えてきます。

魚眼マクロ

2017-03-20 12:52:15 | 国産レンズ
昨年末にセミ魚眼コンバータ・レンズを手に入れて、それからはあまり使わずに棚の片隅で眠っていましたが、春になってきて日の光が強くなってくると、コントラストもはっきりと付いて来ますので、少しずつ活躍の場が出てきた感じです。コンバータ・レンズですから、後ろにつけるレンズ次第で全周魚眼から対角魚眼、そして超広角レンズという風につかえます。

現代のフィッシュアイ・レンズは、おおよそすべてが対角線魚眼レンズで、全周魚眼撮影ということになるとなかなか出来ないといった感じです。このため、色々遊べるこの様なコンバータ・レンズは貴重で、後ろにつけるレンズを色々変えながら、魚眼レンズの持つ強烈なパースや歪曲を楽しんでいます。

このレンズを使っているうちに面白いことに気付いたりします。それは最短撮影距離が10cm位なことで、レンズの先10mm程まで近寄ることが出来ます。その位近寄ってもあまり大きくはならないのですが、小さな花がゆがんで面白くディフォルメーションしますので、表現の一部として使うにはもってこいな特徴を持っています。

丁度黄色のまんさくの花も咲き始めましたので、近くの公園に撮影に行きます。何しろ普通に撮影すると自分の足まで写ってしまう魚眼レンズですから、撮影するとどうしても空の明るい雰囲気が占めることが多くなります。木々の枝を撮影すると、幹の至近距離から見上げるようにして撮影しても、木の枝全体を写すようになりますので、ファインダー像をよく見て、不自然な所がないように位置を確認して撮影します。

何しろ画角自体が170度くらいの超広角レンズですから、太陽を背にして撮影しないと必ず太陽自身が入ります。魚眼コンバータ自身の性能はかなり優秀で、フレアやコントラスト低下がおきにくいのですが、反面少しのゴーストが画面内に入ります。かなり優秀なレンズですから、安心して撮影が出来ます。

元々はビデオ・カメラ用のレンズみたいですが、プロ用のレンズであったと思われ、メーカーの名前も諸元もあまりわかりません。しかし、魚眼マクロも性能自体もかなり満足できるレンズですから、気にせずに色々と使っていこうと思っています。今回の魚眼マクロ撮影はたまたま近寄ってわかったことなのですが、他にもギミックがあるかもしれません。

ペアを組むレンズの絞込み量で解像度が違います。絞り込むとはっきりと写りますが、絞り開放では周辺部に像の流れが確認できますので、F8以上に絞り込んで撮影すると好結果になります。山へ撮影行に行きましたので、近場の場所を色々と歩いて撮影行にします。新緑の季節にはまだ少しありますが、落葉している木々の枝を撮影するのは今がチャンスで、空の部分を多く入れて撮影します。

帰ってきてからはディジタル現像、ディジタルカメラは時間が掛からずに調整と現像が出来ますので便利です。色々やっているうちに夕暮れ時で、夕暮れの時間も遅くなりましたので充実感もあってよい一日となりました。

それでは、今月初めに撮影した写真から掲載します。


PENTAX K-5 Semi Fisheye Lens(SMC Takumar 28mmF3.5)
撮影データ:1/40sec F8 ISO1600
玄関先のわびすけも白色の花が最後になりました。魚眼レンズで撮影すると真ん中に置いた花が膨れたように写りますから、ボリューム感たっぷりになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nikkor-H Auto 50mmF2(Nikon... | トップ | 中庸なマクロレンズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む